2014年02月22日

淡路島は宝船☆ 七福神巡りにいざ出発〜♪

突然ですが、淡路島で七福神巡りはいかがですか〜?

7つのお寺が島内にまたがって点在し、淡路島全体がまるで神様たちが乗る宝船のよう

20140211_130648.jpg

てんこ盛りの福をいただけること間違いなし!?ということで張切ってお参りしてきましたわーい(嬉しい顔)

行く先々で祈願と法話をしていただいたのですが、この日は旧正月ということもあってどこも大賑わい手(チョキ)

20140201_100727.jpg

巡った順にご紹介いたします〜次項有

1.「身・心の裕福を授けるみ寺」
八浄寺 大黒天(淡路市佐野)

鮮やかな朱色が印象的グッド(上向き矢印)

20140201_100452.jpg

七福神様たちが並ぶ手水舎が超キュートー(長音記号1)

20140201_100345.jpg

お坊様の軽妙な語り口に笑いが起こります。

20140201_095245.jpg

金色の袋、いいですねーひらめき

20140201_100221.jpg

これは苦労をいとわずその積み重ねを溜めこむための袋で、打出の小槌を振るとここから豊かな人生が溢れ出るそうです


2.「達者で長寿を授けるみ寺」
宝生寺 寿老人(淡路市塩田)

のどかな田園風景の中にひっそりとした佇まい

20140201_105427.jpg

長寿の神様とあって、お話もその方面に・・・。

20140201_103630.jpg

長寿橋を渡って長寿を願いました(^^)v

20140201_104844.jpg


3.「勇気と決断を授けるみ寺」
覚住寺 毘沙門天(南あわじ市神代)

人生の荒波を乗り越えるためには強さも必要このお姿のように勇ましくありたいですね・・・。

20140201_114719.jpg


4.「幸せの釣り方授けるみ寺」
万福寺 恵美酒神(南あわじ市賀集)

“恵美酒”の文字を使っているのは日本で3寺ほどしかなく、大変珍しいそうです。
お酒が大好きなお父さん方に大人気とか

20140201_121416.jpg

一本のヒノキから彫られた恵美酒さまは900kgで日本一の大きさ手(グー)
大勢の参拝者になでられて黒光りしていらっしゃいます。

20140201_122533.jpg

“えびす顔”から笑顔をいただきっ


5.「家庭円満・和合を授けるみ寺」
護国寺 布袋尊(南あわじ市賀集)

こちらも立派なお腹で愛嬌たっぶりー(長音記号2)

20140201_125300.jpg

参道は立派な桜並木。また春に行かなくちゃかわいい

20140201_125642.jpg


6.「大望成就を授けるみ寺」
長林寺 福禄寿(洲本市五色町)

長〜いオツムが特徴的目

20140201_135243.jpg

ご本尊は50年に一度公開の秘仏だそうです


7.「良妻・賢母の道を授けるみ寺」
智禅寺 弁財天(淡路市草香)

七福神唯一の女性の神様キスマーク

20140201_142540.jpg

音楽・芸能の神、また水の神ということで川や池の傍に祀られることが多いそうです。
心静かにお参りしていると不協和音はどこへやら、美しい和音が聞こえてきそうです

20140201_142902.jpg

こちらはこの日いただいたご接待の数々。

20140201_161820.jpg

綺麗な装丁の宝印帳。良い参拝記念になりました

20140201_162006.jpg

20140211_132759.jpg

案内してくださった淡路島観光協会の福谷さん。大変お世話になりました!

20140201_151357.jpg

今回は協会のバスツアー(常設ではありません)でしたが、もちろん個人でも回れます。
ドライブを兼ねて是非どうぞ〜手(パー) (SAKA)

七福神巡りの詳しい情報は下記まで
淡路島七福神霊場事務局・八浄寺 0799−65−0026
posted by awajigurashi at 18:21| Comment(2) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

里山で気持ちのいい汗をかいてみませんか!


「放置された里山を『ドングリの森』として再生したいんだよねるんるん


定植するために、くぬぎ(ドングリ)苗木の手入れをしているのは、
7年前に移住した丈達さん(写真右)と移住3年目の煙山さん。

里1a.jpg

〜つなごう私たちの里山を未来へ〜
「瀬戸内海に魅せられ淡路島に移住して、海の眺めや魚釣りにとその魅力を満喫していましたが、
ふと振り返り内陸側の山林を眺めた時、その荒廃ぶりに驚きを禁じえませんでした。
島の住民や観光客は、ほとんどの人たちが海や海岸を見ていることがわかりました。
残念なことに森や里山の多くが放置され、竹藪に遷移しつつあります。

この島に移住してきた者として、何か島のためになることをしたいという気持ちから、
全くの素人が、自分なりに一から里山保全に取り組んでみようと思い立ちました。

“活用して楽しめる森”を目指し、公園島淡路にふさわしい里山整備をする活動が、
地元住民はもちろん、移住者の皆さんに理解され、ともに作業を進めたいと思い
同好会を立ち上げました。
森林浴に興味のある方は、ぜひ参加してみませんか!」(事務局:丈達俊夫)


さて、その場所はどこに・・・
伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)前の信号を山手に上がると案内板がありますー(長音記号2)

s-里17.jpg

「香りの公園」を過ぎ、「水仙の丘」付近から山の中へ・・・
細い山道をくねくねと車で走ること数分。景色が一変しました

s-里16.jpg

s-里14.jpg

ここは通称「いざなぎの丘」にある森で、面積21ヘクタール、標高40〜50メートルの県有林。
主にウバメガシやヤマモモが群生しており、素人集団が取り組むには丁度良い丘だと選定し、
兵庫県と管理協定を結び、活動の場として提供してもらいました。

現在、保全活動しているのは2〜3ヘクタールで、ここまで整備が進んでいます

s-里13.jpg

s-里12.jpg

s-里4.jpg

地元の多賀小学校の生徒さんも、グリーンプロジェクトでドングリ(くぬぎ)を植林しました。

元々森にあったクヌギは、こんなに立派な姿ですよー(長音記号1)

s-里9.jpg

ブナ科の広葉樹で、成長が早く植林から10年ほどで木材として利用できるようになります。
持続的な利用が可能な里山の樹木のひとつで、昔から農村に住む人々に利用されてきました。
幹から出る樹液を求め、カブトムシやクワガタなどの甲虫やチョウなどの昆虫が集まります。

木漏れ日の中、森林浴って気持ちいいなぁ

s-里11.jpg

「淡路伊弉諾の丘 里山倶楽部」の会員数は、13人。
50〜70才の男性で、会員の内、6人が移住者。
実際に活動しているのは約6人で、ほとんどが移住者という状況です。
「移住者の声」で紹介した煙山さんが会員になってからは
フリースクール「IIYO楽園」の若者も参加。
(記事はこちら

里2.jpg

これまでは年寄りの自己満足だった活動が、
生きづらさを持った若者を受け入れることで“人を育てる”支援にもなり、
良い刺激となっているということです

作業日程は、月2回:第2・第4火曜日(雨天の場合は次の火曜日)
朝10時に集合し、午後3時解散。お弁当持参となります。

仲間と汗を流して作業をし、情報交換もできる里山サロンです
最近の取り組みは「間伐材で薪ストーブを!」で、薪ストーブ愛好会も発足させました。
山の恵みでもある間伐材を自宅で消費するという循環型里山保全活動なのであります

あなたも、気持ちのいい汗かいてみませんか
お昼はお山で団らん、夜はビールがおいしいよわーい(嬉しい顔)

連絡先
「淡路伊弉諾の丘 里山倶楽部」 事務局 丈達俊夫さん
電話0799−74−2012
posted by awajigurashi at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月20日

『酒蔵のある街歩き』好評につき、「日田重太郎翁」のお話と宝物展会期延長!!

前回のブログで掲載した『酒蔵のある街歩き』ですが、

「イベント当日行けなくて、残念だった〜

という声にお応えして、
下記のごとく、会期延長していると実行委員会の方から案内がありましたひらめき

「潮音寺」での「日田重太郎翁」のお話と宝物展が好評で
1月31日まで延長しています。
また、「淡路酒探偵団25周年のあゆみ」の展示も
千年一酒造2Fで1月中しています。

〜「潮音寺」住職の講話〜
1月23日(木)10:00〜11:30
第10回本屋大賞を受賞した小説「海賊とよばれた男」のモデルとなった出光興産の創業者「出光佐三」。
彼の才能を見出し支援した仮屋の資産家「日田重太郎翁」の貴重な逸話を聞くことができます!

20140112_151345.jpg

興味のある方は、この機会を逃さぬようにご参加ください

問い合わせ先
高田酒店  TEL:0799-84-0078
千年一酒造 TEL:0799-74-2005
岡田さん  TEL:090-1910-8184
posted by awajigurashi at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

「淡路島公園を楽しもう会」で楽しまんかい? ^^

淡路島は花の島かわいい

1381673162727.jpg

綺麗なお花を楽しめる公園がたくさんありますが、その中でも最大級なのが
淡路市にあります「兵庫県立淡路島公園

NCM_1019.JPG

高速道淡路サービスエリアに直結しているので島外からのアクセスも抜群
概略については当窓口のフェイスブック「『行ってみた!淡路島百景』 Vol. 13」で
ご紹介しましたが、今回はこの公園を舞台に大活躍されているグループ
「淡路島公園を楽しもう会」さんを取材してきました〜

NCM_0919.JPG

お話をしてくださったのは副会長の山本正彦さん

NCM_0917.JPG

元淡路高校の体育教師で、趣味はマラソン、登山、スキーというスポーツマン手(グー)
公園ガイドになるための「インタープリター養成講座」を受講中に誘われたのがきっかけで
メンバーになられたそうです。

現在会員は約65名ひらめき
でもその内実際に稼働しているのは15名ぐらいと、ちょっと淋しそうあせあせ(飛び散る汗)

でも集まればいつもニコニコ目
淡路島公園の自然を愛し、楽しい公園づくりを行い、楽しく公園を使っていくことを目指して頑張っておられます

主な活動としては、
・月一回の定例会と花壇の手入れ

NCM_0930.JPG

・フラワーアレンジメント教室

20131221_114312.jpg

・竹の教室
・楽しもう祭り
・たけのこ堀り体験
・桜ガイド
・探鳥会
・ハーブ同好会
・各種イベントへの参加
などなど盛りだくさんるんるん
各メンバーが興味や得意分野を活かして自由に参加されているそうです。

こちらは楽しもう会特製 チーズとゆで卵の燻製ハートたち(複数ハート)
淡路景観園芸学校の文化祭「アルファー祭」で販売されて大好評でした
本格的なお味ですごくおいしかった〜


1384820328953.jpg

「大勢の人と協力して活動することが一番楽しい」と山本さん。
今後の展望としては、来年開催される淡路花博「ジャパンフローラ」のサテライト会場として淡路島公園でも大きな取り組みをしたいとのこと。
そのためにももっと会員を増やしたいそうなので、ご興味のある方は是非連絡してみてくださいねー(長音記号1)ー(長音記号2)

実は筆者も最近メンバーにならせていただいたのですが、はっきり言って敷居は超低いですわーい(嬉しい顔)
植物に詳しくなくても大丈夫! 行けるときに行けばOKなのでお気軽に〜

甲子園球場39個分の広大な公園を“自分の庭”にしてみませんか?   (SAKA)

お問い合わせ:淡路島公園管理事務所 0799−72−5377

NCM_0946.JPG


posted by awajigurashi at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

ワクワクが一杯♪ 淡路人形座わくわくワークショップです☆

先日のブログでご紹介いたしました「淡路人形座るんるん

今回は予告通り、体験ワークショップの模様をお届けいたしますぴかぴか(新しい)

1377661592095.jpg

これは「わくわくワークショップ」と題して人形座さんが開催されているもので、
実際に人形を操ったり、日頃見ることのできない舞台裏を覗くことができますー(長音記号2)
(不定期のためスケジュール要確認)

まずは通行手形をもらい手(チョキ)

通行手形.JPG

草履に履き替えて手(グー)

1377664274987.jpg

竹本友和太夫の歯切れのいい案内でいざバックステージへ!!

舞台に上ると、前側は床が一段低くなっています。

1377664493219.jpg

これは「船底」と呼ばれる人形浄瑠璃特有の構造で、
人形遣いはここに入って人形を操ります。
人形遣いの腰から下が隠れて、客席からは人形だけが舞台に立っているように見えるんですねひらめき

体験その@ 黒子に変身exclamation
頭巾をかぶっても意外と視界はよく、実際お客様の表情なども良く見えるそうです目

1377664263130.jpg


体験そのA 大夫に変身exclamation
太夫の衣装を着て、床本(ゆかほん:台詞が書かれた本)が置かれた見台(けんだい)の前に。

1377664260797.jpg

1377664260481.jpg

正座しているように見えますが、実はおしりの下に小さな椅子を置いてるんですよー(長音記号1)
本番では丹田に力が入るように、腹帯とおもりをお腹につけるそうです。
それであんなに張りのある大きな声が出せるのですねかわいい


体験そのB 人形遣いに挑戦exclamation
5kgほどもある人形を扱うのは想像以上に難しいあせあせ(飛び散る汗)

1377664185664.jpg

舞台で見ると簡単そうに見えますが、見るのとやるのとでは大違い!
プロの凄さを改めて感じました。
きれいな人形を間近で見られたのも嬉しかったです黒ハート
着物やかんざしなど、細工の豪華さに驚きました(^^)

1377667377235.jpg

中にはこんな人形も・・・。

1377664871369.jpg

動物の人形はナント座員の方々の手作りだとか。
何でもこなされるんですねーわーい(嬉しい顔)


体験そのC おはやしに挑戦exclamation
太鼓や鐘を鳴らして効果音作りにチャレンジ。
貝殻を2枚こすり合わせると何の音になるでしょう・・・??
答えは行ってからのお楽しみるんるん

1377665488684.jpg

ワークショップ中、座員の皆さんは様子を見守りながら始終ニコニコ、
自ら手をとって親切に教えて下さいました。
「参加者に楽しんでもらいたい!」という気持ちがひしひしと伝わる
とてもいい講座でしたぴかぴか(新しい)
子供さんも喜ぶこと請け合いです☆

1377667367433.jpg

そして座員に若くてカワイイ女性が多いのにもびっくり目
こんな華奢な体でよくもまぁこんな体力のいるお仕事をと、感心してしまいました。
ご当地アイドル、頑張れ〜!!

1377665491931.jpg

さて、予習が終わったところで本公演に出かけなきゃexclamation×2
芸術の秋、今年は淡路人形浄瑠璃でスタートしてみませんか??

1377661593490.jpg
posted by awajigurashi at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

田舎と繋がる「ひょうごイナカフェ」好評です!

今年の6月22日にオープンした「ひょうごイナカフェ」。

s-イナカフェ3.jpg

神戸市中央区の元町通商店街の空きテナントを活用し、
都会(街)と田舎(多自然地域)が行き交う交流空間にしています。
多自然地域の資源を発掘し、磨き、発信し、魅力を伝えると共に
カフェ空間を通して人と人の繋がりをつくりるコミュニティカフェを目指しているということです。

兵庫県各地の豊かな自然が育んだ旬な生鮮野菜等の販売もしています。

s-イナカフェ6.jpg

玄関に淡路島特産の「吊り玉ねぎ」があるのは、嬉しいですね〜

s-イナカフェ15.jpg

野菜販売スタッフが、お客さんと触れ合いながら田舎の魅力を伝えます。

s-イナカフェ4.jpg

ランチは地産地消を目指し、兵庫県産の食材をたっぷりと使用しています。

s-イナカフェ2.jpg

その美味しさが評判となり、ランチタイムは満員御礼!

s-イナカフェ9.jpg

店内では、田舎(兵庫の多自然地域)の魅力と情報があふれています。
各種パンフが並べられ、田舎の魅力を伝えるビデオ映像が流れています。

s-イナカフェ12.jpg

兵庫県下の直産野菜や果物、特産品の販売や展示もありますし、
田舎暮らしの体験、定住などの相談ができるインフォメーションまで開設しています。

s-イナカフェ8.jpg

ここでは、助成制度の紹介や、体験者との交流など、多角的なアプローチで
田舎と繋がる「いな活」を応援しているそうですよ!

「元町週末マルシェ」として、毎週土曜日には
各地域が交代で生鮮野菜等を持ち込み、地域の人が直接お客様に販売しています。

今後は、
商品以外にも、農業体験など、多自然地域ならではのイベント情報も提供していくようですし、
田舎暮らしを検討する人に向け相談会も各地域ごとに実施し、双方の交流を深めていくそうです。

私達、淡路島地域としても、11月か12月には相談会を実施できればと準備中ですわーい(嬉しい顔)

トカイ(都会)の中で見つかる、イナカ(田舎)の魅力。
情報のハブ基地トカイナカとしての「ひょうごイナカフェ」に期待しましょう!
posted by awajigurashi at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

洲本市分譲地(さかえ団地)活性化促進金のご案内

洲本市が整備した分譲地の販売促進により、若者の定住及び活気ある地域づくりを推進することを目的として、分譲地を購入して住宅を建築した転入世帯に対し、補助金(以下「活性化促進金」)が交付されます。

位置は


sakaedanchi.jpg

詳しくは 五色総合事務所 窓口サービス課 開発係へお問い合わせください 
TEL 0799-33-1921(直通)

洲本市のHP こちら
posted by awajigurashi at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

「さとの空き家活用支援事業」&「古民家再生促進支援事業」

田舎で暮らす時に、相談者からの希望で一番多いのが、
「空き家を改修して住みたい」というもの・・・

現実は、空き家は確かに一杯あるが、諸事情で中々手に入れることが出来ない。
また、手に入れても改修に費用がかかる。

そこで、兵庫県では、空き家を借りたり、買ったり出来た人に対して支援事業を打ち出しています!

「さとの空き家活用支援事業」の実施
空き家の増加は、地域コミュニティの希薄化や地域活力の低下を招き、
また、放置すれば周辺生活環境や安全性を悪化させるものです。
さらに、今後も空き家の増加は見込まれることから、空き家解消に向けたストック活用が大きな課題となっています。

兵庫県では、ストックの有効活用による空き家の解消や、
多自然居住の促進による地域の活性化につなげるために、
平成25年度から「さとの空き家活用支援事業」を実施します。

1.対象となる建物
次の要件全てに合致する住宅

多自然地域内にあり、現に空き家。
(政令市・中核市は除く。ただし、平成11年3月31日時点の市域に限る。)
木造在来工法(木造軸組工法)により建築された一戸建ての住宅
老朽度や実用性から、現在の生活スタイルに合わない水回り設備等の改修工事が必要なもの 。

対象者として、
「空き家に居住し、又は空き家を所有し賃貸住宅として活用しようとする者
(※10年以上の居住を要件とする。)」
となりますので、個人での申請を想定しております。

申込み・問い合わせ
兵庫県県土整備部住宅建築局住宅政策課まち再生企画係
TEL:078-341-7711(内線4641)
詳しくは関連HPをご覧下さい。こちら


「古民家再生促進支援事業」の実施
県内には優良な古民家が数多く存在しますが、その価値を認識されないまま解体されていくケースが多くなっています。

県では、既存ストックの有効活用や地域の歴史的文化の継承、
まちなみ景観の形成を目的として、
地域の大工・建築士等による古民家再生を支援するとともに、
伝統的木造建築技術の維持・継承を図るために、
「古民家再生促進支援事業」を実施します。

1.対象となる古民家
概ね50年以前に伝統的木造建築技術により建設された住宅(併用住宅を含む)で、
地域のまちづくりや景観形成に資するもの。

伝統的木造建築技術とは以下の1〜5の全てを満たすもの。

1.軸組構法で造られた建築物
2.接合金物に頼らない伝統的な継ぎ手・仕口を用いた建築物
3.筋交い等の斜材を多用せず「貫」を用いた建築物
4.主要な壁は土塗り壁等の湿式工法を用いた建築物
5.屋根は和瓦又は茅葺き等伝統的素材を用いた建築物

申込み・問い合わせ
兵庫県住宅建築局住宅政策課まち再生企画係
TEL:078-341-7711(内線4641)
詳しくは関連HPをご覧下さい。こちら

posted by awajigurashi at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

あわじ暮らし+素敵な出会い = ∞

以前当ブログでご紹介しました『淡路はたらくカタチ研究島』。
そこには淡路を想う素敵な人たちが集まっていましたるんるん

そのうちの一人、淡路島出身、今は東京のシンクタンクに勤める20代女性目
空いた時間にこんなのをチョチョイっと作っちゃう才媛です手(チョキ)

島内女子 人口分布図キスマーク
awaji_around30joshi_2010.bmp

awaji_around40joshi_2010.bmp

awaji_around50joshi_2010.bmp
*出典:平成22年国勢調査  アラサー25-34、アラフォー35-44、アラフィフ45-54歳

アラサー、アラフォー・・・なんていう切り口もおもしろいですね^^

元ジモティーの彼女が驚いたのは、島内ピークが志筑・洲本ではなく東浦・洲本だということ。
女子の集まるところ男子アリ、ということで、この辺りは益々にぎわいを見せるかも・・・exclamation&question
皆さんはどうご覧になられますか??

次は明石在住、30代女性かわいい
2泊3日×3回という濃〜い合宿の中で語っていた
「大人のための英会話教室をやりたい!」という夢をついに実現しましたexclamation×2
今年に入って勤めていた会社を退職、これまでの経験を活かして
主に三宮・元町・明石でプライベート or セミプライベートの
英会話教室をスタート。

エイゴプラス.jpg

実は淡路島でも東浦の海辺のおしゃれ〜なカフェでクラスを開催してるんですよexclamation
ニーズに合わせたオーダーメード授業で、分かりやすいと大好評♪
一度レッスンにお邪魔したことがあるのですが、
生徒さんを見つめる彼女の優しい目が印象的でした。
ご興味のある方は是非ご一報を黒ハート

そして40代の岩屋の漁師さんぴかぴか(新しい) 

岸本さん.jpg

漁協の理事もなさっています手(グー)

プログラムの一つ、『ツアークリエイターになる研究会』の取り組みの中で
淡路島の素敵な“仕事人たち”にインタビューさせていただいたのですが、
そのうちのお一人です。

只今大ブレイク中の『生シラス丼』の立役者ひらめき
その開発秘話から漁師という仕事、
「そもそも漁師ってどうやってなるの?」なんていう話まで、
さまざまなことを語ってくださいました。
“淡路の漁師としての誇り”がひしひしと感じられて、カッコ良かったな〜グッド(上向き矢印)
インタビュー内容はこちら

この他にもた〜くさんの素敵な出会いをくれた『淡路はたらくカタチ研究島』☆
5月25日のオープニングイベントを皮切りに、いよいよ2年目がスタートします!

淡路島にどんな“はたらくカタチ”があるのか、一緒に考えてみませんかーるんるん
posted by awajigurashi at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

洲本市定住促進事業「お帰りなさいプロジェクト」

洲本市は、平成25年度から標記事業に取り組み、洲本市でいつまでも安心して暮らしたいと考えている若い世代への応援を始めました。

1.★転入世帯定住促進補助事業★
 平成24年4月1日以降に洲本市に転入された世帯で、世帯主が満50歳未満の2人以上の世帯に、最大3年間補助金(月額1万円)を交付します。また、Uターン世帯には、1年間、月額1万円を加算して交付します。
 ※2.と併用可、3.又は4.併用不可

対象世帯
・転入日において世帯主の年齢が満50歳未満の2人以上の世帯(夫婦、親子、兄弟姉妹に限る)
・転入日前3年間洲本市以外に在住されていた世帯
・現に居住し、住民基本台帳に登録され、10年以上定住の意思のある世帯
・Uターン世帯については、過去に5年以上継続して洲本市に居住していたこと

対象外
・公営住宅、公共賃貸住宅、雇用促進住宅等の公的住宅又は社宅、官舎、寮等の給与住宅に入居されている世帯
・市税等を滞納している世帯
・生活保護を受けている世帯
・暴力団員のいる世帯
・洲本市正規職員のいる世帯
・転勤等で一時的に住民登録された世帯

特例
・転入者が満50歳未満の単身者であっても、親世帯に転入し3年以内に結婚した場合は、転入日より3年間を限度として、当該事業の対象となります。

2.★転入世帯住宅取得奨励金交付事業★
 平成24年4月1日以降に洲本市に転入された世帯で、世帯主が満50歳未満の2人以上の世帯が、住宅を新築又は購入された場合に、3年間奨励金(居住部分にかかる固定資産税相当分)を交付します。
 ※1.と併用可、4.と併用不可

対象世帯
・転入日において世帯主の年齢が満50歳未満の2人以上の世帯(夫婦、親子、兄弟姉妹に限る)
・転入日前3年間洲本市以外に在住されていた世帯
・転入日から3年以内に住宅を新築または購入(中古住宅等を含む)された世帯
 (住宅の床面積が50平方メートル以上、所有権割合が1/2以上、併用住宅の場合は居住部分が1/2以上のもの)
・現に居住し、住民基本台帳に登録され、10年以上定住の意思のある世帯

対象外
・市税等を滞納している世帯
・暴力団員のいる世帯

3.★新婚世帯家賃補助事業★
 平成24年4月1日以降に婚姻された新婚世帯が、民間の賃貸住宅で生活されている場合に、最大3年間補助金(月額1万円)を交付します。
 ※1.と併用不可、4.の残期間があれば可(通算で最大36ヶ月)

対象世帯
・婚姻日において夫婦の年齢の合計が満80歳未満の新婚世帯
・民間の賃貸住宅に賃貸借契約をされている世帯
・現に居住し、住民基本台帳に登録され、10年以上定住の意思のある世帯

対象外
・公営住宅、公共賃貸住宅、雇用促進住宅等の公的住宅又は社宅、官舎、寮等の給与住宅又は1親等以内の親族が所有する住宅。賃貸住宅に入居されている世帯
・市税・家賃等を滞納している世帯
・生活保護を受けている世帯及び他の公的制度による家賃補助を受けている世帯
・暴力団員のいる世帯
・洲本市正規職員のいる世帯
・転勤等で一時的に住民登録された世帯

4.★新婚世帯住宅取得奨励金交付事業★
 平成24年4月1日以降に婚姻された新婚世帯が、住宅を新築または購入された場合に、最大3年間奨励金(月額1万円)を交付します。
 ※1.2.と併用不可、3.の残期間があれば可(通算で最大36ヶ月)

対象世帯
・婚姻日において夫婦の年齢の合計が満80歳未満の新婚世帯
・婚姻の日から3年以内に住宅を新築または購入(中古住宅等を含む)された世帯
 (住宅の床面積が50平方メートル以上、所有権割合が1/2以上、併用住宅の場合は居住部分が1/2以上のもの)
・現に居住し、住民基本台帳に登録され、10年以上定住の意思のある世帯

対象外
・市税・家賃等を滞納している世帯
・暴力団員のいる世帯

5.★出産祝金支給事業★
 子育て世代の応援として、平成25年4月1日以降に第2子目以降を出産し養育されている父または母にお祝い金として5万円を支給します。

対象者
・同一世帯の住民票に登録されている二人目以降の子を出産し養育されている父または母
・現に居住し、住民基本台帳に登録され、10年以上定住の意思のある世帯

対象外
・市税等を滞納している世帯
・生活保護を受けている世帯
・暴力団員のいる世帯

※いずれの事業も制度の趣旨に合致しないと認められる場合は補助金を受給できないことがあります。

詳しくは
洲本市本町三丁目4番10号
洲本市企業立地対策課 定住対策係
0799-24-7641
までお問い合わせください。
posted by awajigurashi at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月22日

農家と非農家 ジモティーとNONジモティー夢コラボレーション♪

先日ご紹介した淡路はたらくカタチ研究島に引き続き、
淡路島のホットな動きを一つるんるん

淡路市佐野で活動する「島くらし」。
海を見渡せる絶好のロケーションに立つ建物を拠点に、
佐野地区の農地を利用して農作物の生産・加工・企画・販売を
みんなで楽しくやりましょう!という集まりです手(チョキ)

イエローハウス.jpg

メンバーはというと、地元の農家さんや会社経営者、会社員、主婦、
淡路島に移住してきた方やもうすぐ移住してくる方、島外の方など、さまざま。

農地はあるけれど利用できていない人、ノウハウはあるけど・・・という人、
農業経営をしたい人、企画したい人、デザインしたい人、売りたい人、
とにかく何かを育ててみたい人 etc.が集まって企画運営しています。

苗.jpg

参加資格は特になく、希望すれば誰でもWelcomeexclamation×2
移住組の筆者もご縁があって仲間に入れていただいております。
農業はド素人ですが、メンバーの助けを借りて先日野菜の苗植えをしました♪
ふわっふわに耕された畑の土を踏むのはとっても気持ちよかったです晴れ

佐野.jpg

メンバーは皆さんまじめだけれどオチャメで、
テキバキしているけれどいい感じのユルさもあって、
とっても居心地のいいグループです♪ 
とりあえずいつもしゃべって、食べて、笑ってます^^
慣れない土地でまだまだ地元の知り合いが少ない筆者にとっては
本当にありがたい存在です。

作業は基本的にすべてボランティア。
運営費用は活動から得られる収益で賄われています。
これからドシドシ収益を増やして、みんなで分配することを目指していまーすわーい(嬉しい顔)

現在実行中のプログラムとしては、
@玉ねぎ 生産販売 (玉ねぎオーナー制度もあり)
Aお米  生産販売
Bマーマレード生産販売
C玉ねぎ他 乾燥機を利用した 加工品 生産販売
D各種イベント参加
E食用ほおずき生産販売
F椎茸栽培

ほおずき手.jpg

ただ今、乾燥玉ねぎ(スライス or 粉末)の用途をみんなで考え中。
良いアイデアがありましたら是非ご一報をひらめき
そしてそして、新規メンバー&企画提案を大・大・大募集中でーす黒ハート

今後の展開を随時UPしていきますので乞うご期待!!

佐野玉ねぎ.jpg
posted by awajigurashi at 16:51| Comment(2) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

移住したものの退屈で・・・とは言わせません!!

淡路島では色んな活動が展開されていますが、
そのひとつが淡路はたらくカタチ研究島

冊子.jpg

「淡路島に新たに魅力的なはたらく人を育て、はたらく場をつくり、はたらく機会をつくる」
ことを目的とした、厚生労働省の地域雇用創造推進事業を活用した事業でするんるん

・・・というと堅苦しいイメージですが、いえいえ、そんなことはぜ〜んぜんありません!!
現に私も去年、淡路への移住と時を同じくして参加したのですが、
そのおかげですぐに地元の方々と親しくなり、
彼らとの繋がりを通して淡路の様々な情報を自然と得ることができましたわーい(嬉しい顔)

スタートは簡単!用意されたさまざまな研究会のメニューから、自分の関心のあるものに申し込みます。
たとえば、私は
@「はたらきかた研究会」
A「ツアー販売スタッフになる研究会」
B「ツアークリエイターになる研究会」
に参加しました(うれしいことに@以外は参加費無料でした^^)。

@では、自分の中の「はたらくとは?」「私って?」「本当は何がしたいの?」
を探りだすいい機会になりました。
実際にここのメンバーがつい先日英会話教室をスタート、夢を実現しましたぴかぴか(新しい)

ホワイトボード.jpg



Aでは、“自分のツレのツレ”ぐらいの知り合いに島内を案内するなら?
というコンセプトで「ツレヅレ・ツアー」を企画。
さまざまなアイデアが生まれましたひらめき

Bでは、“地元の魅力的な仕事人たち”にスポットを当て、メンバーが直接インタビューに伺い、
彼らの人となりや「淡路ではたらくこと」に対する想いをリーフレットにまとめました。
若い人たちにも読んでもらって、淡路ではたらくことを是非選択肢に加えてほしいものですグッド(上向き矢印)

スゴイのはどの研究会も終了したのにまだまだ続きそうなこと!!
参加者は年齢、性別、職業もバラバラですが、
同じ目的をもった仲間というのは不思議な連帯感が生まれるものですね。
20代と60代がしがらみのない世界で意見をぶつけ合うのは、見ていてとてもすがすがしいです。

新たな研究会が今年も6月から順次スタートするとのこと。皆さんも是非exclamation×2

集合.jpg
posted by awajigurashi at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

「瀬戸内国際芸術祭2013」に淡路島が連携!

昨日、地方紙である神戸新聞のトップを飾った記事をご案内します。

s-神戸新聞.jpg

瀬戸内海の島々を舞台にした現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2013」に連携するイベントが
今秋、淡路島各地を会場に開かれることが決まった。
洲本市のNPO法人が企画し、将来の正式参加を目指すという。
4月からは、淡路島と「アートの島」として知られる香川県・直島を結ぶ高速船も運航される。(大月美佳)

同祭は香川県などでつくる実行委が2010年に始めた。
3年ごとに開催する。初回は香川・岡山県の七つの島で、
横尾忠則さんら国内外の現代芸術家の作品を展示。
約93万8千人が入場し、地域再生の成功例として注目された。
特に人口約3千人の直島には、10年中に約63万人(直島町観光協会調べ)が訪れた。
今回は春・夏・秋に開く。

淡路では2005年から、洲本市のNPO法人淡路島アートセンター
「淡路島アートフェスティバル」を開いてきた。

今年は同祭の秋期(10月5日〜11月4日)に合わせ、
淡路市五斗長(ごっさ)・長沢・生田▽洲本市街地▽南あわじ市沼島‐の3地区で行う予定。
世界的に活躍する芸術家を招き、地元のアーティストにも参加を呼び掛ける。

同法人が広域連携事業として同祭実行委に申請し、昨年10月に承認された。
近くフェス側の実行委員会を発足させ、淡路人形浄瑠璃の団体や地元商工会などに声を掛け、
島の暮らしが見えるような演出をしたいという。

同法人のやまぐちくにこ理事は
「関西国際空港から見て、瀬戸内への海の玄関口は淡路島。
島全体で盛り上げ、3年後には本参加を目指したい」

と意気込む。

直島と結ぶ高速船は、「淡路交流の翼港」がある淡路夢舞台(淡路市)の経営会社・夢舞台が
4〜11月に計約20便を運航し、同祭へのアクセスとする。
陸路より短い約2時間を予定。将来は定期航路にしたいという。

淡路夢舞台と直島の美術館は、建築家安藤忠雄さんの設計という共通点がある。
夢舞台の谷口進一社長は
「大阪側とのつながりを意識することが多かったが、
瀬戸内海に目を転じ、国内外の人々を淡路島に呼び込みたい」

と話す。


2月2日、やまぐちくにこ理事が講師を務めた「景観緑花市民講座」の様子も報告します。

テーマ:「全島まるごとミュージアム」
s-景観1.jpg

NPO法人淡路島アートセンターの具体的なプロジェクトを紹介しながら
アートを通じて、地域の魅力を再発見し、地域づくりへ活かすヒントを映像とともに語りました。

海の見えるビニールハウスのレストラン
s-景観3.jpg

ノマド村
s-景観4.jpg

今回の講座で画期的だったのが、
「プロジェクトの始まりを体感するワークショップ」

グループに分かれて、自分が好きだと思う淡路島の景観を話し合いました。
s-景観5.jpg

s-景観6.jpg

そして、地図に貼り付けて、全体ワーク。
s-景観7.jpg

あるがままの自然+仕掛け=魅力的になる

地元の人は、当たり前の風景で、時には困っていることでさえ、
視点を変えて、人々の知恵を入れて、見せ方を工夫すればアートプロジェクトになっていく…

今年の秋には、どんな仕掛けで淡路島が活きるのか? 楽しみですねわーい(嬉しい顔)



posted by awajigurashi at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

人の繋がる場所として『淡獅子会』発足しました!

〜もっと気軽に淡路島ライフを楽しもう〜
をキャッチフレーズに『淡獅子会』が立ち上がり
1月19日にオープニングイベントである「淡路島たこ焼きパーティー」が開催されました。

この不思議な名前の会は、一体誰が立ち上げ、何をするのでしょう?
良くわからないままに、たこ焼きが好きという安易なノリで参加してみました。

会場は、代表を務める森田さんの会社が倉庫として借りている建物。
副代表の清水さんと二人で、素晴らしい会場に短期間で仕上げました!
というのも、お二人は建築関係の仕事をした経験があるからです。

中に入ると直ぐに、淡路市のゆるキャラ「あわ神」がお出迎え。
これもお二人の手作りのようですぞ・・・

s-獅子1.jpg

簾とラックをうまく使ったカウンターの向うには本格的なタコ焼き屋台が!
s-獅子2.jpg

巨大なスクリーンまで設置されています!
s-獅子11.jpg

モニター装置には、ラックが上手く活用されてお見事!
s-獅子9.jpg

ソファーやテーブルもリサイクル品で賄っています!
s-獅子5.jpg

お目当てのたこ焼き〜〜 めっちゃくちゃ美味しかった!
s-獅子6.jpg

お手伝いの彼女は、この笑顔で700個以上ものたこ焼きを焼き上げました!
s-獅子13.jpg

代表の森田さんは、
「インターネットで便利に交流ができる時代だからこそ
 あえて、アナログな世界を作りたかった。
 生身の交流こそ、新たな何かを生み出すのではないだろうか・・・」

副代表の清水さんは、
「人と人の接点を創出するチーム“淡獅子会”
 このチームでは、淡路島を元気にしていこうという人達が
 気軽にそしてアットホームにユル〜く繋がれる場所の提供と
 話題作りのために各種のイベントを提供することをメインテーマにおいています!」

「心行くまでおもっきり真面目に遊ぶためには、真剣に遊びを極める、だから遊びは面白い」
ということで、“飲食店営業許可書”もとったそうです。

このお二人は、仕事もしてNPO法人「淡路市国際交流協会」の役員としても活躍しています。
しかし、淡路島をもっと面白くしたいという熱意からこの『淡獅子会』を発足。

今後も様々なイベントを企画していくということで
2月1日は「映画祭」
2月16日は「カレーパーティー」

s-獅子4.jpg



ユル〜く繋がれる場所から生まれる真剣な遊びに乞うご期待わーい(嬉しい顔)




posted by awajigurashi at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

[ 「淡路市いつかきっと帰りたくなる街づくり」プロジェクト!

とってもユニークな取り組みがスタートしていますのでご紹介ひらめき

ある日、淡路市出身の20代の青年から
淡路市長にfacebookでメッセージが届きました。

それは・・・

大学進学で淡路を出て、地元で就職しようとしたけれど
淡路では仕事がなく、東京で働いている。
いつかきっと帰りたくなる街をつくってくださいね。

と言う内容でした。

この青年からのメッセージに感銘を受けた市長が
いつかきっと帰りたくなる街をつくろうと、
新たなプロジェクトと立ち上げました。

淡路市から委託を受けたNPO法人淡路市国際交流協会では
理事を中心にプロジェクトがガンガン進行中ですexclamation×2

淡路市のゆるきゃら「あわ神」と「あわ姫」
あわ神正.jpg

とにかくブログをご覧下さいわーい(嬉しい顔)

淡路市いつかきっと帰りたくなる街づくりブログはこちら
posted by awajigurashi at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

ー私の淡路島ー

のどかな農村風景や何気ない草花や生物・港など…
自分なりの淡路島を描きました。
ご高覧くださいますようご案内申し上げます。


前川 務 個展
ー私の淡路島ー
会期:8月1日(水)〜31日(金)
10:00〜18:00(木曜日休み)
会場:坂本文昌堂ギャラリー


前川さんは、22年前に結婚を機に西宮市から淡路島の農家へ・・・。
美術教師をしながら、絵描きとして作品制作を続けてこられましたが、
2年前に義理の父が体調を崩し、家業である農業を継いだのです。
水稲と玉ねぎの2毛作ですが、これまで全く農業は手伝っていなかった前川さん。

「苦労もあるが、農業の何もかもが新鮮だ」と言います。

農のエッセンスたっぷりの芸術作品をお楽しみください。

s-坂本8.jpg

s-坂本9.jpg

s-坂本10.jpg


会場になっている坂本文昌堂さんが、これまた飛び切り素敵なお店なんですよ。

大正7年の建物を活かして商家風に改修しているんです。
s-坂本12.jpg

内装もレトロ風にリニューアル。
s-坂本2.jpg

s-坂本3.jpg

明治38年に文昌堂商号の許に文具商を譲り受けたという由緒あるお店。
s-坂本4.jpg

s-坂本5.jpg

城下町に合う扇子や団扇が、夏を彩ります。
s-坂本7.jpg

s-坂本6.jpg

私も学生時代にずっと通っていたお店ですが、たしか普通の洋風の文具屋さんだったはず・・・
それが、昨年春に思い切って、天井などもはがして昔の梁をむき出しにしたそうな・・・

通っていた頃は、そんなに歴史のあるお店とは、気づかず失礼しました。
だって、ごくごく普通の内装だったんだもの。
築100年以上の建物を活用してこそ、老舗の本領発揮。

改装に伴い、一部の壁面をギャラリーとしても利用していて
今回のような個展が開かれているわけです。

昔の洲本城下町の街並みに思いを馳せながら、訪ねてみてくださいわーい(嬉しい顔)
posted by awajigurashi at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

先日撮影を受けた『欽ちゃんのニッポン元気化計画』放送日が決まりました!!

4月9日に「あわじ暮らし総合相談窓口」が取材された番組
『欽ちゃんのニッポン元気化計画』の放映日は、下記となります。

「あわじ暮らし総合相談窓口」出演分
サンテレビ→5/6(日)21:00〜
三重テレビ→5/1(火)19:00〜
千葉テレビ→5/1(火)19:00〜
テレビ埼玉→5/4(金)20:00〜
テレビ神奈川→5/5(土)12:00〜
栃木テレビ→5/6(日)12:00〜
岐阜チャン→5/6(日)19:00〜


先輩移住者の大崎さん出演分
サンテレビ→5/20(日)21:00〜
三重テレビ→5/15(火)19:00〜
千葉テレビ→5/15(火)19:00〜
テレビ埼玉→5/18(金)20:00〜
テレビ神奈川→5/19(土)12:00〜
栃木テレビ→5/20(日)12:00〜
岐阜チャン→5/20(日)19:00〜


当日のニュースや中継など放送局各局の判断で変更になる場合がありますので
各誌TV欄等でもご確認ください。

撮影当日の様子は下記ブログをご覧下さい↓↓
http://awaji-gurashi.seesaa.net/article/264523625.html

1時間番組の中の約3分間放映なので、お見逃し無くあせあせ(飛び散る汗)
数年前にもTV取材を受け、長時間撮影されて放映は数秒だけという苦い思い出のある私。
今回も・・・どうなっているのか心配ではありますが・・・

本日、早速に電話があり、
「三重テレビを見ました。田舎暮らしを検討していたので淡路島も候補地に追加します!」

田舎暮らしに興味のある方のお役に立てれば嬉しいことですので
どうぞ、ご覧くださいませわーい(嬉しい顔)

≪大崎さん追加情報≫
かの有名な「イカリスーパー」で大崎農園の美味しいレタス販売開始!
『現代農業』7月号(6月1日発行)8月号(7月1日発行)に記事掲載!

詳しくは、大崎さんのブログをどうぞ↓↓
http://oosakinouenn.blog94.fc2.com/
posted by awajigurashi at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

島内随一の梅の名所「広田梅林」

長かった冬の寒さにも終りを告げ明日からは3月。
ようやく可愛い花を咲かせ始めた「広田梅林」へ行ってきました。

s-広田梅林6.jpg

例年だと5分咲きぐらいにはなっているだろうに
今年は、まだまだこれからがお楽しみという感じ・・・

s-広田梅林10.jpg

12種約450本の梅(旧梅林300本、新梅林150本)が植えられています。

新梅林の方では、ほのかな香りを漂わせ花が咲きだしています。
s-広田梅林8.jpg

s-広田梅林7.jpg

s-広田梅林9.jpg

このふれあい公園では、花の蜜を求めて飛んでくる野鳥を見るのも楽しみの一つ。
今日は、カワラヒワ♂に会えましたー(長音記号2)
ジョウビタキやツグミも良く見かけますし、
もっと花が咲き出すとメジロもやってきます。

旧梅林は、一輪、二輪と咲きだしたかなって感じ。
s-広田梅林11.jpg

梅林には梅を取り囲むように四国八十八ヵ所の分家である小さな祠がある。
s-広田梅林5.jpg

ここでお参りをすれば四国4県にわたる霊場を巡ったのと同じだと言われる方もいます。
安政6年ごろから徐々に建てられたもので、老朽化した祠は子孫で立て替え、
今も地元の方でお祭りし、守っています。

梅林の直ぐ下には、大宮寺があります。
s-広田梅林1.jpg

御本尊である紅頗梨阿弥陀如来は秘仏となっており、
平安時代の鳥仏師の作であると伝えられています。

境内には、「天明志士祈念碑」が建てられています。
s-広田梅林3.jpg

厳しい縄の供出で苦しめられた百姓が起こした、
淡路島最大の一揆「縄騒動」の指導者を顕彰する碑で
これは板垣退助が撰んだ、厳谷修の書によるものです。


〜天明2(1782)年淡路国三原郡に起きた百姓一揆(縄騒動)〜
当時淡路は徳島藩政下にあり、縄を供出していたが、洲本の役所から新たに農民に対して苛酷な供出命令が出され、縄方役所を設けての検査が厳重をきわめた。
それに対し、山添村ほか3カ村が供出負担の軽減を求めて下内膳村の庄屋方へ陳情したのにつづき、広田宮村など6カ村が中筋村の庄屋方に押しよせ、新法の廃止を要求した。
一揆の要求は受け入れられ、新法は中止されたが、指導者である広田宮村の宮村才蔵と山添村の清左衛門は獄中で斬首された。


可憐な梅の花を眺めながら、先人たちの偉業に心を馳せるてみると…
訪れる春の歓びをひとしお嬉しく感じるから不思議かわいい
posted by awajigurashi at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

『紙から生まれた籠と古布の花』

昨年知り合った東大阪から移住してきたご婦人が、「エコな作品」を展示。
新聞にお顔が出ていて、嬉しくなって娘と見に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

洲本市五色町に明石海峡大橋が架かった1998年に移住してこられた彼女は
活発に地域のボランティア活動や趣味のお教室通いをし、楽しく暮らしていらっしゃるよう・・・

今回も知り合いから紹介されたエコクラフト教室で習った作品を
これまた知り合いのご縁で、南あわじ市山添の「ながら珈琲」で展示する運びとなったとのこと。

すっかりと地域に溶け込まれて活躍されている彼女の作品は
牛乳パックを再生した紙のひもを使って多彩なデザインのバックやかご等に仕上げた30点。

色鮮やかな作品が並ぶ店内。
s-ながら6.jpg

これが紙で出来てるなんて驚きですexclamation
s-ながら2.jpg

可愛らしいお雛様も・・・
s-ながら3.jpg

まるで竹の籠のように見えますが・・・
s-ながら5.jpg

気に入った作品があれば買うことも出来るようですよー(長音記号2)
s-ながら8.jpg

「ながら珈琲」では、オーナーさんの古布を使った素晴らしい作品もお店を彩っています。
s-ながら7.jpg

淡路島在住の定年退職なっさたご夫妻と大阪でカフェの勉強をしてきた娘さんが経営されています。
s-ながら9.jpg

くるみとバナナのケーキ リンゴ&オレンジジャム付き。
s-ながら10.jpg

チーズケーキには、ブラックベリージャム。
s-ながら11.jpg

ケーキは娘さんが、ジャムはお母様の手づくりと家族の息がぴったりのお店。
この日はお父様は留守でしたが、珈琲が大好きで珈琲店経営が夢だったそうです。

ここはギャラリーカフェになっていて毎月地元の方の作品を展示しています。
すでに10月までの予定が決まってるんだそうですよ。

『紙から生まれた籠と古布の花』
1月15日〜2月26日 9:00〜21:00
問合せ先:ながら珈琲 TEL 0799−45−1212
posted by awajigurashi at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

年末年始の休業案内

今年も残すところ後3日・・・・

一年過ぎる速さが、年々増すのは歳のせい??

「あわじ暮らし総合相談窓口」は基本的に年中無休で対応しておリまが、

年末年始の下記期間は休業となりますので、どうぞご了承ください。

12月28日(木)〜1月3日(火)


面談場所の交流施設「宙」ではストロベリーツリーが可愛い花をつけています。
s-年末挨拶1.jpg

昨日の穏やかな夕焼け
s-年末挨拶2.jpg


今年もたくさんの方の相談を受け、人生のお勉強を一緒にさせていただきました。

どうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。
posted by awajigurashi at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする