2017年04月29日

和モダンなお店・・・IKOI・・・

淡路島の北に位置する淡路市育波569にある和モダンな店

      IKOI JAPANESE CUISINE

CIMG5216.JPG


お店のロゴ。
”O”のアルファベットの中にある”伊”の字。
おじい様がお店をしていた時のものだそう。
以前のお店で食事をしたことのある私にとっては、とても懐かしく
感じました。

CIMG5217.JPG

店は白と黒のシンプルな色を基調とし、それに木の暖かさを取り込んだ
こだわり。

CIMG5195.JPG

なぜかこの席に座って食事をすると落ち着く。
とても不思議な空間。
並べられた焼き物、器などなど。
シェフのこだわりを感じます。

CIMG5196.JPG


オーナーシェフの菅村貴寿さん。
名古屋の料亭で懐石料理を8年修行した後、アメリカのカリフォルニアの
日本料理店で6年働いていたという経歴の持ち主。
そんな彼が、淡路島に帰ってきて今までお父様がしていたお店を
新しくし、昨年の6月11日にオープンし、今のIKOIにしたという。
そして、もうすぐ一年が経つ。

シェフにお店のコンセプトを伺いました。
「今まで通りの和食ではなく、海外での経験を活かし、自分の感覚で
 型にとらわれない料理を出して行きたい。和モダンな感覚で!」
と活き活きとした口調で答えてくださいました。

今回はランチをいただきました。

CIMG5204.JPG

地元の食材を中心とした色とりどりの野菜。
できる限り無農薬のものを使用したいという。
ひとつひとつの野菜を味わいながら「おいしい!!」とつぶやいていた。
女性にとってはこの上ない一品。

CIMG5206.JPG

これも地元の魚を使った一品。
こだわりの器に盛られた季節感満載のお料理。
またまた「いいね〜!!」

CIMG5209.JPG


小皿に盛りつけられた品々。
お味はもちろんのこと、器を見ても楽しめる。
またまた「幸せ〜!!」

CIMG5213.JPG

やはり最後はスイーツがいいですね。
「う〜ん、満足!!」


お昼はお重にたっぷりと詰まったお膳スタイルのランチ。
お魚、お肉、お野菜、淡路島は食材の宝庫。
本当においしいこと間違いなし。
夜は、予約制。
特にシェフお勧めのカリフォルニアワイン。
和食にワイン、まさしく和モダン。

皆さんも行ってみてください。
幸せな気分にさせてくれますよ。

ぜひ次は夜に行ってみたいです。
ワインで乾杯といきましょう。

================================
IKOI JAPANESE CUISINE
淡路市育波569
п@0799-84-0475
Lunch   月〜金  11:00〜14:30
Dinner  月〜土  17:00〜21:00
================================

今回は少し早目の母の日と思い、母と一緒にドライブ気分でお出かけ。
ゆったりとした時間を持てました。
母も満足。「ありがとう!」という言葉をもらいました。
親孝行もできたし、わたしも「ありがとう」という気持ちです。
短い間でしたが、淡路島の魅力を少しでもお伝えすることにかかわれたことに感謝します。

本当に淡路島っていいですね。


                        淡路ちゃんでした。

自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら




posted by awajigurashi at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449395101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック