2015年01月01日

第37回元旦歩こう会

明けましておめでとうございます
 本年もよろしくお願い申し上げます

特定非営利活動法人あわじFANクラブ
理事長 小林 祥宏
 役員 一同


早速、元旦の報告から!
残念ながら私は、初日の出は雲に邪魔されて見ることが出来ませんでした。
第37回元旦歩こう会がにぎやかに開催されました。
この行事は、平成18年の合併以前から旧五色町で元旦の恒例イベントとして開催されていたものが、合併後の新洲本市に受け継がれ、37回目を迎えたものです。

五色地区は塔下(とうげ)公会堂を、洲本地区は加茂小学校をそれぞれ起点として、先山(せんざん・標高448m)へ登山し、山頂の千光寺(せんこうじ)境内で式典を開催するものです。

そもそも、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊 (いざなみのみこと)が国産みの最初に淡路島を創ったとき、その最初に出来たのが先山だと伝えられています。
その意味でも、元旦に上ってお参りをするのはとてもめでたいことと考えられてきました。

さて、10時前後から双方より三々五々、思い思いのペースで山頂を目指します。

洲本側の登山道は急峻で、途中にはお地蔵さんがいくつもお祭りしてあります。
DSC_0017a.jpg
7丁から8丁にかけて308段の階段があり、顎を上げる人も少なくありません。
12丁を過ぎたあたりからはややなだらかになり、最後の坂を上りきると茶屋があります。その先にはまた…階段。
DSC_0015a.jpg
因みには50分で到着しました。
山頂には大勢の善男善女(?)が集い、そこここで新春の挨拶を交わしていましたよ。
IMGP0385a.jpg
11時20分から千光寺境内で新年の集いが大勢の参加のもと、にぎやかに開催されました。
IMGP0384a.jpg
また新年の集い閉会後、抽選会が行われ、淡路ビーフや食事券などの豪華商品をはじめ多くの当選者に福が授けられました。

抽選に当たった人も外れた人も、この一年が有意義ですばらしいものとなることを祈りつつ、下山の途につきました。


posted by awajigurashi at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の催し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。