2014年11月19日

スペインから淡路へ「陶磁器工房ルバルテ」!

陶磁器工房ルバルテ


20141116_陶磁器工房ルパルテ (12).JPG

20141116_陶磁器工房ルパルテ (13).JPG

南あわじ市倭文長田10-1にある陶磁器工房ルバルテは
ヘスアルド フェルナンデス-ブラボさんと丹羽あかねさんご夫妻が
デザイン・制作する陶磁器の工房です。
震災を経験した後、スペインに行っていた彼らは、今から2年前に奥様の故郷淡路島に帰ってきて
陶磁器工房を構えることとしました。
お二人は、東京、栃木、埼玉と関東を中心に活動し、作品を制作する傍ら、
自分たちの手でこのギャラリーのリフォームをして、今の状態になったそうです。


20141116_陶磁器工房ルパルテ (1).JPG

ご主人のヘスアルドはスペイン ラ・マンチャ生まれで、1991年来日し、板橋廣美氏、星野亨斉氏に師事。2000年に栃木県那須烏山市に築窯、その後多くのギャラリーで作品を展示し、
益子陶芸展で審査員特別賞、朝日陶芸展、国際陶器展美濃、出石陶器トレンナーレなどで入選するなどご活躍されています。
一方奥さんのあかねさんは多摩美術大学美術学科を卒業後、栃木県益子町 見目陶苑にて修行をし、
京都大覚寺主催第6回花の陶展嵯峨御流賞を受賞するなど、
作品をギャラリーで展示する活動をされています。

温かく、しかもおしゃれな工房の中には、こだわりのお二人の作品が所狭しと飾られています。
ぜひのぞいてみてくださいね。


20141116_陶磁器工房ルパルテ (9).JPG

20141116_陶磁器工房ルパルテ (4).JPG

20141116_陶磁器工房ルパルテ (15).JPG

陶磁器の魅力を大切に、白が引き立つように染められた色がとても優しく感じられます。
たくさんの作品の中で個人的に気に入っています。


20141116_陶磁器工房ルパルテ (24).JPG

この11月16日にお二人のお友達がジャズ演奏と、本場仕込み巻きでつくったパエージャを作って、
たくさんのゲストの方と一緒に
ギャラリーのオープンをお祝いしてくれました。
本当に素敵な時間でした。

ギャラリーオープン


ギャラリールバルテは
毎月、第1週の木・金・土・日に
オープンしています。

ぜひ一度訪ねてみてくださいね。

きっと素敵な作品に出合うことでしょう。

それとチャーミングなあかねさんと、優しいご主人にお会いしてお話しするのも楽しいですよ。
そんな素敵な空間のある淡路島に来てみませんか?

オープン日は変更する場もありますので下記でご確認ください。
陶磁器工房ルバルテのホームページはこちら


淡路ちゃん


posted by awajigurashi at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。