2014年04月10日

淡路島から「元気をお届け vol.9」〜『淡路島希望食品有限会社』〜

2年前、東京から淡路島に移住した、北川太一郎さんがレポートする淡路島の魅力発信です

≪淡路島希望食品有限会社≫

人物紹介 
迫田瞬 30歳 神戸出身 南あわじ市神代在住(淡路島2年目)

s-希望食品1.jpg

経歴
大学卒業後、ラーメン屋で店長や新規企画などを経験した後、淡路島で農業を開始。
レタス、たまねぎ、白菜を栽培。
有限会社も設立。経営理念は地域貢献・社会貢献。

<昨年、初めて栽培した玉ねぎ>
s-希望食品3.jpg

s-迫田.jpg

s-希望食品4.jpg

s-希望食品5.jpg

今の淡路島についてどう思うか?
若い人が出て行って戻ってこないケースが多いので人口が減ってきてますよね。
そこを若者代表として、何とか食い止めて盛り上げていきたいです。
あと空いてる農地が多くて使いたい人がいるにもかかわらず、借りるまで至らないことが多いと思います。
そこの農地を整備して使いたい人に貸してもっと活用できるようになってほしいですね。

<冬のレタス栽培では島外から弟さんが援農>
s-迫田3.jpg

今後の展望は?
2年後には今までのスキルを活かして古民家でラーメン屋を開きたいですね。
そこで自分の作ったたまねぎを使っての6次産業化を実現したいです。
3年半後には畑作業が自分が付きっきりにならなくても回るようにしたいです。
そしたら販売のマーケティング戦略に取り掛かりたい。
営業に行っても知識がないから最終的な決め手を打ち出せない。
お店が売れる方法を考えて提案すればもっと自分の野菜を使ってもらえる機会が増えると考えています。
最終的に淡路島では、雇用を作りたいです。
そのためにも今の会社を大きくして多くの人を雇用できるようにして、島外の人を呼びたいです。

拠点紹介
現在、レタス畑8.5反、たまねぎ畑8反、白菜畑3反をおこなっている。
・農作業を体験したいという方、是非ご連絡ください。作業があればいつでも歓迎します!
・野菜を直接買いたい方もいつでもお待ちしてます!ご連絡ください!!

取材を終えて
まだまだこれからという立ち位置で希望に満ちあふれた印象でしたわーい(嬉しい顔)
目標年商10億ということ、期待してます

住所:南あわじ市神代地頭方1225
電話番号:0799-20-4301
Mail:info@hopefood.jp


『淡路島希望食品有限会社』からのお知らせ
希望食品有限会社255ファームプレゼン「2525玉ねぎ収穫体験」
実際に淡路島で有名な玉ねぎを一緒に収穫してみませんか?
開催予定日…4月26日・27日29日(祝)、5月3日4日を予定してます。
開催場所…淡路島、希望食品有限会社が保有している土地
収穫体験料…無料
但し、収穫した玉ねぎのお持ち帰りは有料となります。
時間帯は、13時頃から予定しております。
人数調整などありますので詳細は、追ってご連絡させて頂きます。
※1露地栽培となっておりますので、天候や玉ねぎの状態によって日程が前後する場合がございます。
参観されたい方は4月20日頃までに参加したい日程と名前を明記の上、
青山(aoyamamasayayui@yahoo.co.jp)にご連絡下さい。


posted by awajigurashi at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。