2013年09月06日

ただひたむきに・・・。淡路人形座 人形遣い 吉田幸路さんです☆

淡路島で500年の歴史を誇る人形浄瑠璃るんるん

1377661616641.jpg

最盛期には40以上の座元があり、千人もの人形役者が
島内のみならず日本全国を巡業していたそうですが、
他の娯楽に押され戦後は消滅の危機に・・・たらーっ(汗)

そんな中1964年に創設されたのが「淡路人形座手(チョキ)
淡路島の伝統芸能を守り後世に伝えるべく日々奮闘しておられます。

そこで今回は新館オープン一周年を迎えた人形座におじゃまし、
人形遣いの吉田幸路(こうじ)さん(本名 數田信介(かずた しんすけ)さん)に
お話を伺ってきましたわーい(嬉しい顔)

1377672155871.jpg

幸路さんは南あわじ市生まれ。

1377661591442.jpg

中学の部活動で人形浄瑠璃を習ったのがきっかけでこの世界に入られ
すでに芸歴20年exclamation×2
他の座員さんも皆子供の頃から浄瑠璃をされていたというのは
淡路島ならではの環境ですよね〜グッド(上向き矢印)

人形浄瑠璃は、人形を動かす「人形遣い」と、物語を語る「太夫」、
そして「三味線」の三業一体で成り立っていますが、
幸路さんは人形遣いぴかぴか(新しい)

1377661591155.jpg

そして一体の人形を、足を動かす「足遣い」と、左手を動かす「左遣い」、
頭と右手を動かす「主(おも)遣い」の3人の人形遣いで操ります手(グー)

1377655738810.jpg

3人の呼吸を合わせ、なおかつ太夫と三味線とも合わせるというのが
一番難しい所だとか。
人形の動きを見ているとあたかも人間のよう!!
その豊かな表情に驚かされますが、これも長年の修行の賜物なのですねかわいい

1377661615671.jpg

人形座は1日5公演。
人形遣いだけでなく後見(舞台の補佐)など他の役目もあるので休憩はナシ。
お疲れ様です〜あせあせ(飛び散る汗)

人形座での公演に加え、ホテルや学校、地方や海外など
さまざまな場所でも公演されており、
今後も人形座と出張公演の2本立てに力を入れていくそうです。

現在座員は19名。

1377661587851.jpg

さまざまな演目が月替わりでかかります。

最近は観光客だけでなくリピーターのお客様も増えてきたとか。
年代的には60代以降の方が多いので、子供さんや若い人たちに
もっと関心をもってもらう工夫を、と
体験ワークショップも開催されていますひらめき

1377664262426.jpg

最近筆者の周りでもこのワークショップに行ってきた!という声がちらほら。
ムムム、キタか〜exclamation&question

最後に幸路さんから一言。
「まずは見にきていただきたいexclamation×2
敷居が高いという印象があるかと思いますが、
分かりやすくするために事前に解説を入れています。
舞台から見えるお客様の笑顔でテンションが上がります^^」

そうおっしゃる幸路さんのすこぶる爽やかな笑顔に
当方テンションが上がりっぱなしでございましたわーい(嬉しい顔)

今度はウワサの体験ワークショップの様子をお伝えしたいと思います〜手(パー)



posted by awajigurashi at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の歴史、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。