2013年08月19日

鎌倉時代から続く地域の伝統行事「火踊り」!

洲本市下内膳地域にある小高い丘には、奇妙な風景が・・・
これは、鎌倉時代から続くという送り盆の伝統行事が行われた翌朝の様子。

s-火踊り6.jpg

丘の草は、所々、真っ黒に焼けています・・・
さて、どんなお祭りだったのか紹介していきましょう。

「火踊り」
全国的にもあまり例のない珍しい伝統仏事で鎌倉時代から続いているということです。
三昧(さんま)と呼ばれる埋め墓の小高い丘で8月16日に行われるお盆の送り火の一種。

下内膳地区では、墓石のある参り墓と、遺体を埋葬する捨て墓の2つがあるとする「両墓制」が古くから受け継がれ、このため、火踊りは捨て墓である三昧(さんま)で行われます。

この地区にある盛光寺の檀家が継承している行事で、
この三昧(さんま)には土葬時代には遺体が埋められていました。
今でも、分骨されるご家庭もあるそうです。

亡くなって初めてのお盆を迎える方から3回忌ぐらいまでの方の霊に別れを告げるようで
隣保の方が、この供養塔の竹を切ってお手伝いしてくれる習わしだそうです。
達者であの世に向かえるようにと、ワラ帽子・草履・杖の3点セットが添えられています。

s-火踊り5.jpg

六地蔵様も祀られています。

s-火踊り2.jpg

「火踊り」で使われる太鼓は丘の上に用意されていて、村が一望できます。

s-火踊り3.jpg

有名な奇祭ということで、地域住民のみならず写真愛好家も続々と集まる中、
消火のために消防車や隊員も配置につきます。

s-火踊り4.jpg

いよいよ日が暮れると、盛光寺住職の読経に続き、
太鼓や鉦(しょう)、音頭にあわせて、「火踊り」が始まりました!

s-火踊り1.jpg

長さ約2mの荒縄の先に結びつけた松明(たいまつ)を振り廻し踊る・・・

IMGP1654a-thumbnail2.jpg

「おどれやれ こまよはねよやれ こまよばくちのさいとなれ こまよ」(歌は解読できない)

IMGP1649a-thumbnail2.jpg

最後には思い切り放り投げ、炎が音をたてながら火花を飛び散らせ三昧が幻想的な雰囲気に・・・

s-火踊り7.jpg

こんなに火の近くでお世話をする地域の方も・・・

s-火踊り8.jpg

ご先祖に祈りを捧げる伝統行事。
地域にとってもご近所が顔を合わせる大切な機会になっているようです。
隣保という田舎ならではの良いご近所付き合いがこの伝統行事を継承しているのでしょうわーい(嬉しい顔)

隣保を簡単に説明すると
地域には町内会(地区という所もあり)があり、その地域の世帯を5〜10軒程の集団に分けたのが隣保。
回覧板やゴミ出しという小さな事から冠婚葬祭まで、この隣保単位でお互いにお世話を仕合います。







posted by awajigurashi at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の歴史、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。