2013年02月09日

春の訪れは「Char*古民家 〜居場所〜」から!

穏やかな天候の節分の日に、Char*古民家 〜居場所〜 にて、
cello duo ミニコンサートが開催されました。

ここChar*古民家は、住まいであると同時に仕事場であり、ギャラリーでもあります。
s-古民家コンサート1.jpg

清岡さんご夫妻は、横浜でオリジナルブランド、Char*を立ち上げたのですが、
子育てを機に奥さんの実家である淡路島に拠点を移しました。

詳しい経緯は「移住者の声」をご覧下さい。

お店に並ぶ洋服は、すっかり春色!!
s-古民家コンサート3.jpg

s-古民家コンサート2.jpg

天然素材の優しい風合いそのものが「春」!
s-古民家コンサート4.jpg

日差しの暖かさも、やっぱり「春」
s-古民家コンサート5.jpg

お目当てのコンサート、演奏家のお二人。
渡邉辰紀さん(東京フィルハーモニー首席チェリスト)
高橋泉さん(イルミナートフィルハーモニーフォアシュピーラ)

古民家コンサート.jpg

古民家の象徴のような立派な梁…
s-古民家コンサート8.jpg

田舎暮らしの憧れの象徴である薪ストーブ…
s-古民家コンサート7.jpg

贅沢な空間で、東京フィルハーモニー主席チェリストの演奏を聴く…
s-古民家コンサート9.jpg

春の陽射しを背に受けて、奏でるメロディはまるで春の妖精からのメッセージのよう。

モーツァルト/歌劇「フィガロの結婚」に始まり、ハイムやバッハ、ヘンデルの曲。
アヴェ マリア… 美しい音色に酔いしれていきます…

なかでもサン=サーンス/「白鳥」は、チェロ独奏曲としてあまりに有名な曲。
リラクセーションから深い眠りに着くために大切な曲、お母さんを安定させ、
胎児には優れた曲だそうです。

覚醒の中で、チェロの音色が心に響く・・・

「素晴らしい!!音楽って癒しの力があるよね〜」参加者から呟くようにでる言葉。

s-古民家コンサート.jpg
(写真提供:清岡まなみ)

お子さん向けに、となりのトトロやドレミの歌も・・・
アンコールの曲まで、全てが優しさに満ち溢れて、それはもう幸せな一時でありました。

イベントを通して服を買ってくださるお客さんと「顔の見える関係」を作っていきたいという清岡さん。
素晴らしい 〜居場所〜 にこれからも期待しましょうわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。