2012年12月29日

一年の締めくくりは『薫陶の郷』でした!

私たちが「あわじ暮らしのワンストップ窓口」を始めて
初めて移住のお手伝いをし、成立したのが『薫陶の郷』の池上さん夫妻。
「移住者の声」記事はこちら

s-交流会.jpg

確か4年程前のこと、大阪での臨時相談所設置時にご夫妻で相談にみえた。
ご主人が額に汗かき、第二の人生を淡路で送りたい!と真剣に訴える後ろで
元宝塚スターかしらと思えるほどの美しさで凛と立つ奥様。

えっ?田舎暮らし大丈夫かしら…と心配したが昨日のことのように想い出されます。
ところが、地元のご縁とお二人の頑張りで、
TVや雑誌に取り上げられ、今では予約待ちが数ヶ月先までという人気スポットになりました。

冬の人気メニュー『囲炉裏ランチ』を囲んで忘年会。
メンバー6組のうち、3組が移住者という構成。
30年前に移り住んだ人から、2地域居住の末やっと昨年に永住の地としたリタイヤ夫妻まで…
「移住者の声」記事はこちら

この日、少し風邪気味だったという池上さん「ご予約を受けたら病になれません!」
s-交流会1.jpg

その分を、奥さんがカバーし絶妙なトークでお料理の説明をしてくださいました。
s-交流会4.jpg

ただ、囲炉裏で食材を焼いて食べるのかと思いきや、
創作料理の数々から、〆の手打ちソバに食後のデザートまで入れると使われている食材が60種類!
お野菜も畑で自家栽培する品目がずいぶんと増えたようです。

蓮根団子、柚子の白和え、ヤマモモ酒
s-交流会3.jpg

林檎のコンポートに生ハムの取合せは、上品なお味!
s-交流会5.jpg

囲炉裏で焼いた手作りのきりたんぽは、ホクホクで美味しかった!
s-交流会6.jpg

玉ねぎ丸ごとスープは、カレー味でスパイシー!
s-交流会7.jpg

ご自慢の手打ちソバで、一年の締めくくり!
s-交流会8.jpg

池上さん夫妻の移り住んだ時の苦労話から、現在のワクワクドキドキの田舎暮らし秘話まで
参加者とたっぷり交流を深め、3時間も笑いと話が途絶えない賑やかな忘年会となりました。

次回は、桜の花を愛でながら出張蕎麦打ち教室をしよう! なんて企画も飛び出し
益々、あわじ暮らしを満喫する先輩移住者達なのでありましたわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。