2012年12月13日

「淡路で暮らさんか!!バスツアー」で『そばカフェ生田村』へ!

今年の冬は思ったよりも寒い…
12月の淡路島で気温6°なんていう木枯らしの吹く日に
淡路市への移住を検討している方々を対象にしたバスツアーが淡路市主催で行われました。

風邪などの体調不良で参加を見合わせる人も出て10名程度でしたが
その分、小回りのきく対応ができ、行程表にない場所へも立ち寄りました。

その一つが、北淡ウイズタウン。
海が見える分譲地です。この日は風が強いのでバスの中から見学。
詳細はこちら

その後は、予定通り生田村へ。

静かな農村地帯で、里山や棚田が美しいところです。
s-バスツアー1.jpg

地域の人が作ったという水車小屋を見学。
s-バスツアー2.jpg

そして、人気の『そばカフェ生田村』
s-バスツアー9.jpg

少子高齢化で廃園になった場所で、地域の皆さんが活性化事業に取り組まれ、
地元で育てた蕎麦を地元の人が打ち、地元の人が接客するという施設。
開店以来、千客万来で一日平均100人以上も訪れ、待ち時間が1時間なんてことも…

本日は、参加者に蕎麦打ち体験をしてもらいましたよ!
だって、某番組ではリタイヤ後の人生で「手打ちそば」が定番のように出てきますもんね。

代表世話人で講師の田村さん曰く「蕎麦は、水回しが一番難しい!」
s-バスツアー3.jpg

こんなボロボロが固まるんでしょうか…
s-バスツアー4.jpg

は〜い、ちゃんと塊になり、伸ばしの作業に移ります。
s-バスツアー5.jpg

駒板と麺切り包丁で、講師が見守る中、幅1.5mmに挑戦!
s-バスツアー6.jpg

じゃ〜ん!出来上がりました!!
s-バスツアー7.jpg

湯掻くのはお店の人に任せて、「卵かけご飯定食」となりました。
s-バスツアー.jpg

皆さん、初めてにしては上出来で、とっても美味しそうに召し上がってました。
野菜のかき揚げもサクサクだし、
有精卵を水車米でたべる「卵かけ」が、参加者の方には嬉しかったようです。

地元の採れたて野菜が、お安く販売されて女性人に大好評!
s-バスツアー8.jpg

午後は、物件相談会。
兵庫県宅地建物取引業協会 淡路市部の皆さんが
親身になっての細やかな対応をしてくださいました。

小さなお子さん連れのため、この会だけご参加のご家族もいらっしゃいました。
s-バスツアー12.jpg

相談会のすぐ近くには、有名な「伊弉諾(イザナギ)神宮」があるので
行程外ですが、参拝しました。

本日のご参加の方が、淡路島にご縁がありますように…
s-バスツアー13.jpg

淡路島の魅力は「海」。
バスの中からたっぷりと眺めました。
午前中は、西海岸で午後は東海岸。実は、同じ淡路市でも随分と違うんですよ。

こちらは、東海岸です。
s-バスツアー16.jpg

分譲地も2箇所を巡りました。
寒い中、担当の職員が笑顔で迎え対応している姿が印象に残りました。

市分譲地「多賀団地」
s-バスツアー10.jpg

市分譲地「南鵜崎団地」
s-バスツアー17.jpg

詳しくはこちら

観光客のみならず、島の人も良く利用する「たこせんべいの里」で買い物休憩。
s-バスツアー15.jpg

こちらは、無料でコーヒーやおせんべいが食べれることもあり、いつも賑わってます。
s-バスツアー14.jpg

淡路島は「夏」というイメージが強いですが、それはレジャーで利用する時。
実際に暮らすということになると、このように一番寒さの厳しい時に見学するのが肝要です。
そういった意味でも、本日のバスツアーは意義深いものだったと思います。

高速バス停・淡路インターでお客様をお送りして終了。
s-バスツアー18.jpg

明石海峡大橋を渡ると直ぐに見える都会のビル。
都市通勤も充分に可能なのも、淡路市の魅力のひとつでしょうねわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。