2012年11月08日

大阪の短期大学生が淡路島で収穫体験を満喫!

秋の淡路島の魅力と言えば、やはり「食」でしょう。
それも、旬である秋の実りを収穫体験するのがお薦めです!

今回は、大阪から短期大学生33名がプチ農業体験をしました。
まずは、小林農園でサツマイモの収穫です。

「わぁ〜芋ほりなんて、幼稚園以来だ〜」
s-芋ほり3.jpg

でっかい芋が、ゴロゴロ出てきて大喜びです。
s-芋ほり1.jpg

「げっ〜〜 これ何だ〜〜」
s-芋ほり2.jpg

小学生の農業体験は、これまでにもよく受け入れてきたのですが、
虫が出てくると、とっても喜ぶ子、嫌がる子と様々でした。
が、今回の短大生で、とっても立派な体格をしている男性が
「ぎゃあ〜何かおる! オレ虫が大嫌いやから、芋ほりできへん…」だって。
小学校だと先生も、それなりの指導をするのでしょうが、
なんたってもう立派な大人。
自己責任で農業体験を楽しんでいただきました。
見ていると、お友達がフォローして収穫してあげていたようです。
とっても和気藹々としたクラスで、皆んなが仲良しさん。

お昼ご飯は、淡路島玉ねぎをじっくり煮込んだ特製カレー。
s-芋ほり5.jpg

お米は、小林農園の新米です!
「淡路島の玉ねぎがたっぷり入っているから美味しいんや!」とお褒めのお言葉。

農家のお庭でブルーシートにコンテナ&コンパネという簡易食堂も田舎ならではの体験。
s-芋ほり4.jpg

今回のサツマイモは、鳴門金時。
収穫後は、すぐに食べるよりは1週間ぐらい冷暗所で保存したほうが甘味が増します。
冷暗所といっても決して冷蔵庫に入れてはいけません!
サツマイモ君が風邪を引いて美味しくなくなってしまいますから…
先生曰く
「今の子は何でも冷蔵庫に入れるから、よ〜く注意しておきます」
きっと、自分で掘り取り体験した芋だから、大切に扱ってくれるでしょう。

元気な笑顔で「ありがとうございました!」と挨拶をし
次は、平岡農園のみかん狩りへと向かいました。
この一日で、淡路島の秋の味覚を満喫したことでしょうわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。