2012年10月27日

54歳にして農業にチャレンジ!!

2010年に大阪市から南あわじ市へ移住なさった相原ご夫妻。
奥様の由美子さんは、「移住者の声」で紹介しております。記事はこちら

今回、桂二さんの畑を訪問しました。
s-相原8.jpg

50代のうちに第二の人生をスタートさせたいと定年を待たずに移住。
海が好きなので、最初は漁師を志望。
が、そんなに容易く海の男になれるはずもなく・・・断念。
では、畑で野菜作りでもしてみようかと始めてみると・・・
自分で種から撒いたものが成長し、初めて収穫した時の嬉しさは感動もの!

日々変化する野菜の姿を見ることに面白みを感じ、農業をやってみよう!

ご縁があり、自宅から40分も離れた農家さんに一年間研修生として通いました。
そして、8月からは独立して野菜栽培に挑戦しています。

ミニ耕運機しかなく、殆どを鍬仕事でこなしています。
s-相原9.jpg

s-相原2.jpg

約1反の休耕田を市の農林振興部を通じて紹介を受け地主との交渉で借り受けました。
キャベツ、ブロッコリー、ミニ白菜、菊芋、アスパラガス、レタス、オクラ、唐辛子
インゲン、サツマイモetc・・・約20種類もの品目を栽培中。

なかでも、大阪のメキシコ料理店を経営している知人の勧めで栽培を始めてみた珍しい野菜が
ハバネロ
s-相原1.jpg

ハラペーニョ
s-相原3.jpg

収穫した野菜は、京阪神での移動販売を考えており
既に夏場には隔週、奥様の雑貨と併せて車に載せ試し売りしてきました。
まずまずの感触だったといいます。

とはいえ、農薬は使用せず栽培しているのでかなりの仕事量。
もちろん収益などまだ殆どないのでアルバイトをしながらの農作業。
とても同年代の私には考えられない第二の人生です・・・

どこにその原動力があるのでしょう?

「ここまできたらやるしかない!」

夫婦二人の意見が一致しての田舎暮らし。
由美子夫人の応援と愛情を受けて、頑張る桂二さんの姿にエールを贈りますわーい(嬉しい顔)

芽を出したニンニクが「頑張れ!」と言っているようー(長音記号2)
s-相原4.jpg


posted by awajigurashi at 23:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、島の海辺で農業をしたいです。
まずは家さがしなのですが、どうやって探せばいいか、教えてください。
業者のかかえる物件は、高くて手が出ません。
賃貸料が安い古民家を探したいです。
アドバイスお願いします。
京都府八幡市在住。62歳男。
お忙しいところすみません。
Posted by 中村保彦 at 2015年04月29日 16:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。