2012年10月23日

「城下町洲本レトロなまち歩き」は大盛況でした!

10月20日(土)〜21日(日)の2日間で集客数は9000人。
この両日は、淡路島で様々なビックイベントが開催されたにもかかわらず大賑わい。

この取り組みは、5月に続き2度目の開催。
洲本市街地は65歳以上の人口が占める割合が40%を超えるエリアがあるなど
高齢化や若者不足が課題となっている。
そこで住民グループ「城下町洲本再生委員会」が
古い町家が生み出すレトロな雰囲気をPRし
若者たちに移り住んだり、店を出したりしてもらおうと企画。

20日には
現在使われていない町家を巡り、入居者を募るツアー「スモトレトロ不動産」もあり
若者20人が参加し5軒の家の歴史や家賃の説明を受け、見学したということです。
21日には
「洲本城祭り」も同時開催され、約50人が甲冑姿で
勝どきを上げたり、ほら貝や陣太鼓の音を響かせて町家を練り歩きました。

s-レトロ4.jpg

s-レトロ1.jpg

s-レトロ2.jpg

奇抜な企画の「お化け屋敷」には行列ができていました目
s-レトロ.jpg

今回、特に印象的だったのは、お店を出している人たちの笑顔の数々るんるん

s-レトロ6.jpg

s-レトロ7.jpg

嬉しい気持ちで一杯になりながら、まち歩きを楽しんでいると・・・
あらまあ!「移住者の声」で紹介した若者が出店しているではありませんかグッド(上向き矢印)

新そば粉を使った手打ち蕎麦屋さん!
s-レトロ10.jpg

s-レトロ3.jpg

杉本君の打った蕎麦の味はやっぱり本場持込の本物でした手(チョキ)
s-レトロ5.jpg

売り子を担当していた太郷君も、只今蕎麦打ち修業中だとか・・・
地域おこしに参加している二人の笑顔に再会できて、もうテンション上がりまくりの私でしたー(長音記号2)

杉本裕明さんの記事はこちら
佐藤太郷さんの記事はこちら

淡路島に移り住んだ若者が、地元の人々と一緒になって町おこしをしていく。
それも自分たちが楽しみながら周りの人を巻き込んで・・・
そんな姿こそ、次の移住者を引き込んでいく原動力になっていくのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。