2012年09月01日

半芸半Xもあり??

人材派遣会社パソナグループが、淡路島で展開している「ここから村」
昨年春から、順次、研修生が淡路島に住み農園と芸術プロジェクトに従事している。
その中の一人で、昨年夏から参加し一年の期間満了を迎えた女性が、古民家をゲット!

一年前にお会いした時、

「プロジェクトが終わった後も、淡路島で芸術活動を続けたい」

と言っていた彼女。
その思いが、見事に実現したわけです。

夢のスタートを切った浦川明子さんを訪ねました。

芸術活動にぴったりの隠れ屋のようなお家。
この先に本当に家があるの?というような場所。
家の周りは竹薮に覆われ、裏山は蜜柑畑。
自然な音と風しか流れてこない、いやいや猪は来るかもねあせあせ(飛び散る汗)

厚かましいお宅訪問にも拘わらず、和かに出迎えてくれました。
その笑顔に不思議と、懐かしさと安らぎを感じた私・・・
一年前にお会いした時よりも、穏やかで優しい表情に・・・

7月から住み始めたとういうのに、夏野菜栽培がしっかりと植わっていました。
s-浦川1.jpg

昨年から始めたばかりという陶芸作品が、あちらこちらに・・・
s-浦川2.jpg

s-浦川3.jpg

s-浦川5.jpg

アルバイトをしながら、フリーで芸術家としての仕事を請け負い、
フライヤーデザインやグッズにアートインスタレーションと多才な彼女ですが、

基軸は絵画。

「人の心に響く絵を描きたい」

と、さらりと熱く語ります。

アトリエにしている部屋も見せていただきました。
s-浦川6.jpg

一人暮らしで芸術活動をするには丁度良い広さの古民家。
イベントで知り合った地元の人とのご縁で、このお家を借りることができたそうです。
大家さんにはとても親切にしてもらっているということですし
ご近所の人たちとも仲良くなって、早くも野菜が届いているということです。

淡路島の何に魅力を感じるのですか?と尋ねると

「土に力がある!」

今後の彼女の活躍に期待しましょうわーい(嬉しい顔)

浦川さんのホームページはこちら




posted by awajigurashi at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。