2012年06月05日

別荘地としても人気の淡路島

淡路島の魅力といえば、やはり「海」

これから秋にかけて人気のレジャースポットとしての露出度は抜群です。
そんな季節に淡路島に来て、サンセットの美しさに魅了されてしまうと
別荘地にしたくなる・・・・

神戸・大阪など関西圏の各都市から日帰りアクセスも可能な、
身近なリゾートアイランド「淡路島」

大鳴門橋と瀬戸内海を一望する高台にある、
開放的で瀟酒な街並みで人気の大型リゾートタウンでは、
温暖な気候に恵まれた土地で、ゆっくりと流れる田舎時間を愉しむご家族が増えています。

冬場は風が強いため、別荘として利用している方が9割ということで
春からの週末は急に賑やかで活気溢れるオーシャンビュータウンとなるのです。

この別荘地がある南淡路は玉ねぎ栽培が有名で、
平野では農作業に励む農家の人たちが汗を流している。
そこからこの高台へ来ると景色が一変するのです。
淡路島でも別天地であり、島民でも「ここって本当に淡路島?」と目を疑ってしまうほど・・・

5月末に開催された「あわじオープンガーデン」時、目の保養に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)

ローズガーデンがお見事ですー(長音記号2)

s-晴海10.jpg

s-晴海2.jpg

s-晴海12.jpg

建物とお庭の両方に、思わずため息が出てしまう・・・
s-晴海4.jpg

s-晴海6.jpg

s-晴海11.jpg

あちこち歩いているうちに、こんな看板のお家を発見exclamation

s-晴海15.jpg

s-晴海14.jpg

本当に入っても大丈夫かしらと戸惑いながらも勝手に足が中へあせあせ(飛び散る汗)

これが個人の御宅とは目
s-晴海17.jpg

s-晴海20.jpg

おまけにバーベキューサイトまで使えるんだってexclamation&question
s-晴海16.jpg

この日は、生憎と薄曇りでサンセットは見れなかったのですが、
それもまた不思議な山水画のような風景となり素晴らしい眺めでありました。

s-晴海19.jpg

友人と二人帰路に着きながら
「家に変えると目の前の現実に愕然とするんじゃないかしらね・・・」

ま、人生それぞれ・・・
別荘地をお探しの方は、淡路島へどうぞお越し下さいませわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。