2012年05月28日

今月の「移住者の声」はSLOLIFE AWAJIの杉本さんです!

移住者つながりで、

「由良に素敵な遊び友達がいるので是非紹介して欲しい」

とリクエストがあり、一体どんな遊び人かと興味津々で訪問ダッシュ(走り出すさま)

詳しくは、本文をご覧下さい!↓↓
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00044

とにかく明るい性格で、前向きな彼。
初対面のオバサン2人を嫌がりもせず、人懐っこい笑顔で対応してくれましたわーい(嬉しい顔)

紹介者から

「彼の打つ蕎麦は最高ですよ!」

と聞いていたので、厚かましくもオーダーしたのであります。

手さばきも鮮やかに打ち上げていきます。
s-スローライフ11.jpg

ツユも関西人向けの味に・・・
s-スローライフ13.jpg

そば湯もしっかりと頂き、大満足の私。
そばの本場信州で修行しただけのことはある、本格的なお味でした手(チョキ)

アジアンテイスト一杯の店内で、手打ち蕎麦を頂くという不思議な感覚もまた彼の遊び心かも・・・
s-スローライフ3.jpg

s-スローライフ2.jpg

窓から見える海は、心を癒してくれます。
s-スローライフ9.jpg

このお店に集まる人は様々で
昼間は、ご近所の方々の憩いの場であったり
夜は、島内外から集う若者の秘密の遊び場だったり・・・

s-スローライフ7.jpg

しかし、由良という地区は洲本の中心地から外れているため
アクセス上の問題で集客に難があり、現在は休業。
今後は、ライブ等での活用や、自慢のそばを提供すべく、部分開業を検討中。

「あわじ暮らし総合相談窓口」の相談者の傾向として
「淡路島に移住し、飲食店を経営したい」
という問い合わせは、ここ数年増加しており
実際に移住者が開業したケースも多数で「島カフェ」ブームであります。
その反面、杉本さんのように休業になる店もあるのが現実です。

しかし、彼の素晴らしいところは、諦めて島を出ていくのではなく、
淡路島で営業の仕事に就き、住居も自分自身で地元を歩き
空き家を見つけて、家主と交渉し離れを借り受けているという逞しさパンチ

そして、交友関係をどんどん広げ、若者と繋がり
スノーボードツアー企画やライブを繰り広げているのです。

何のために仕事をするのか・・・人生を楽しむため。
家も店も自分達で改修し、その過程も楽しみに変えてしまう。

人生十色、
自分の生き様を貫いて、
これからも淡路島を楽しくする仕掛け人として活躍してくださいねー(長音記号2)

SLOLIFE AWAJI
http://www.s-life-a.com/




posted by awajigurashi at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。