2012年04月22日

憧れの『六本木農園』へ行ってきました!!

とにかく行きたくて仕方なかった東京六本木にあるレストラン。
プライベートで大好きなアーティストの舞台鑑賞と
娘の新婚生活を邪魔しに行った母は、念願叶って『六本木農園』でランチを食べたのでありますかわいい

s-六本木4.jpg

s-六本木5.jpg

六本木に藁が・・・・
s-六本木1.jpg

高層ビルが立ち並ぶ都心で、藁やナル、アシなどがオシャレなアートシンボルになっていますー(長音記号2)
s-六本木8.jpg

こんなところでミニ耕運機に会えるなんてグッド(上向き矢印)
s-六本木9.jpg

餅つきで使う杵もこんなふうに置くと立派なアート作品ではありませんかるんるん
s-六本木7.jpg

屋外にあるパオのようなドーム内は、お昼のパーティーにピッタリですねー(長音記号1)
s-六本木6.jpg

野外でお食事を楽しめるペア席や、ガラス張りの掘りゴタツ席もあり
様々なシーンに対応できる柔軟な設営になっています。

地下にもお席があり、こちらは高級バーのような雰囲気バー
s-六本木16.jpg

案内してくださった副支配人が優しくてハンサムなのが、オバサンには嬉しかったりしてわーい(嬉しい顔)

地下は全て土壁。根っこが描かれています。
s-六本木17.jpg

一階席のテーブルは石で出来ていて、それより下は、地面である土をイメージ。
土壁は淡路島が生んだ世界的な左官職人である久住氏の作品。
『農』というコンセプトを忠実に表現した店舗構造は、
本当に素晴らしいの一言に尽きます。

農家の娘や息子で作る農業実験レストラン『六本木農園』
2009年8月にグランドオープンしたレストラン。
『実家は農家だけれど、今は東京で働いていている』という農家の子どもたち≪こせがれ≫が
自分達の実家の食材の美味しさや、農業の大切さ、楽しさなどを
体験して語れる実験的レストラン『六本木農園』は、
六本木駅徒歩30秒という場所にある隠れ屋一軒家です。
全ての料理のプロディースをするシェフも農家の娘さんである管理栄養士。
食材も全国の農家から日々やってきます。


私たちは、シェフズプレートランチを注文。

食べる季節野菜のポタージュスープ
s-六本木11.jpg

具沢山でやさしい農家さんの気持ちが伝わってくるようなお味でした。

シェフズプレート「ある農園の風景」
s-六本木12.jpg

スローポーチドエッグのフライ以外は、全て野菜。
シェフのイメージで、野菜たちがこんなにもイキイキと喜んでいるよう見えるんですね手(チョキ)
茶色い粉は土をイメージ目
不思議だけれど懐かしいこの味は・・・何と味噌を乾燥したものなんだってexclamation

イチゴのジェラード〜ハーブが香るメレンゲ添え〜
s-六本木13.jpg

メレンゲに炭酸が入っていて口の中でプチプチと弾け、爽やか〜〜

農家さんの紹介も写真付きです。
s-六本木14.jpg

このレストランのイチオシは「農家ライブ」
s-六本木15.jpg

自慢の野菜を持って登場する農家さんとお客さんが料理を真ん中に
農業談義に花を咲かせるなんて、想像しただけでも楽しそうですよね。

淡路島には、自慢できる農家も食材もたっぷりあるんだから
このレストランの手法をヒントに淡路島版「農家ライブ」を実現したいものです晴れ

『六本木農園』HPはこちら↓↓
http://www.roppongi-nouen.jp/




posted by awajigurashi at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。