2012年02月02日

古民家で手前みそを作ったよ!

空き民家を改修した交流拠点「宙‐おおぞら‐」で、
先週の土・日曜日に合わせて16kgの味噌を作りました。

今回使用した大豆は北海道産の「とよまさり」
普通の大豆よりも糖質やタンパク質の含有率が高いので味噌作りに適しています。

前日から水に漬けておいた大豆を煮ます。
野外のかまどで、薪を燃やして大きなお鍋で3時間あまり。

オール電化が進む世の中では、かまどが珍しいんでしょうね。
s-みそ4.jpg

参加者からは「今度は火おこしのイベントをやってくれませんんか」なんて声も・・・

薪の燃える香りと大豆を煮る香りの両方が合わさって田舎風情たっぷりです。
s-みそ5.jpg

大豆を煮る間に、お昼ご飯の「ほうとう」を参加者と一緒に作りました。

手打ちうどんと同じように小麦粉をこねます。
s-みそ1.jpg

「ほうとう」は甲斐の国(山梨県)を中心とした地域で食べられている郷土料理。
小麦粉を練り、うどんのように切って野菜と一緒に味噌仕立ての汁で煮る。
うどんとの違いは塩を使わず、また生地は寝かさないのでコシが無い。
ゆでずにそのまま汁で煮込むので、とろみがついて、温まる。

ビニール袋に生地を入れて足で踏むんですよ!
s-みそ2.jpg

綿棒で伸ばす作業にも挑戦です。
s-みそ6.jpg

本格的な麺切り包丁も上手に使いました手(チョキ)
s-みそ7.jpg

だしも水に昆布といりこと焼きあごを入れた特製ブレンドでとりました。
s-みそ3.jpg

カボチャ、大根、人参、椎茸、シメジ、豚肉など具沢山な「ほうとう」の出来上がりー(長音記号2)
s-みそ8.jpg

ゆっくりと畳の部屋でお昼休みをした後は、手前みその本番です。

まず、地元の味噌屋さんで仕入れてきた米麹と塩を合わせます。
s-みそ10.jpg

味噌繰り機のハンドルを回すと、ミンチ状になった大豆がニュルニュルと…
s-みそ13a.jpg

子どもたちは順番にハンドルを回す子、大豆を入れる子と交替しながら仲良く作業。

塩糀とつぶした大豆をよく混ぜます。
s-みそ11.jpg

大豆の煮汁で固さを調節して、容器に詰めてラップをして出来上がり!
s-みそ12.jpg

カビ防止のため、容器にも味噌の表面にもアルコール(焼酎)を吹き付けます。
冷暗所で半年ほど保管すると「手前みそ」の出来上がりです。

お金さえ出せばスーパーで味噌がすぐ手に入る便利な世の中で
薪を燃やして大豆を煮るところから体験し、
お家でじっくりと味噌が発酵していく過程を家族揃って楽しむことで
同じ一杯の味噌汁でも格段の差が出るのではないでしょうかわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。