2012年01月15日

「アート」と「農業」で東北復興を目指します!

本日開催された【ここから村芸農祭】を見に行ってきました。
人材派遣大手パソナグループが淡路島内で推進する若者支援事業「ここから村」と
東北出身者でつくる「東北復興支援チーム」が協力してウエルネスパーク五色GOGOドームで開催。

ここから村 東北復興・淡路島ファームメンバー
s-ここから村1.jpg

このプロジェクトは、
東日本大災害で被災された方を対象に
農業を通じて被災地域での産業復興を担う人材の育成を目指す。
現在、岩手・宮城・福島の3県から16名が参加。
阪神淡路大震災で被災地となった淡路島で地元農家の指導・協力のもと
農業研修として農業やバイオマスエネルギーの技術・ノウハウを学んでいる。

この研修で耕作放棄地を開墾し、塩害などに強いヒマワリや菜の花などを栽培。
これらの種を食用油や燃料などに活用する技術を学び、
地産地消による地域資源の活性化を促し、
将来、被災地の産業復興に役立ててもらうことを目的としている。

このプロジェクトでは、
ひまわりや菜の花の種から油を絞り、食用油として活用したうえで
その廃油で車のディーゼル燃料を作る技術を学んでいる。


s-ここから村10.jpg

会場ではステージでの演目の他、野菜直売会などがあり賑わっていました。

s-ここから村9.jpg

パソナチャレンジファーム野菜直売コーナー
s-ここから村5.jpg

石けん作りコーナーでは子どもが参加
s-ここから村3.jpg

ペットボトルで風車を作るコーナーもあり、夢がありますよね!
s-ここから村2.jpg

もちろん「募金箱」は欠かせません・・・
s-ここから村4.jpg

売上の50%を応援金として寄付するポストカード販売。
s-ここから村7.jpg

農業と並行して芸術活動で活動するメンバーの作品展示の数々。
s-ここから村8.jpg

ステージでは、高田屋太鼓の披露や
ここから村アーティスト・パフォーマンス
(和太鼓、タップダンス、たまねぎ娘)
他、盛り上がったようですが・・・

私は体育館の寒さに負けてしまい、お気に入りの野菜をゲットして早々に退散バッド(下向き矢印)

「東北復興支援チーム」の元気いっぱいの女性メンバーと少し会話をし
その前向きな笑顔に明日を感じることができたひとときでしたー(長音記号2)

Q:あなたにとって東北ファームとは?
第一歩を踏み出す場所です。
淡路島で初めて会う人々と仲間になり、ここからなにか始まるんだなと思っています。


Q:この一年間での目標はなんですか?
環境保全の勉強をしたいと思っているので今はその準備期間と考えています。
農業の知識を蓄えて活かすことが目標です!


帰り道で、寒桜が咲いているのを見つけました!
s-ここから村11.jpg

寒い風を受けながらも、凛として可憐な花びらを開く・・・
彼女の眼差しと重なるものを感じました揺れるハート






posted by awajigurashi at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。