2011年11月20日

本場のトムヤムクンは最高の味!

先日NPO法人淡路市国際交流協会主催の「タイ料理講習会」に参加。
講師は、「移住者の声」で紹介している河尻チョンティチャーさんです。
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00024

2009年末にオープンしたタイカフェ「バイブア」は本場の味が手頃な値段で楽しめる場所として
口コミでリピーターが増えつつあるお店です。

その味を習えるということで、定員15名のところ10名以上もの落選者が出るほどの盛況ぶり。

いち早く申し込んだ私と友達は、難関突破したのであります手(チョキ)

講習台には、珍しい香味野菜や調味料が並んでいてワクワクドキドキ。
s-タイ料理1.jpg

各テーブルを講師が回り実践を交えて教えてくださいます(後ろはご主人・河尻學さん)
s-タイ料理2.jpg

とにかく普段の料理では使わない調味料の名前ばかで参加者は真剣そのもの。
s-タイ料理3.jpg

レモングラス、カー(タイの生姜)、バイマックルー(こぶミカンの葉)がスープの下地。
s-タイ料理5.jpg

本場の唐辛子は、本場の道具(河尻さんが持ち込み)ですり潰します。
s-タイ料理6.jpg

見事に出来上がったトムヤムクンは、これまで食べたことのない最高の美味しさ揺れるハート
s-タイ料理9.jpg

生春巻も作りました。巻き方がなかなか難しかったあせあせ(飛び散る汗)
s-タイ料理8.jpg

パット・タイ(タイ風焼きそば)は、卵の使い方にコツが要ります。
s-タイ料理4.jpg

塩・すり唐辛子・アーモンド粉を好みで付けて食べます。
s-タイ料理7.jpg

焼きそばのソースは、たっぷりのニンニクやタイの赤い玉葱、タマリンド、ナンプラーにココナッツ砂糖を使って、時間をかけて作り上げます。

お茶も本場の物…甘い香りと安らぎの味で調理の疲れが吹っ飛びましたグッド(上向き矢印)
s-タイ料理10.jpg

お店の名前のバイブアはタイ語で蓮の葉と言う意味なんだって。
食は、それぞれの国の文化なんだなぁ…と改めて実感したひとときだったのでありまするんるん

タイまで行かなくても本場の味が楽しめる私達は幸せでありますぞ!
家族を連れてお店に食べに行こうっとわーい(嬉しい顔)

タイカフェ「バイブア」
淡路市志筑新島10-3 アルクリオ1階(サティ内)
TEL:0799‐62‐6501


posted by awajigurashi at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。