2011年11月16日

今月の移住者の声は「バジルの青木」さん!

淡路島では、バジルの青木さん!と代名詞がつくほどの存在となりました。
移住から3年しか経っていないのに驚異的な活躍ぶりですよね。

バジルというよりは、ミントが似合う好青年でするんるん
s-【画像 青木】.jpg

淡路島奮闘記は、本文でたっぷりとご紹介しています↓↓
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00038

このブログでは、取材のこぼれ話などを少々・・・

この時期、バジルはもう終盤でハウスの中でも一筋だけが残っていました。
s-青木バジル4.jpg

この中だけが夏のようで、可愛い花が咲いています。
s-青木バジル1.jpg

もちろん、花が咲くとダメなんですけどねバッド(下向き矢印)
ハウス2棟で何と1トンものバジルを収穫するというから驚きexclamation

爽やかな外見からは、想像もつかない努力があってのことでしょう。
最初は、キャベツ・大根・かぶ・玉葱などのあらゆる作物を栽培してみて、
一番利益率が高いのがバジルだと判断する当たりは、さすが営業マン!

その上、鮮度が命のバジルをいかに効率よく無駄を少なく使い切るかということで
加工品作りにも挑戦し、バジルの可能性を追求しています。

スープ、ドレッシング、ペースト レシピまで考案しました手(チョキ)
s-青木バジル2.jpg

淡路島に来て、地域=土地に生きるということを感じるようになった。
土からできた物で人が繋がっていく・・・地域


現在は、地元の女性一人をパートさんとして雇っていますが
今後は、島内雇用者を増やしていきたい

何とも頼もしい農業経営者が、ここ淡路島に生まれようとしていますわーい(嬉しい顔)



posted by awajigurashi at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。