2011年10月15日

今月の「移住者の声」は雑貨屋「smicco」さんです!

取材に同行したのか、単なるおお買い物なのか…
というぐらいに歓喜と癒しの時間だったのでありますー(長音記号2)
「移住者の声」はこちらから ↓ ↓
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00037

本文では、紹介しきれなかった店内の様子をお届けしまするんるん

季節柄、ハロウイングッズが目を惹きます。
s-すみっこ10.jpg

骨董品として値打ちのある薬箱の中から可愛い雑貨が…
s-すみっこ11.jpg

アクセサリーコーナーでは、夢中でお気に入りを探してしまいます…
s-すみっこ6.jpg

私の大好きなピータラビットのスタンプがグッド(上向き矢印)
s-すみっこ8.jpg

オーナーのセンスの良さが光る布の数々…
s-すみっこ4.jpg

外国製の雑貨も所狭しと並んでいます。
s-すみっこ9.jpg

1930年代〜1970年代の古き良き時代のアメリカの香りがするホワイトのミルクガラスは
コーヒーを注いだときの透け感がピカイチでオシャレですぅぴかぴか(新しい)
s-すみっこ14.jpg


オーナーの由美子さんは、穏やかで愛くるしい笑顔が魅力的な女性。

「小さい頃から、とにかく雑貨が大好きで、雑貨に囲まれていると幸せだった」

幼き頃の感覚を活かされての第2の人生なんて素晴らしいですよねわーい(嬉しい顔)

お店の外には海を眺めるテラスもあります。
s-すみっこ15.jpg

毎日、海を見ながらの生活。このロケーションが移住の決め手となりましたハート
s-すみっこ17.jpg


そうそう、ご主人の桂二さんの事も紹介しなくっちゃあせあせ(飛び散る汗)

只今、農業研修中!手刈りの稲刈りだってバッチリです。
相原パパ2.jpg

気は優しくて力持ちって言葉がぴったりの男性。

研修先の農家さんからも絶対なる信頼をおかれています。
とにかく感が良いというか、良く気が利くというか、ホント頼りになる兄貴です揺れるハート

先日の大阪から小学生を受け入れた農業体験でも大活躍!
s-相原パパ稲刈り.jpg

「毎日、元気に充実した顔で帰ってくる夫をみると嬉しくなります」

これからも二人三脚で夢の実現に向けて頑張ってくださいかわいい







posted by awajigurashi at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。