2011年07月04日

今月の「移住者の声」は、NEIGHBORHOOD DINNING「TRICO」です!

毎月移住者へのインタビュー記事を「淡路暮らし総合相談窓口」ホームページの
「移住者の声」で紹介していますが、今月もまた素敵なお話ですよわーい(嬉しい顔)
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00034

本文で紹介しきれなかったこぼれ話とスナップをご覧くださいませ。

今、淡路島の若者の間ではすっかり評判の店となったNEIGHBORHOOD DINNING「TRICO」さん。
s-トリコ8.jpg

黒板に白墨で書かれた看板は、もちろん梨恵さんの手描きるんるん
s-トリコ10.jpg

お話をしていてもとっても愛くるしい笑顔で、オバサンでもトリコになってしまいました揺れるハート

人気アニメONEPIECEのフィギアもお店の飾りにするところがこれまたカワユイグッド(上向き矢印)
s-トリコ4.jpg

本場を知っているものこそのインテリアがオシャレー(長音記号2)
s-トリコ2.jpg


店主の米村幸起さんは、淡路島で福祉関係の仕事に就いていた時から、人との繋がりと食材の豊富さを気にっていたということで

「出店するなら、東浦と決めていた」

料理は本格的でも、お客さんとの関係は居酒屋の雰囲気を大切にしたいというお二人。
お客さんはもとより、近所のおじいちゃんやおばあちゃんとも家族的な付き合いをしているようです。

お店にする物件は、不動産屋を介して紹介されたが
「こんなとこで、店してもアカンぞ・・・」と言われ、逆に一発奮起exclamation

「そんなら、やってみたろやないか」

米村さんから見た淡路島の魅力は

素材の新鮮さが違うということ。

ロスや京都では意識して旬を演出しなければいけないが、淡路島はそのままが旬。

自然とうまく付き合えるのがベスト。


私たちは当たり前すぎて分からなくなっている淡路島のお宝はイッパイあるんですねかわいい

ホームページも素敵ですのでぜひご覧ください↓ ↓
http://gogo-trico.com/contents/index.html


posted by awajigurashi at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。