2011年06月17日

お久しぶりとはじめまして・・・

淡路市にある農家民宿「天空庵」さんを久しぶりに訪れました。
前回訪れたのは、昨年のこと。
確か、映画のロケハンがくるということで、撮影に合わせてお庭の様子が見違えるようになってて驚いたはず・・・

さて今回は、どんな変化があるかしら?と、
東京から移住してきた可愛い女性2人と一緒に出かけたのです。

途中の狭い山道には、相変わらずハラハラドキドキしながらの運転ですふらふら
しかし、都会からのお嬢さんたちは、素晴らしい山の景色にご満悦のご様子わーい(嬉しい顔)

駐車場からは、斜面を「ワー気持ちいい!」と楽しそうに歩いていきますよるんるん
s-天空庵1.jpg

一年経ってすっかりと落ち着いたお堀
s-天空庵2.jpg

メダカがたくさん泳いでいます。
都会の子どもさんたちが喜んで持って帰るそうですよグッド(上向き矢印)

撮影が行われた映画「「メモリーズコーナー」は
阪神・淡路大震災15周年の追悼作品として製作されたものです。

モニュメントである地震の断層をイメージした赤いドアが記念に飾られています。
s-天空庵6.jpg

このドアの色をめぐって、日本人監督とフランス人監督との間で大変もめたそうな・・・
オーナーの藤岡さんから、撮影時のエピソード等、色々と話していると時の経つのも忘れてしまい時計
鳥のさえずりしか聞こえてこないこの「天空庵」はやっぱり不思議な場所なんだと実感したりしてー(長音記号2)

畑では、夏野菜が植えられていています。
s-天空庵7.jpg

夏休みにお泊りに来たお子さんが楽しそうに収穫する姿を胸に描きながら「天空庵」を後にしました。

農家民宿「天空庵」
http://www.hm.h555.net/~hyogo-hurusato/news/tennkuuann1/tennkuuann.html


少し東浦の方向へ車を走らせて、はじめましての「岡本邸」を訪問しました。

淡路島美術大学・学長の岡本純一さんが借りた古民家
s-岡本4.jpg

改修は、自分たちで楽しみながらしているということです。

岡本さんの美術作品がメイン家具
s-岡本3.jpg

若き芸術家のリノベーションを応援するように佇む庭石と石燈
s-岡本2.jpg

「段々畑を耕して感覚的に農作業をするのはとても創造的な作業で、
いまのところ楽しい・・・です。」


「田舎暮らし」は楽しまなくっちゃねかわいい
s-岡本1.jpg

イベント情報でお知らせしている「島の蚤の市」で
岡本さんは、作品展示とワークショップを担当しますよ↓ ↓ ↓
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/event.php?eid=00023

岡本さんの古民家改修と芸術の毎日の様子はホームページで楽しく綴られています。
こちらも是非ご覧くださいひらめき
淡路島美術大学http://awajibidai.net/





posted by awajigurashi at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。