2011年06月15日

今月の移住者の声は「淡路島西洋野菜園」柴山ご夫妻です!

「移住者の声」のコーナーを本日更新しましたひらめき
どうぞご覧くださいませー(長音記号2)
http://www.kuniumi.or.jp/awajigurashi/ijyusya.php?eid=00033

インタビューには私も同行し素人カメラマンを務めましたダッシュ(走り出すさま)
本文では、紹介しきれなかった写真やコメントを綴りますね。

柴山さんの畑は、玉ねぎ産地で有名な三原平野にあります。
周りは、本格的に淡路特産の玉ねぎを栽培している農家さんの田んぼがずらりと広がっています。

そんな中にある柴山さんの玉ねぎはこんな感じあせあせ(飛び散る汗)
s-柴山9.jpg

慣行農業では、考えられない草だらけの中に植わっているではありませんかふらふら

「淡路島西洋野菜園」では、完全無農薬・無化学肥料で栽培しているのです。
しかし、これでは草に負けてしまうのでは・・・

心配無用exclamationこんなに大きくて綺麗な玉ねぎができましたグッド(上向き矢印)
s-柴山5.jpg


主に栽培しているのは西洋野菜で、直接レストランと取引をしているということで珍しい品種がイッパイあり、実家が農家の私にとっては興味津々目

ナスも通常のものではないものが4種類も植わっています。
葉っぱの感じが明らかに違いますね・・・

支柱は知り合いの方から頂いた材木で造られています!
s-柴山7.jpg

こちらは、ブラックキャベツ
s-柴山8.jpg

こんなキャベツは初めて見たし、食べたこともない・・・
生ではなく、火を通して食すんだってー(長音記号1)
そんなイタリアン食べてみたいですよねレストラン

アーティテョークもこんな赤い品種があるんです!
s-柴山11.jpg

キク科・チョウセンアザミ属だということも教わりました。
そういえば、葉っぱがアザミに似てるよね・・・
食べるのは蕾で、この蕾からアザミそっくりの花が咲くことも初めて知りました。
その上、多年草でうまく育てれば10年も咲き続けるとか・・・

見るもの聞くもの全てが、目新しくて楽しくて、すっかり西洋野菜に魅せられてしまいました。

その中でも、とびきりの体験が、フェンネルの花を食べさせてもらったことるんるん
口の中になんとも言えない甘くて爽やかな味が広がり、忘れられない味になりました揺れるハート

まるで柴山さんご夫妻のようかわいい
爽やかで、穏やかで、柔らかい物腰で・・・
新しいことに挑戦して大変だろうに毎日をお二人で楽しんでいらっしゃるわーい(嬉しい顔)

ご自宅のお庭にあるお手製のピザ窯
s-柴山4.jpg

食に携わっていたキャリアをお持ちの柴山さんは、ブログの中で様々なお料理も披露していますので
どうぞ、こちらもご覧ください↓↓↓
http://awajishima-seiyoyasaien.org/




posted by awajigurashi at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。