2011年06月06日

「淡路特産玉ねぎとキーマカレー」開催報告

淡路島では農繁期を迎え大忙し!
梅雨入りが例年より早く、兼業農家の多い淡路島では土・日は一家総出で農作業となります。

昨日は、薄曇りという絶好の農作業日和。
この春からパソナチャレンジファームの研修生となって淡路島に移住している若き女性2名様がイベントにご参加。

これまで農業の経験は無しというお二人に玉ねぎの収穫を体験していただきました。
植わっている玉ねぎは、昨年の11月に大阪の小学5年生が植え付け体験をしたもの。
まずは、学校へ送るためのコンテナ一箱分を収穫してもらいましたダッシュ(走り出すさま)

軍手と専用ハサミも持参でやる気満々グッド(上向き矢印)
s-キーマカレー1.jpg

大小様々な玉ねぎたちー(長音記号1)
s-キーマカレー5.jpg

昨年植えつけた小学生たちは、単純な作業にもかかわらず大喜びで、予定していた面積よりもたくさん植えてくれましたが、苗と苗の間隔を間違えて植えつけたものも少なからずありました。
その結果、感覚の狭いところでは、玉ねぎ同士がひっついてしまい大きくなれなかったのですバッド(下向き矢印)

お二人がお持ち帰りする分は、お好きな大きさの物を10個選んで収穫してもらいました手(チョキ)


玉ねぎの横では、ひまわりが咲いていましたるんるん
s-キーマカレー4.jpg

ここの笹田農園は、油用のひまわりを先駆けて栽培している農家さんなのです。
洲本市では、「菜の花エコプロジェクト」という地域資源を活用した循環型のまちづくりを実践しており、そのプラントを活用して次は、ひまわりでも同様の取り組みを始めているのです。

参加のお二人は、一年間の研修期間でもあり神戸出身なので自家用車を持っていません。
そのため、まだ淡路島の各方面へ出かける機会も少ないということなので、予定にはなかった「菜の花エコプロジェクト」の見学をしてもらうため、ウエルネスパーク五色へもご案内しましたー(長音記号2)


その後、都市農村交流拠点「宙-おおぞら-」でランチタイム。

メニューは、キーマカレーと堀り取ったばかりの玉ねぎを使ったサラダ
s-キーマカレー2.jpg

食後は、コーヒーと淡路島固有種ナルトオレンジの自家製マーマレードを使ったデザート
s-キーマカレー3.jpg


「宙-おおぞら-」もゆっくりと見学していただき、まったりとした 田舎じかん を満喫していただきましたわーい(嬉しい顔)

★参加者の声★
「玉ねぎの収穫体験は普段なかなかできる事ではないので、楽しかったです。
昼食の際に、とれたてのたまねぎをサラダにして下さったので、新鮮で美味しいたまねぎを味わえてよかったです。
私たち二人だけだったので、予定にないルートにも行って下さりありがとうございました。
おかげで勉強になりました。
また、正式オープンした際には来させていただきたいです。」


「キーマカレーととれたての玉ねぎサラダがすごくおいしかったです。
菜種油やひまわり油のエコなお話まで聞かせていただき、3時間があっというまでした。」


posted by awajigurashi at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。