2011年05月18日

「田舎へ行こう!」バスツアー受け入れのお手伝いをしました!

自然体験交流の旅を企画している観光会社さんのバスツアー客31名を受け入れた農業体験のお手伝いを15日(日)にしてきましたー(長音記号2)

内容は、淡路島特産の玉ねぎ収獲と淡路玉ねぎ&淡路牛のカレー、そして淡路島でしか栽培されていない幻のみかん“鳴門オレンジ”の収獲。

最高のお天気に恵まれ、バスを降りたお客様は、まず空気の良さにご満悦のご様子晴れ

今回収獲するのは、早生の品種で生食がおいしい玉ねぎです。約10アールの畑に植わっている中から
自分で好きな10個を選んで引き抜いてもらいました。

「玉ねぎは、熟すと立っていた葉が垂れてくるので、葉の寝ている物を取って下さいね!」

どの玉ねぎにするか、もう迷っちゃいますよねー(長音記号1)
s-Nツアー1.jpg

葉っぱと根は、ハサミで切ってお持ち帰りです。おじいちゃんに切ってもらおうねわーい(嬉しい顔)
s-Nツアー2.jpg

昼食は、30人分で約6kgもの玉葱を時間をかけて炒め、2日間じっくりと煮込んだスパイシーなカレーるんるん
s-Nツアー4.jpg

お代りが続出する美味しさでした。
s-Nツアー5.jpg


ゆっくりと休憩をとった後は、約10分ほど歩いてミカン山へ向かいます。
長閑な街中を抜けて、少し登り坂を上がっていく里山の風景で田舎の良さを満喫。
ミカン山の入口付近までくると甘酸っぱい良い香りが漂ってきました。

そう、鳴門オレンジの花は今が満開なのですぴかぴか(新しい)
s-Nツアー10.jpg

今年は柑橘類は裏年のため数が少なめ。
背の高い木の上の方に残っているナルトオレンジを高枝鋏を使って収穫していただきました。

初めて使う高枝鋏は、なかなか難しい。「首が痛くなるよ〜〜」
s-Nツアー9.jpg

切り落としてしまうとオレンジが傷つくので、挟んだまま下ろしてきます。
s-Nツアー7.jpg

狙いを定めてとった5個の鳴門オレンジは、淡路島だけで栽培されている現生種なので宝物ですよね。

帰り道では、畦で見つけた“ノビル”や“アザミ”を根っこがついたまま持ち帰る人も・・・
これこそ田舎本来のお土産で一番の収穫物だったりしてね揺れるハート


posted by awajigurashi at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。