2011年05月10日

今日は何の日?

さて、5月10日は、いったい何の日でしょう?
1週間前の5月3日は、「憲法記念日」でしたよね。
「みどりの日」も「こどもの日」も終わったしねぇ・・・

私達が勝手に決めているのですが・・・

“コットン(綿)の日”でーすexclamation
 ⇒ゴ⇒コッ  10⇒トウ⇒トン 

これは、昨年の秋に収穫した茶綿とアメリカ綿でコットン・ボール(綿実)と言います。
s-棉7.jpg

綿を栽培する場合、種を植え付ける時期は5月上旬が適期なのです。
だから、忘れないように覚えるため“コットン(綿)の日”としているのですわーい(嬉しい顔)


古民家の横に空き地があったので、ミニユンボで耕しました。
s-古民家畑.jpg

この場所は、畑ではなくただの空き地だったので堆肥もたっぷりと混入したけれど
もともとオニマサが主で、小石もゴロゴロと出てくるし・・・
はてさて、上手く栽培できるか、ちょっと心配ではありますが、レッツ・トライ!

茶綿・アメリカ綿をそれぞれ30p間隔で2粒づつ撒きました。
s-棉1.jpg

約1週間ほどで発芽するはず。発芽した後は、元気な方を1本だけ残します。
そうすると、茶綿・アメリカ綿がそれぞれに120〜130本できる予定。

私が綿の栽培を始めたのは、5年前。
確か丹波市を訪ねた時だったと思うのですが、資料館でコットンボールの展示があり、そのフワフワ感にすっかり魅せられてしまったのです。

だって、植物から“綿”ができるなんて、不思議だと思いません?

その上、花がとっても綺麗なのです。
最初は黄色の花が咲き、翌日に桃色に変わるという魔法のような花。

これまでの写真は、有りますが・・・ちょっともったいつけて・・・
8月頃には咲きますので、これからの栽培日誌をお楽しみにしていてくださ〜〜い!!


畑の上の空き地では、知人からもらった“アーモンド”の苗木がしっかり根付いたようグッド(上向き矢印)
s-棉2.jpg

連休に山野で見つけ移植した“ユキノシタ”も大丈夫そうるんるん
s-棉3.jpg

庭では、亡き家主さんが植えていたモミジとツツジが美しいぴかぴか(新しい)
s-棉4.jpg

雨の雫がついた薄ピンクのツツジ。
s-棉5.jpg

これまで約10年間、誰も住んでいなかったという古民家。
その間も、この花達は毎年咲き続けてきたのでしょうか・・・

これからは、私達が愛でていきますよ〜〜かわいい



posted by awajigurashi at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。