2011年05月03日

ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会の総会

兵庫県では、多自然地域(田舎・ふるさと)の魅力ある情報を、県内外の都市住民へ統一的・効果的に発信することを目的として、「ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会」を平成19年から設立しています。
http://support.hyogo-jkc.or.jp/inaka/

この「あわじ暮らし総合相談窓口」を運営している(財)淡路島くにうみ協会も準会員として参画しています。
今年度からは、総会を田舎暮らしを推進している先進地で開催し、見学もしようということになり、神河町に行って来ました。
http://www.town.kamikawa.hyogo.jp/forms/info/info.aspx?info_id=6222


淡路島からは、車で約2時間で行く事が出来ました。
総会前に、神河町役場近くの「こっとん亭」で昼食タイム。

水車で杵を持ち上げ、米をつく時に「こっとんこっとん」と鳴ることからついた名前。
s-総会2.jpg

麦とろ定食を食べましたよ。
s-総会1.jpg


総会では議案審議が終了した後、
「かみかわ田舎暮らし推進協議会」から取組紹介がありました。
s-総会3.jpg

その後は、お待ちかねの見学タイム。
神河町といえば、映画「ノルウェイの森」ロケ地として有名になった美しい町です。
―高原・名水・歴史にふれあうまち―

大河内高原のふもとにある「クラインガルデンカクレ畑」
s-総会4.jpg

さすがはロケ地になった場所。空気が澄み、河の水が美しい。
このクラインガルデンは人気で、週末には都会から野菜づくりに通ってくるということです。

田舎暮らし短期滞在施設「古家 ふくもと」
総会ふくもと.jpg

3日以上3週間未満の滞在が条件で、一泊4000円/棟・日
s-総会5.jpg

昨年の9月から講習会を兼ねて、ボランティアで再生した空き家。
s-総会6.jpg

杉板って美しいものですね・・・
s-総会7.jpg


海に囲まれた淡路島とは、まるっきり違う神河町。山の形や木種も随分と違います。
明石海峡大橋を渡って、島に帰ってくるとやはり自分の田舎が一番と思ってしまう私でしたわーい(嬉しい顔)


田舎暮らし臨時相談所の設置

兵庫県内の市町や団体等の職員が田舎の魅力、空き家等の情報や交流・体験イベント、地域の風習などについて情報発信するとともに、兵庫県内の田舎に住みたい人や農業を始めたい人の質問に答えます。
田舎暮らしをお考えの方や、少しでも興味のある方など、どなたでもお気軽にお立ち寄りください!
写真は昨年の様子です
CIMG0523a.jpg

日時:5月14日(土)10時〜16時 (雨天の場合は5月28日に延期予定)
場所:JR三ノ宮駅南円形広場
問合わせ:兵庫県都市政策課
     TEL:078-362-4324 FAX:078-362-9487 HP → 本
会場はこちら


posted by awajigurashi at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。