2011年04月30日

移住者のその後・・・〜パート3〜

今回ご紹介するのは、南あわじ市に移住し生産農家として頑張っている大崎さん。
ちょうど1年前にインタビューした時も、レタスの収穫時でしたね・・・

5年前に農業の適地である淡路島に“一目ぼれ”して移住してきた大崎さん。
しかし、農業経営は容易いものではなく、3年目でやっと安定して収獲できるようになったという
苦労話をお聞きしたのですが・・・


まず、お家を訪ねてみると
横の倉庫には、出荷を控えたレタスが山積みに!
s-大崎1.jpg

家の周りの田んぼを見渡し、大崎さんを探してみたところ、レタス畑で3人で収穫をしている姿が見える。
あれれ? 大崎さんは、夫婦2人で農業を営まれていたはずでしたが・・目
なんと、研修生を受け入れていたのですexclamation×2

s-大崎2.jpg

兵庫県農業会議からの紹介で、今年の4月から研修生が大崎農園に来ていたのです。
39歳の男性で神戸市須磨区から移住し、ご近所の紹介で古民家に住んでいるということです。

2009年にエコファーマーの認定を受け、秀品率が高い大崎農園。
現在全出荷数の半分以上を農協経由でイズミヤに出しています。
イズミヤでは、レタスを出荷したその日に店頭に出て、
「大崎直也」のレッテルが付いたコンテナのまま売り場に並ぶので
実際にレタスを食べる方々に大崎農園のレタスとして買ってもらえるということです。

そんな大崎さんは、県や市からも格段の信用を得ているのでしょうねパンチ
また、全国農業新聞、読売新聞、農業共済新聞と取材が後を絶たないようです。

突然の訪問にも関わらず、収穫作業を中断し、お家から記事が掲載された新聞を取ってきて、満面の笑顔で渡してくれました。

「次は、かの有名な“イカリスーパー”に名前入りで出荷するんですよ」

移住してきて1年目は、栽培に大失敗し、レタスと卵だけで暮したという毎日も、今では笑い話となるほどの成功ですねグッド(上向き矢印)

最近、ブログも開設したと話してくれる大崎さんの嬉しそうなお顔から、充実している“あわじ暮らし”が垣間見え、こちらも嬉しい家庭訪問となりましたわーい(嬉しい顔)

とびきり大きなレタスを貰っちゃいました!めちゃくちゃ美味しかったでするんるん
s-大崎3.jpg

ひらめき大崎さんのブログもぜひご覧ください↓↓

大崎農園の野菜たち
http://oosakinouenn.blog94.fc2.com/


posted by awajigurashi at 17:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前に南あわじ市農政連でお邪魔した者です、引き続いてお元気で御活躍の様子を拝見してうれしく思います。
 移住の成功体験は少ないと思いますが、今後ともご活躍を期待しております。
Posted by ikuo haraguchi at 2011年04月30日 20:53
新しくなったリーフレットを届けにわざわざ来ていただいて有難う御座いました。
大崎直也です。
風が強かったですが、収穫途中でしたので畑でお話しさせてもらいました。すいません(^_^;)
いつも楽しい記事を楽しみに拝見しています。最近記事がかわいくなってませんか?
Posted by 大崎直也 at 2011年05月01日 16:42
原口様
連休ボケで返事が遅くなりました<m(__)m>
淡路で暮したいという相談者は本当に多いんですよ。
その希望に応えるためにも、関係者の連携が必須です。
どうぞこれからもご協力を宜しくお願いします!
Posted by akamatsu at 2011年05月06日 09:49
大崎様
頂いたレタスは、本当に美味しかったです(=^・^=)
夫の親戚が南あわじの農家でいつも採れたてのレタスを
食べている我が家ですが、
「今まで食べた中で一番の味や!」
食べると大崎さんの誇らしげな笑顔が浮かんでくる品ですね♪
Posted by akamatsu at 2011年05月06日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。