2011年04月22日

移住者のその後・・・〜パート2〜

2009年に移住してきて間もない村河さんを訪ねた時は、確かまだ研修中だった・・・
定年後に“自給自足の生活”の夢を果たすべく「兵庫県農業会議」で研修し、淡路島の別荘地である晴海ヶ丘に新築し就農したのです。
ご近所さんは、多種多様なライフスタイルで永住組は2割程度。

今回は、オープンガーデン開催前でもあり、ハイカラなお家にカラフルな庭園がいっぱいで、淡路島の別天地のような景観。

オシャレな雑貨屋さんもオープンしていました。「すみっこさん」
s-すみっこ2.jpg

センスの良い商品がイッパイで、お値段もお手頃なのがうれしい!
s-すみっこ1.jpg

実は、この雑貨屋さんのご主人は、村河さんに影響されてこの春から地元農家に手伝いを兼ねて農業の勉強を始めています。
また、今後インタビューをしたいご夫婦です。お楽しみにるんるん


そんな別荘地の中で、村河邸には、農作業道具が積まれた軽トラックが存在感たっぷりに停まっています。
突然の訪問にもかかわらず、快く出迎えてくれました。

“村河流野菜アート”を前にこれからの夢を熱っぽく語ってくれます。
s-村河A.jpg


「単なるアートでもなく、単なる野菜販売でもなく、
自分で作った野菜の姿をありのままに見せるアートがあってもいいんじゃないかな・・・
そんな野菜アート展をこの海が見える家で開いて、みんなが集まれば楽しいだろうなぁなんて考えているんですよ」


自宅裏には、これまた素敵な“カッチンガーデン”が・・・
s-村河B.jpg

ミントが足元にいっぱい生えていて、歩くたびに踏みつけちゃう。
すると、爽やかな香りのシャワーを浴びてるような感じになるんですわーい(嬉しい顔)
木イチゴやローズマリーにユキノシタ、レンギョetc アスパラの苗までも・・・

「これはルッコラの花なんだけど、食べてごらん」
勧められるままに、恐る恐る口にすると・・・あま〜いグッド(上向き矢印)
私達の反応を楽しみ、いたずらっぽく笑う村河さんは、いつまでも好奇心旺盛で、ずうっと少年の心を持ったままのような人。


新しく借りた約10アールの圃場では、玉ねぎが立派に育っています。
s-村河D.jpg

2009年にインタビューした時に「自給自足分の野菜が作れたら、次の夢として地元の朝市に野菜を出荷したい」と言っていましたが・・・
有言実行exclamation×2
ファームパークイングランドの丘隣接の産直販売所「さんちゃん市」に今年から出荷。

“ムラカワカツノブ”と印字された野菜が誇らしげに並んでいましたよぴかぴか(新しい)
村河E.jpg

ひらめき
「人生の楽園」放映日決定
薫陶の郷管理人(南あわじ市在住) 池上さんご夫妻が出演します。
4月30日(土)18:00〜18:30 テレビ朝日系列全国24局ネット
見てくださいねTV


posted by awajigurashi at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。