2011年01月18日

自生の水仙が見ごろを迎えています!

淡路島では、真冬の水仙の群落美が素晴らしく、
日本水仙三大自生地の一つとして知られています。
島の南部に位置する標高608メートルの諭鶴羽山から
海に続く45度の急傾斜面の一帯、
約7ヘクタールにわたって500万本もの野生の水仙が咲き誇り、
毎年多くの観覧者に感動を与えています。
黒岩水仙郷に咲く花は、一重咲きの野生のニホンスイセンを中心に
わずかに八重咲きの花も混じり、
遊歩道に導かれて可憐な花の間を縫って歩けば、
まさに白のじゅうたんのうえを歩いている気分。
やわらかな香りがひと足早い春を運んでくれることでしょう。



例年であれば、12月中ごろから咲き始めるのですが、
今年は天候不順の影響なのか、今月になってやっと咲き始めたばかり。
それでも、3〜4部咲の頃を迎え、あま〜い香りが漂っています。

s-水仙スペシャル10.jpg

ここでは、梅の木も沿道に植えられていて、
こちらは他の地域よりもずっと早く咲出しています。
同じあま〜い香りでも、
水仙のきりっとした感じと白梅のふんわりとした感じが微妙に違う・・・
何ともいえない香りと美の饗宴をお楽しみください!

s-水仙スペシャル11.jpg

s-水仙スペシャル12.jpg


黒岩水仙郷
南あわじ市灘黒岩
開園期間:12月下旬〜2月下旬(開花状況により変動)
開園時間:午前9時〜午後5時
入場料:大人500円 小中学生300円
(団体割引:15名以上1割引き、100名以上2割引き)
問合せ先:TEL0799−56−0721・0720
http://www.city.minamiawaji.hyogo.jp/


posted by awajigurashi at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。