2011年01月11日

田舎の昔ながらの食文化『手作りみそをつくろう!』のご案内

国産大豆と淡路島の地元産糀(こうじ)を使って、
昔ながらの“みそくり機”で手作り味噌を作ります。


みそ作りイベント案内.jpg


昔は、淡路島の稲作農家では、田んぼの畦(あぜ)に大豆を播き、稲刈りが終わった後に収穫し、
各家庭で使うみそは、自前で作っていました。
一家に一台の“みそくり機”があり、私も幼いころには、手伝っていました。
稲刈りの終わった田んぼの中で、薪をくえて、豆を柔らかくなるまで茹で上げていた記憶があります。
今でも、秋になるとその何ともいえない甘い大豆の香りを思い出すから不思議です。
きっと“みそくり機”を回すと中からグニュグニュとでてくる様が面白くて、私にとって大好きなお手伝いだったからでしょう・・・

あなたも、昔ながらの“みそくり機”で我が家だけの味を作ってみませんか?
市販品とは比べ物にならない美味しさですよ!!


『手作りみそをつくろう!』
日 時:2月6日(日)13:30〜15:30
場 所:「緑市民センター」(南あわじ市広田広田1057−1)
参加費:1セット2kg 2500円

申込み・問合せ:FAX 0799−24−2300
        メール yumeno-kuni@hotmail.co.jp
主 催:NPO法人あわじFANクラブ
http://awajifan.web.fc2.com/

後 援:洲本市 洲本市教育委員会


posted by awajigurashi at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。