2010年12月09日

あわじ暮らし先輩さんがCATVに出演!!

淡路島観光情報発信番組
「いつ来ても新体験!淡路島」

30分番組で来年1月から兵庫県内CATV16局にて放送される撮影があり
淡路島に移住してこられて、
このブログでインタビュー記事をUPしていた2家族
久我ファミリーと関ファミリーが登場しました!!
恥ずかしながら私もチョコット出たようですがー(長音記号2)

まだ完成版を見ていない時点での速報です。
撮影風景にて臨場感を味わって下さいかわいい

今回のテーマは“淡路島は体験の宝庫”
伝道師は、クイーン淡路の土井のどかさんと
元フラワープリンセス兵庫の森田恵里奈さん。
(森田さんは、関さんの長女なんでするんるん

線香作り体験、乳搾り体験・子牛のミルクやり体験
素麺作り体験、淡路瓦粘土彫刻体験をしたようです。

久我ファミリーの出演は、安富白土瓦での彫刻体験でーすグッド(上向き矢印)
久我さんちのケンジ君は1年生なので学校から帰ったばっかり。
夕陽を浴びて意気揚々と到着です。

s-CATV5.jpg

イケメン俳優を目指す(冗談ですが)ケンジも最初は少々緊張気味あせあせ(飛び散る汗)
でも、創りだすと次々イメージが湧き出てきて
素晴らしい作品と最高の笑顔の仕上がりです手(チョキ)

s-CATV6.jpg

s-CATV7.jpg

s-CATV8.jpg

この体験では、屋根の最上部によく使う棟瓦も使い
世界にたったひとつの作品をつくりだします。
土と親しみ、土を見つめなおす1時間ほどの土遊びです。
近年では、モニュメントとして敷瓦や壁瓦、
またガーデニング素材、樹木の活力剤などとしても注目されていますね。

そして、ここではお食事も評判を呼んでいます。

s-CATV3.jpg

s-CATV4.jpg

s-CATV1.jpg

瓦を見事に使った店内で、
淡路島特産のゴールデンボアポークと淡路玉ねぎを
ナント瓦で焼いて食べるんですレストラン
安富白土瓦
http://www.awaji-taiken.com/


2日目の撮影は、関ファミリー訪問です。

s-CATV9.jpg

s-CATV10.jpg

今から27年前、サラリーマン生活からペンションオーナーへ転職。
長女の恵里奈さんが3才の時だったそうで、思い切りの良さに脱帽exclamation

s-CATV11.jpg

お二人の笑顔にこの27年間が象徴されているようですが・・・
淡路島に住んで良かったことは?
おとうさんは、
「サラリーマン生活では得ることのできない
充実した家族での楽しい生活や地域とのつながり」

おかあさんは、
「ご近所の地元の人たちと仲良くなることで
楽しいお付き合いの輪が広がり、色々な美味しい食材が届き
自分で作っていないのに自給自足の生活ができたこと」


一言で振り返ると楽しい言葉が並びますが、
この笑顔の裏には、きっと語り尽くせない努力があったことでしょうぴかぴか(新しい)
一緒に移住してきた友達は、途中で田舎暮らしが嫌になり都会へ帰って行ったとかたらーっ(汗)

おとうさんから、移住を考えている皆さんへのアドバイスは
「田舎暮らしには、自分自身の性格や地域に溶け込む努力が必要」

ペンション内は、すっかりクリスマスモード
s-CATV12.jpg

淡路島への移住をお考えの方は、一度お泊り下さいませハート
モーニングアイランド
http://p-morning.com/


『あわじ暮らし総合相談窓口』では
直接的に不動産斡旋や就職サポートはしておりませんが、
淡路島で実際に暮らすという目標を達成するために
側面支援として、あなたの田舎暮らしを応援していますわーい(嬉しい顔)


posted by awajigurashi at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。