2010年11月30日

「あわじ食農フェスタ」に参加しました!

パソナチャレンジファームメンバーが主催する農業体験に行ってきましたダッシュ(走り出すさま)
参加者は、約30名で私たち以外はすべて京阪神の若者たち。
今回のスペシャルゲストは(株)みやじ豚の宮治社長さんです。

この日は、さむ〜い一日でした。
だって、今日は洲本市厳島神社の弁天祭。
毎年淡路島では、この祭りの頃に不思議と寒くなるのですふらふら
ということで、集合場所では焚火が用意されていました。
「みなさま、おはようございます!」

s-パソナ1.jpg

新規就農を目指すメンバーの熱い思いを聞き、
心が暖かくなったところで
メンバー自慢の栽培農園を見学しました。

まずは、アスパラガス栽培。
以前に田舎暮らしインタービューに登場した塩道波美江さんのハウスです。

塩道さんの記事は こちら


(本日のナビゲーターは別な研修生でしたが・・・)
アスパラガスの赤い実を初めて見たので感動ですグッド(上向き矢印)

s-パソナ4.jpg

s-パソナ3.jpg

次は、森靖一さんのイチジク栽培。
日本種だけではなく、西洋種にチャレンジされています。
縦に並んで実をつけてるのって珍しいね目

s-パソナ5.jpg

s-パソナ6.jpg


見学だけでなく、体験もしましたよ!
まずは、珍しいライ麦の播種。
パラパラと種を播き、優しく土をかぶせます。
自分で撒くと、どんな芽が出るのか楽しみになるよねー(長音記号2)

s-パソナ7.jpg

農業体験のメインは“芋掘り”
淡路島でよく栽培されているのは鳴門金時ですが、
今回掘ったのは、種子島産が有名な安納芋。
皮の色が見慣れた紫ではなく、黄色っぽいのー(長音記号1)

s-パソナ8.jpg

「僕、こんなに大きいのを掘ったよ〜るんるん
s-パソナ9.jpg

自分が掘った一番大きな芋を手に持ってハイポーズカメラ
s-パソナ11.jpg



イッパイ働いた後は、お目当てのBBQレストラン

“みやじ豚”をブランドとして確立させた
(株)みやじ豚の社長である、宮治勇輔さん。

「一次産業を
かっこよくて
感動があって
稼げる
3K産業
にする」

そのために、有言実行中だパンチと熱く語られました。

s-パソナ14.jpg

自らが、“みやじ豚”をこだわりの焼き方で振る舞う。
s-パソナ15.jpg

お味はいかが?
s-パソナ16.jpg

パソナチャレンジファーム直送の野菜料理の数々

s-パソナ12.jpg

s-パソナ13.jpg

BBQ上級インストラクターの増田幸市さんが焼く野菜たち
s-パソナ18.jpg

炭の直火で丸焼き玉ねぎの出来上がり!
s-パソナ17.jpg


ベジフルでハートフルな一日に大満足わーい(嬉しい顔)

チャレンジファームメンバーの多くが
淡路島での独立を目指しています!
若者たちが淡路島を拠点に活躍でるよう応援してね
揺れるハート



パソナチャレンジファーム
http://www.pasonagroup.co.jp/pasona_o2/index.html
(株)みやじ豚
http://www.miyajibuta.com/
NPO法人農家のこせがれネットワーク
http://www.re-farm.jp/index.html


posted by awajigurashi at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。