2010年11月26日

楽しかったよ!「源流ハイキング&里山クラフト作り」

淡路島への移住を希望されている2家族と
島内の5家族が参加して源流の秋を満喫るんるん
鮎屋の滝からダムを超えて大城池(だいじょういけ)までは車で移動。
そこから源流にそって往復約5キロをハイキングダッシュ(走り出すさま)

s-源流ハイ1.jpg
s-源流ハイ8.jpg

この時期にしては、風もなく暖かい絶好のハイキング日和晴れ
なんと年齢構成は、6歳から81歳までだよー(長音記号2)

途中、お目当ての一つの『ムベ』が見つかると
高枝ばさみでゲットします!

s-源流ハイ2.jpg
s-源流ハイ3.jpg

アケビと違って実が裂けてないので手で半分に割ると
s-源流ハイ10.jpg

思いっきり大きな口を開けてほうばると「あま〜い」
s-源流ハイ11.jpg

大城池はいつもは満々と水を湛えているのに
底樋の改修のため、空っぽ!
源流も水量が少なく、川遊びができるのか不安を抱えながら進むあせあせ(飛び散る汗)

大丈夫!こんなに綺麗な源流が出現!!
s-源流ハイ6.jpg

「この辺りは、昼間でも鹿が出てくるんだよ!」なんて説明していた矢先に
川の中に無残な屍となった鹿がもうやだ〜(悲しい顔)

さらに、川原付近には衰弱した狸がく〜(落胆した顔)
s-源流ハイ4.jpg

自然の中で生きるという厳しさに思いを馳せながら
川原で沢蟹取り。

石をひっくり返すと隠れているよ!
s-源流ハイ5.jpg

20分ほどでこんなに捕まえたよ手(チョキ)
s-源流ハイ9.jpg

帰り道では、クラフトに使う野山の恵みを取りながら歩く。

子どもさんが、高枝ばさみに挑戦!〜見事にゲット〜
s-源流ハイ7.jpg



鮎屋の滝を愛でて、パワーをもらった後は里山クラフト。
材料がいっぱいで迷っちゃうよねわーい(嬉しい顔)

s-源流ハイ12.jpg

みんながクラフト作りに熱中している間に
秋の恵みのおやつが出来上がりましたグッド(上向き矢印)

ムベの種周りの果肉を食べた後の回り(胎座)と、滝の近くのモミジ
s-源流ハイ14.jpg

そしてメインはサワガニの素揚げ!
s-源流ハイ16.jpg

残酷なように見えますが、
日常の食生活において私たちはこのように他者の命を戴いているのです。

最初は嫌がっていた子ども達も「これが一番おいしい!!」
s-源流ハイ19.jpg

みんなで奪い合うように“ほんまもんの秋”を堪能しましたハートたち(複数ハート)
s-源流ハイ20.jpg



それぞれの家族の思い出の秋をクラフトに詰め込んだ作品たち。

s-源流ハイ15.jpg
s-源流ハイ22.jpg
s-源流ハイ23.jpg
s-源流ハイ21.jpg



posted by awajigurashi at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。