2010年08月05日

週末滞在の田舎暮らしも楽しいよ〜その5

今回は、島外から2家族の方が、お泊りで二つのイベントに参加し、淡路島で夏の田舎暮らしプチ体験をしましたよハートたち(複数ハート)

まず、7月31日(土)は、「手作り望遠鏡製作&星空観察」
口径4cm15倍の屈折望遠鏡の製作キットを組み立てます。
みんな無事完成グッド(上向き矢印)
また、望遠鏡の基本、選び方も学び、車で柏原山・山頂駐車場へ移動。
移動中、野生の鹿の群れ、イノシシ、イタチに出会いましたよ。
自然いっぱいの山のドライブを満喫して、標高約520mの駐車場に到着。
車のライトを消すと、真っ暗な景色にビックリモバQ
でも、残念ながらガスが覆っています曇り
あきらめきれずに空を見上げていると、ガスの切れ目から牛飼い座のアークチュルス、さそり座のアンタレスが見えます。
だめもとと30cm反射望遠鏡(可搬式としては最大級)をセット。
ガスの切れ目から顔を出したいくつかの星を皆さんに見ていただきました。
肉眼では、微かな光にしか見えない星が、この望遠鏡で見ると「ウワァー!きれいぴかぴか(新しい)
山頂に漂うガスが、何とも神秘的だし、その微妙な湿度でお肌もツルツルexclamation&question


一晩明けて早朝より、「夏野菜の収穫&手打ちうどん&イタリアン」で地元4家族と合流。
6月27日にみんなで手植えした稲が、こんなに元気に育っていますよ揺れるハート

s-水田DSCN1382.jpg

植えたのは3〜4本の苗だったのに・・「手植えした方が、良く分株するんだよね」と生産者が言った通りに、たくましく大きくなっています。

畑では、4月11日(日)にみんなで植えた夏野菜が、収穫時期を迎えています。
まずは、水ナスから採ってみましょうか・・ハサミで上手く切れるかな・・

s-ナス2DSCN1390.jpg

採れたよるんるん

s-ナスDSCN1389.jpg

お隣に植わっているのは、パプリカ。ピーマンそっくりなんだよね。緑色の物でもかじると甘いんだよ!
この緑が、赤や黄色に変わったら収穫できるんだよわーい(嬉しい顔)

s-パプリカDSCN1385.jpg

お次は、オクラの収穫。採りたてのネバネバが最高だね!

s-オクラDSCN1386.jpg

同じ畑で、綿栽培もしています。可愛い花が咲きだしていて、みんなを迎えてくれました揺れるハート

これは、アメリカコットンで白い実が弾けます。
s-綿黄DSCN1391.jpg

クリーム色で咲いた花が、翌日にはこんなピンクに変わるんだよ目
s-綿赤DSCN1392.jpg

こちらは、茶綿の花。オクラの花によく似てるよね!
s-茶綿DSCN1393.jpg


暑過ぎて、長居をしている場合ではないので、急いで、調理室に移動でーす。

国産小麦粉を使っての手打ちうどんに挑戦です!
親子で仲良く、コネコネしようねかわいい

s-うどん1DSCN1398.jpg

s-うどん3DSCN1401.jpg

ちょっと荒っぽいけど、ゴミ袋に入れて、足で踏みますよ!
この感触が、たまらないのよねー(長音記号1)

s-うどん4DSCN1402.jpg

よーくこねた後は、生地を30分程寝かせてから、麺棒で延ばしていきます。

s-うどん6DSCN1405.jpg

s-うどん12DSCN1414.jpg

切るのは、本格的に麺切り包丁を使っちゃいますよちっ(怒った顔)

s-うどん11DSCN1413.jpg

沸騰したお湯に入れて15分で茹で上げます。
麺生地を寝かしている間に作った“バーニャカウダ”カラフルで美味しそうだねー(長音記号2)

うどんバーニャカウダ.jpg

お味はいかが?

s-うどん14DSCN1422.jpg

〜イタリア ピエモンテ州を代表する郷土料理です。
オリーブオイルにアンチョビ、にんにくの香り豊かな温かいソースに、
新鮮野菜をつけていただきます。
ピエモンテ州では、一部の地域で秋になると、
その年の収穫を祝うイベントとして
「バーニャカウダ祭」が開催されます。〜


お土産には、畑で採れた夏野菜とたっぷりの自家栽培ニンニクをお持ち帰り頂きましたよ手(チョキ)



posted by awajigurashi at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。