2010年05月06日

里山公園「ぜんべいの里」がオープンしています

大阪湾を一望できる淡路市楠本に、ミカン山が自然と親しむ私設の里山公園と生まれ変わってオープンした場所があります。
情報を聞いて、新物食い(?)のスタッフが、さっそく訪れてみました。
里山に入っていく目印としては、国道28号線の大磯港付近に看板が設置されています。

s-ぜんべい0691.jpg

くねくねとした分かりにくい道ですが、要所ごとにこの看板が設置されていて迷うことなく到着できますが、途中の坂道で車の対向困難な場所が有り、要注意です。

s-ぜんべい入口0692.jpg

綺麗なアカメガシワとシバザクラがお出迎えしてくれましたよ。

s-ぜんべい入口花0694.jpg

s-ぜんべい受付0693.jpg

駐車場は案外と広く整備されていて、自家用車だと20台は可能でしょう。
園内には、約1.5キロの周遊コースが設けられていて、20分で散策できるそうですが、自然の常緑樹や山野草があるし、オーナーが12年間かけて約100種類600本もの木を植樹しているということなので、ゆっくりと眺めながら森林浴を楽しみました。


ザゼンソウが見つかり感激!
s-ぜんべいザゼンソウ0707.jpg

s-ぜんべい青花0708.jpg

s-ぜんべい白花0705.jpg

オーナーが植えた草木にはネームプレートが付いていて、名前が覚えられるのが嬉しいよね。

s-ぜんべいビバーナム0709.jpg

かわいいデザイインの「森のこどもの家」もオーナーの手作り。

s-ぜんべい子ども家0696.jpg

ビオトープにはメダカが泳いでいます。

s-ぜんべいビオトープ0697.jpg

見事なボタン桜の木があり、5月なのに花見を楽しめることができて得した気分♪

s-ぜんべい桜0698.jpg

散策道は、自然な中にも歩きやすく整備されています。モミジの木が多く、秋が楽しみですね。

s-ぜんべい散策道0701.jpg

「ツリーハウス」(高さ約3m)からは大阪湾が見渡せます。
この日は、春霞で空と海の区別がつかず・・・残念・・・

s-ぜんべいツリーハウス0702.jpg

家族連れも楽しいですが、「恋人のテラス」で愛を語るのも・・・ウフフ・・・

s-ぜんべい恋人テラス0700.jpg

アケビやムベの花もたくさん咲いていたので、秋には綺麗な紫色の実がいっぱいなることでしょう!
この写真は、ムベです。ムベの実って知っています? アケビは実が弾けますがムベは弾けません。
秋になって、違いを確かめてみるのも里山遊びの楽しみの一つですよね。

s-ぜんべいムベ0711.jpg


公立の公園のように整備が行き届いていない分、本来の里山が楽しめて自然の中でゆったりとした時間を過ごすことができますよ。



posted by awajigurashi at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。