2010年03月30日

「ノマド村」がオープンしました

数日降り続いた雨がやんだこの日、春の息吹を感じながら、私達は車である場所をめざしていました。
もうすぐ、山がピンク色になる。
それはそれは見事なものです。
私が、淡路に引っ越してきて間もない頃、どれだけその景色に励まされただろう。
助手席で、きゅんとなる・・暇もないほど、山道のカーブが続きます。
風景.jpg
「道、あってるよね?」
一本道なのに一瞬不安になりながら、「あわじ花の歳時記園(あじさい園)を越え、500mって書いてあるよ。」
そんな会話をしながら、たどり着いたのは、昨春閉校した、淡路市長澤の市立生穂第2小学校。
その校舎の一角に「ノマド村」が開村したという。
全景.jpg
淡路市で初の廃校再生事業「アーティストによるコーポラティブハウス及び国際文化交流の拠点としての施設利用」が実現。
わかり易く言うと、廃校になった校舎を改装し、カフェとショップ、ギャラリーを備えた交流施設がオープンしたのです。

ドイツとスイスで活動してきた写真家、映像作家 茂木綾子さんと夫のドイツ人映像作家 ヴェルナー・ペンツェルさんが小学生の娘2人と、友人のピアニスト 下村美佐さんらとともにスイスから淡路島に移住して来られたのは昨秋の事。
その後、島内外の職人さんの協力により出来上がった「カフェノマド」は、気軽にアーティストの作品や音楽に触れる事が出来、、食事も出来ます。
外観からは、ちょっと想像出来ないアートな世界が広がっていました。
カフェ入り口.jpg

玄関.jpg
靴をぬいで中に入ります。
丸い敷石踏んでいいのかな?
スリッパの履き心地もすごくいい。
靴を脱いだことで、開放的な気分になりました。

暖炉.jpg
暖炉の向こうはかわいい木のイスとテーブル。
小さいお客様専用ですね!
壁.jpg
これですね。地元の方々の協力で出来上がったという土壁。
雰囲気がでています。
アートな足.jpg
そしてこれ、見て下さい!テーブルの足が木になっています。
おもしろいアイデアですね。
キッチン.jpg
キッチンでは、ベッキー似の娘さんもお手伝いしていましたよ。
2年生なんですって。かわいい♪
日本の生活には慣れたかしら?
メニュー.jpg
こちら、本日のランチメニュー。
せっかくだから、両方注文しましたよ。
スパイシー.jpg
「スパイシートマトポーク」は、ポークの甘み引き立つ、家庭的な味。
シュぺッツレ.jpg
こちらは、「チキンときのこのクリームソース」
ライスではなく、シュペッツレというドイツのお料理、
小麦粉と卵でつくる茂木さん自信作!
さてさてお味は・・・
卵のほんのりやさしい味が、クリームソースとあいますね♪
電球アート.jpg
国際的文化の交流や芸術的作品に触れられる「村」が淡路島に出来たことは、かなりうれしい。
地域の発展にもつながるのではないでしょうか。
ノマド村独自のイベントの企画も、目が離せませんね。
ピアノ1.jpg
みなさんも是非、ノマド村に行ってみませんか?

ノマド村は金、土、日曜の昼12時〜20時までオープンしています。
お間違えなくお出かけくださいね。
by ふわりん


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


posted by awajigurashi at 09:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 淡路の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっごく素敵ですね。
廃校は淋しいけれど、こんな風に生まれ変わったら思い出の場所に訪れることもできるしいいですね。
地域発展、国際交流の拠点として期待できますね。
Posted by Yoko at 2010年04月03日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。