2009年12月23日

さんゆ〜館‏

ここ数日、ぐっと寒くなりました。
冬本番ですね。
「う〜、寒い。」と、知らず知らずに肩に力が入っていませんか?
ぎゅっと縮こまった体をじんわりほぐすには、やっぱり温泉だよね!
淡路島にはたくさん温泉があるんだから!と、
自宅から近く、安くて気軽に入れそうな三原温泉「さんゆ〜館」に出かけました。

洲本ICから車で15分、
国道28号線を福良方面に向かう途中に、「円行寺」(えんぎょうじ)という交差点があります。
そこを左折し、三原川沿いに真っ直ぐ行くと、左側に
「南あわじクア施設・さんゆ〜館」がありました。
さんゆ〜館.JPG
目の前には、こんな景色が広がり、特産の玉ねぎの植え付けが終わっています。
景色.JPG
立派な外観に期待が高まります。
さんゆ〜館・+2.JPG
館内は広く、飲食コーナーやリラックスルーム、ボディケアルームではマッサージが受けられます。
温泉とのダブル効果で疲労回復できますね!
バーデゾーンもあって、こちらも楽しそうですが、7・8月のみ営業だそうです。
お風呂は「おのころの湯」と「ゆづるはの湯」、奇数日と偶数日で男湯・女湯が変わり
2倍楽しめますね。

この日私は、「おのころの湯」に。
脱衣場は広々として、ロッカーも大きく、いちいち100円がいらないのが便利でした。

きちんと整えられた洗い場は、とても清潔感があります。
はやる気持ちを抑えて、まずはからだを洗います。マナーですね。

ふぅー。
ちょっと、とろりとしてなめらかな湯の感じがまさに、温泉です。
からだ中の血管がひろがる感じ(わかります?)がして、こんなにからだが冷えていたんだなと実感します。
ゆっくり入っていられる温度なので、肩までつかり、じわじわ温まります。充分温まってから露天風呂へ。

「おのころの湯」の露天には、檜風呂と岩風呂があり、和の趣き。
湯けむりと湯の音が非・日常感をかきたてて、リラックスモード全開!!
しかも誰もいない、貸切状態!!
はぁー。疲れがとれる〜、星空がきれい*:.。☆..。.(´∀`人)

んっ・・・くんくん・・・ん?ちょっとまって('.c_.` ;)
急に野生動物の臭いがするのは気のせいか??
いやいや、淡路島最高峰の輸鶴羽(ゆづるは)山をのぞむこの温泉だけに、
もしかして山から鹿や猪がやってきて、この露天風呂の竹垣の向こうにいるかも知れない。
突進してきたらどうしようヽ(゜Д゜;)ノ!!
・・・なわけないか(笑)

みなさんも是非、淡路島の大自然に囲まれた温泉で、
からだの芯から温まりませんか。
年末年始、お出かけの帰りに寄るのもいいですね!
31日から1月3日まで休まず、朝10時から24時まで営業しているそうです。
                                
by ふわりん


さんゆ〜館はここ!


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


posted by awajigurashi at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の施設 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。