\r\n\r\n\"にほんブログ村","mainEntityOfPage":{"@id":"http://awaji-gurashi.seesaa.net/article/131553542.html","@type":"WebPage"},"author":{"@type":"Person","name":"awajigurashi"},"headline":"あわじ暮らし、いかがですか?3〜ペンションモーニングアイランドを訪問〜","publisher":{"logo":{"height":60,"width":600,"url":"https://blog.seesaa.jp/img/amp/amp_ogp.png","@type":"ImageObject"},"name":"あなたのあわじ暮らしを応援します","@type":"Organization"},"dateModified":"2010-07-27T03:07:29+09:00","image":{"width":"240","url":"https://awaji-gurashi.up.seesaa.net/image/09-10-29_14-29.jpg","@type":"ImageObject","height":"320"},"datePublished":"2009-10-30T07:39:18+09:00","@context":"https://schema.org","@type":"BlogPosting"}

2009年10月30日

あわじ暮らし、いかがですか?3〜ペンションモーニングアイランドを訪問〜

今回は淡路市池ノ内の緑豊かな山あいにある、ペンション「モーニングアイランド」を訪問しました。オーナーの関治さん(60才)&美恵子(59才)さんご夫妻が「海の見える場所」として選んだのがこの場所です。
DSCF3817.JPG

DSCF3819.JPG

関さん夫妻が淡路島でペンションをオープンしたのは1983年。今年で26年になります。
お2人は西宮でそれぞれコンピューター会社のシステムエンジニア、保育園の保母さんをしていましたが、治さんが30才の時に岡山県牛窓のペンションを訪れたのがきっかけで「ペンション経営」を考え始めました。

毎晩遅くまでの会社勤め、「ボ〜っとしたり、自由に暮らしたい。」、「子どもと一緒にすごす時間が欲しい。」そんな思いを持った、治さん。当時読んだアルビントフラーの著書「第三の波」にも影響を受け、「これからはコンピューターの仕事なら田舎にいてもできるのでは・・・。」と考えたそうです。

とはいえ当時は子育て真っ最中。美恵子さんは大きなおなかを抱えての準備期間を経て、ペンションオープンにこぎつけたのが、3人目の子どもが生まれる4ヶ月前でした。
DSCF3822.JPG

DSCF3820.JPG

DSCF3823.JPG
「何とかなるわ」と治さんとがんばってきた美恵子さんは、3人の子育てを通して友人知人のネットワークを広げ、ボランティア活動など地元への貢献度はピカイチ。淡路各地に知り合いがいて、淡路出身かとよく聞かれるくらいです。明るく気さくな関一家は今では地元のみならず淡路島内でもかなりの有名人です。

「子育てしながらがんばってきたのがよかった。」と振り返るお2人。仕事が忙しくて学校行事などにも十分に参加できなかったけれど、親が働く姿を見せてきたのもよかったのかも、と今年生まれた初孫「敬斗くん」を抱いて笑顔を見せます。

敬斗くんのママ、長女の真美奈さんは進学で淡路を離れた後、「やっぱり淡路に住みたい」と淡路市で保育士さんになりました。ニ女の恵理奈さんもタレント業と主婦業の合間を縫って大好きな淡路へ度々帰省。動物関係の仕事をしている長男の拓真さんはペンションと同じもうすぐ26才。そのうち淡路に戻り犬、猫、ウサギやアヒル・・・動物いっぱいのペンションの後継者になりそうです。
P1010560.JPG
淡路に親戚ができ、家族が増えたことが嬉しい!(還暦のお祝い会)
09-10-29_14-29.jpg
美恵子さん手作りのシフォンケーキはFANクラブのイベントで習ったもの。
「ペンション」とは元々「年金」を意味し、引退した後に年金暮らしをしながら経営するのが本来のようです。還暦を迎え、そろそろそんなお年頃の関さんご夫妻。
若い時から田舎暮らしを始め、コンピューターの仕事をしながらのペンション経営。「二足のわらじ」のご苦労も語ってくれましたが、お二人が作り上げてきた現在の暮らしは多くの人に夢を与えることと確信して取材を終えました。


*おまけ
今回の取材先は我が家から歩いて5分。20年来のご近所さんで、取材に行かなくても書けるのではと思ったほどですが、改めてお2人の歴史を聞き文章に仕上げようとするとなぜかウルウル。こんなステキな家族が淡路に住み「淡路へのお客さま」をもてなす・・・とても嬉しく誇りにも思います。
by ぽんぽこ


モーニングアイランドの地図(地図の下の<詳しい地図で見る>をクリックするとお好きな縮尺でご覧になれます)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ


posted by awajigurashi at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。