2017年04月22日

森のおさんぽ会に参加してきました!!

こんにちはKeiです。
私は淡路島へ移住して4回目の春を迎えました
満開の桜もあっという間に散ってしまいましたね
皆さんはお花見へ行かれましたか。

今回は”森のおさんぽ会 はなまる”へ参加して来ましたのでそちらのレポートを案内します
皆さんは森のようちえんという取り組みをご存知でしょうか

森のようちえんとは自然の中で保育を行う活動や団体の事を言います。
四季折々移ろいゆく自然の中で、子どもが感性を研ぎ澄ませ、
自然と仲間と自分との関わりを学ぶことができる取り組みです💡

3歳に満たない娘はまだ”森のようちえん まんまる”の保育対象年齢でない為、
”森のおさんぽ会 はなまる”へ参加して来ました
この”森のおさんぽ会 はなまる”では子どもの目線になって、子どもが進む方向へ、
子どもの発見に寄り添いながら、森をゆっくりおさんぽしていきます
開催場所は淡路島マンモス。(淡路市)
森を案内してくれるのは「佐藤 明希」さんです。(ニックネーム:あじめちゃん)

17950032_1297620483668324_706876156_o.jpg
あじめちゃんは保育士として淡路島マンモス森のようちえん まんまるを主催しています
2015年4月に開園した森のようちえん まんまるは今年で3年目を迎えられました
森のようちえんまんまるでは、淡路島の大自然の中で心・身体・五感すべてを使って思いきり、遊びます。見たこと、感じたことありのままで、自分自身の気持ちを大事にさせてくれる。
そんな素敵な森のようちえん まんまるです
開催日:火・水・木曜日です。
その他詳しい詳細はこちらをご覧下さい⇒森のようちえん まんまる


今回の森のおさんぽ会は須磨方面から来られた2家族と私達の3家族での参加となりました。
娘が一番年下で、お兄ちゃん・お姉ちゃんと一緒に手を繋いでもらってのスタートです
始まって直ぐに娘が一番最初に動き出し、その方向へみんなが一緒について来てくれました。
途中立ち止まって、落ちてる石に夢中になる娘をみんなで見守ってくれました。普段だったら、
すぐに抱きかかえて、目的地へ向かいますが、この日は自由にさせてもらいました
17950103_1297615253668847_578060041_o.jpg
18015988_1297615447002161_870005829_o.jpg


森の中に進んで行くと、丸太で出来た橋があり、子ども達がドキドキしながら渡っていました。
みんなで「がんばれ~」「あともう少しだよ!」と言いながら見守りながら応援
渡りきった時はとっても嬉しそうでした
17968211_1297615683668804_420090783_o.jpg

次に進むと大きなすべり台を発見
大人も一緒に楽しんでいました
17950012_1297616040335435_913884772_o.jpg

お兄ちゃん達が竹を見つけました
竹の中を覗いて望遠鏡にしたり、「おーい!」と叫んでメガホンの様に遊んでいました
17950017_1297616190335420_1404585651_o.jpg17976691_1297616353668737_1752181511_o.jpg

あじめちゃんがクスサンの繭(まゆ)を見つけて見せてくれました
私には初めて見る物だったので、とても綺麗な繭でとても感動しました
歩いているとあじめちゃんがこれは「ウラジロ」だよと教えてくれました👀
ご存知の方もいらっしゃる方もおられるかもしれませんが、お正月に使うあの”ウラジロ”です。
たくさんありました来年のお正月はここへ頂きに来ようと思います
17976458_1297616643668708_161200308_o.jpg

しばらく歩くと広~いため池がありました。
17976657_1297616927002013_1458193594_o.jpg

自分達で見つけた長~い枝で、釣りを楽しんでいました
17968873_1297617880335251_1886911902_o.jpg

私は一本の木にぐるぐるに巻き付いた蔓を見つけたり、この日はとってもいいお天気だったので、木の下から太陽を見たりして、大人も楽しませてもらいました
17976118_1297617183668654_212542177_o.jpg

また保護者の方々にも森の中をゆっくり歩きながら、あじめちゃんが植物の説明、大自然の中での子育ての仕方等、色々と教えて下さいました私もなるほど!!と思いながら聞いていました。
17976668_1297618030335236_711675084_o.jpg

お兄ちゃん・お姉ちゃんは枝を見つけて電車ごっこをしていました
保護者の方がトンネルを作って列車がトンネルをくぐりますとっても楽しそうでした
18012956_1297618400335199_1468391319_o.jpg

また進んで歩いていくと、丸太で組んだ場所や伐採された竹がたくさんあったりする、
広い広場に辿り着きました✨
お兄ちゃん・お姉ちゃんは丸太で組まれた場所でパン屋さんごっこ。
お母さんは竹の上を歩いたり、娘はいい感じの枝を見つけたようでずっと遊んでいました
18015796_1297619583668414_318036209_o.jpg17976596_1297618693668503_2116262677_o.jpg17968279_1297618867001819_66360743_o.jpg

お昼ごはんはその近くで食べました
たくさん歩いて、遊んで、色んな発見をした後のみんなで食べるお弁当は美味しかったです18015850_1297620150335024_801633085_o.jpg18015900_1297620303668342_1431102092_o.jpg


最後に絵本の読み聞かせ(@さよならさんかく またきてしかくAくるりんこん)の絵本を読んで下さいました📖✨
18015604_1297620680334971_927120270_o.jpg

今回の森のおさんぽ会 はなまるに参加していかに自分がダメダメと言っているか分かりました。日頃「これはダメ~」「あれもダメ~」「~しなさい」等よく娘に言ってしまします
一方であじめちゃんは大らかにユーモアを混じえて子ども達を見守ってくれるのでとても安心感がありました
それもあじめちゃんが何が危険で、何が安全かと言うのをよく理解しているからだと思います
私も娘の事をもう少し自由にさせたり、見守る目を養いたいと思います
森のおさんぽ会 はなまるは毎月開催されていますよ
私もまた娘と一緒に参加したいと思います
17949962_1297621023668270_10911586_o.jpg


今回はこれで以上となります。最後まで読んで頂き有り難うございました。



・・・・・・・・・・・・・・・
子育てママブログライターKei

移住して4年目を迎えます。
家族3人、淡路島で子育てしながら
日々楽しく過ごしています
・・・・・・・・・・・・・・・

自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら
posted by awajigurashi at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

集まれ!若者!〜農業のビジネス化への仲間づくり〜

〜わたしたちと一緒にふるさとづくりをしませんか?〜

29年度兵庫県青少年本部の「ふるさとづくり青年隊」事業が始まります。

兵庫県下の各地域で行われる中、淡路島ではNPOあわじFANクラブが主催団体となりました!


自然豊かな淡路島へ他地域からの若者に来てもらい、農業体験、農産物の加工・調理、地元若手農家さんとの楽しい交流、話し合いをします。

そんな中で淡路島での農業の課題やビジネス化に向けてのアイディアを出し合います。

農業がビジネスとして成り立つ、カッコイイ職業となるための作戦を一緒に考えましょう!


●5月27日(土)〜28日(日)

南あわじ市 (有)淡路島希望食品2525ファーム

         http://2525farm.com/

 1)27日 13:00〜 若手農家・地域外青年との顔合わせ、ミーティング

 2)   14:00〜 玉ねぎの収穫作業

 3)   17:00〜 玉ねぎ等の調理実習・夕食交流・学習会

 4)28日  9:00〜 玉ねぎ、その他の農業研修

      12:00  終了解散


17918660_1438502552878157_31616964_n.jpg


17918602_1438502379544841_2065971644_n.jpg


●9月23日(土)〜24日(日)

 淡路市 (株)フレッシュグループ

        http://www.freshgroup.co.jp/

 5)23日 13:00〜 カラーにんじん収穫作業

 6)   17:00〜 にんじん等の調理実習・夕食交流・学習会

 7)24日  9:00〜 カラーにんじん、その他の農業研修

      12:00  終了解散


17974303_1438502166211529_1128274118_n.jpg




18009285_1438500746211671_806808785_n.jpg


 ●10月14日(土)〜15日(日)
 洲本市 (株)チューリップハウス農園
        http://buzip.net/hyogo/tulipfarm/
 8)14日 13:00〜 さつまいもの収穫
 9)   17:00〜 さつまいも等の調理実習・夕食交流・学習会
10)15日  9:00〜 さつまいも加工作業
      12:00  終了解散

18009309_1438502716211474_1991835392_n.jpg

 ●30年1月(予定)
 洲本市文化体育館(予定)
 11)淡路島の若手農家をパネラーとしたフォーラムの開催

参加・夕食・朝食・宿泊は無料!さらに交通費が支給されます。

若者にとってはとってもお得な事業です。

外国人学生にはホームステイの受け入れも可能です。

 但し参加は39才までの青少年に限ります。


プログラム

  5月・9月・10月は基本的に土曜日の午後集合〜日曜日の午前中で終了です。

  公共交通手段で参加の場合、会場までの送迎があります。

  基本的に全行程参加ですが、都合に合わせて部分参加もOKです。


☆申し込みは こちら から、<D第1希望:_@__  第2希望:____> と記入して申し込みをお願いします。


*この事業は、兵庫県青少年本部の「ふるさとづくり青年隊」の助成を受けて実施します。


問い合わせ

 NPO法人あわじFANクラブ

  洲本市中川原町中川原92番地1

  090-1144-9379(担当:徳梅)

  http://awaji-fan.com/

posted by awajigurashi at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

淡路島のうずしおクルーズ

こんにちは。Tです。
随分暖かくなってきて、行楽シーズンまで後少しといったところでしょうか。出かけるのが好きな私にはいい季節になって参りました。

さて、今回紹介するのは淡路島のうずしおクルーズです。
淡路島に移住後、その存在は知っていたものの、まだ乗ったことがなかった私。「友人が遊びに来た時の観光案内にちょうどいいなあ…」などと考えつつ、先延ばしにしておりました。
ところが今年は就航20周年という節目にあたるそうで、2月から3月にかけて期間限定で「淡路島民全員を無料招待」という大きなキャンペーンが行われたんです。
情報をキャッチした私、まだ移住3年目という若輩者ながら、しっかり島民面して参加して参りました(笑)。

時刻表と共に渦潮の期待度もホームページで公開されているので、出港時刻に合わせて淡路島南部にある福良港を目指します。

1.jpg

受付を済ませた後、出港までの時間を使って、まずは腹ごしらえすることにしました。
すぐそばに土産物屋さんと飲食店を兼ねたお店が並んでいて、今回はこちらのお店で海鮮丼を頂きました。

2.jpg

なんといっても福良ですから、海鮮を楽しまない訳にはいきません。
少し話がそれますが、もしお時間があればオススメしたいのがひらまつ食堂
福良方面に遊びにきて時間がある時、私はここの「おさかな定食」を頂くのが定番です。
実は移住前、私が淡路島に不動産を探しに来た時に、お世話になった不動産屋さんから教えてもらったお店でして、移住後もちょくちょく足を運んでいます。季節の魚を使った料理が抜群に美味いんですよ。

さて、船が入港してきました。

3.jpg

咸臨丸です。
「聞いたことがある…」と思った方は歴史好きですね、きっと(笑)。
明治維新前夜、勝海舟が太平洋を横断してアメリカに渡った"咸臨丸"を復元したクルーズ船で、レトロな外観ですが、風の気持ちいいオープンデッキ、冷暖房完備の客室、ゆったりくつろげる畳部屋など、快適な時間が過ごせます(定員なんと500名)。

定刻通り咸臨丸は出港。島外の観光客の方々に加えて、この日は多くの淡路島民も乗せ、ほぼ満員御礼となっていました。港の方が「いってらっしゃい」等と書かれた大きな手を振って、お見送りしてくれます。

4.jpg

お見送りしてくれるのは人間だけではありません。観光客が餌をくれるのを期待して、びっくりするくらい大勢のカモメがついてくるんです。

5.jpg

6.jpg

平家物語に出てくる煙島などを見ながら船はどんどん進み、右手に大鳴門橋が見えてきました。

7.jpg

淡路島と四国はこの大鳴門橋で結ばれています。
淡路島は南側はこの大鳴門橋を通して四国と、北側は明石海峡大橋を通して本州とつながっていて、現役世代の私にとっては実にユニークな島です。というか、この環境がなければ、私は淡路島への移住という決断はできなかったと思います。

そして、この大鳴門橋がかかっている箇所がまさに渦潮が発生する鳴門海峡です。
船が橋の下に向かってさらに進むと、海の景色が一変しました。
穏やかな海の一部分だけなんだか川のようになっていて、瀬戸内海から太平洋側に向けて激しく海水が流れているではないですか。そして、所々で渦が巻いています!

8.jpg

川のように見えたのは、時速20kmを超える日本一速い潮の流れで、渦潮発生の原因と考えられています。そして、この速い潮を作り出しているのは、太平洋と瀬戸内海の間に横たわる淡路島の位置そのもの。クルーズ船でそういった仕組みを解説するビデオが流れているので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

いや、正直ナメてましたね(笑)。
大鳴門橋を車で渡る時に「あー渦巻いてるなー」程度に見たことはこれまでもあったんですよ。が、クルーズで見ると、目の前で渦だけでなく潮の流れも感じられて全くの別物でした。
これは一見の価値ありだと思います。

渦潮、鳴門大橋、そして淡路島がきれいに見えたので、そちらも写真に収めてみました。

9.jpg

うずしおクルーズ、今回が初体験でしたが、期待していた以上に面白かったです。
最後に、私が移住後この福良周辺でよく足を運ぶスポットを紹介しておこうと思います。

まずは、福良マルシェ。

10.jpg

産直市場なんですが、福良港という場所柄、海鮮も充実していてその場で食べることもできます。生鮮食品だけでなく加工品等のお土産物もありますし、私は福良方面に来たら必ずここに寄って何か掘り出し物を探してから帰ります。

もう一つが「Fortune」というシフォンケーキ屋さん

11.jpg

ここのシフォンケーキ、美味しいんですよ。
これも必ずお土産に買って帰って、我が家で楽しんでいます。

うずしおクルーズ、春にお出かけを予定されている方は、候補の一つとして検討してみてはいかがでしょうか?
ちなみに、4/9までとなりますが、今度は全国の小学生を無料招待というキャンペーンも行われるようです。
鳴門海峡のうずしおは世界遺産登録も目指しているようですし、未来の世界遺産をじっくり見るチャンスとなるかもしれません(笑)。


・・・・・・・・・・・・・・
by T

東京から淡路島に移住してきました。
移住者の私の目から見た淡路島を紹介させて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・

自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら

posted by awajigurashi at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

『洲本市で田舎暮らし』バスツアー開催報告

こんちは! 島のおばちゃんライターYokoです。

淡路島は春を迎えて観光シーズン到来。
休日は車の数が増え、街中では島外の人だろうなぁって思われる人が歩く姿も見られます。
そんな中、もちろん移住を考える方も下見にいらしていますよ。

今回は、3月11日に開催された『洲本市田舎暮らし』バスツアーの報告をしますね。
これは洲本市の定住促進団体である「マチトイナカ交流推進協議会」の主催です。
この会には、市職員・地域おこし協力隊・地域住民・地域NPOが参画しています。
東京まで出向き相談会なども行っているんですよ。
その時の様子は こちら

バスツアーには、阪神間から2歳〜81歳の18名がご参加下さいました。
最初のプログラムは、移住者の窯元『樂久登窯』で相談会&先輩移住者トーク。

s-バスツアー15.jpg

バスツアーのテーマは゛就農゛と゛子育て゛です。
移住して10年になる農家の土屋さんに、農業と田舎暮らしについて語っていただきました。

s-バスツアー12.jpg

・北海道から移住したので、田舎暮らしに対する不安は無かったし不便と感じた事も無い。
・最初は県営住宅に住み、地元の方の紹介で古民家へ。
・゛郷に入っては郷に従え゛が大事である。
・農業の知識ゼロからのスタート。今では洲本市農業青年会議の会長を務めている。
・田舎暮らしを考えるなら思い切って飛び込んでみて!そして、その地に沿うように生きる。

移住して2年の山下さんは子育て真っ最中。
ママさん目線で田舎について語ってくださいました。

s-バスツアー11.jpg

・移住する前は人間関係が不安だったが、夫が先に赴任していたので少し助かった。
・現在は地元に溶け込む事ができて楽しく暮らしている。
・思ったより物価が高かった。→ 今では地域の人と物々交換をしている。
・電車が無くバスも限られているので、車は大人の数だけ台数が必要。


穏やかな日差しの下、和やかな雰囲気で相談会をした後は、゛いちご゛ですぞ〜
移住者が経営する『山城農園』は、淡路島でも数少ない食べ放題のいちご狩りができるスポットなのです。
オーナーの山城さんに、いちご農家について熱く語っていただきました。

s-バスツアー10.jpg

・この洲本市五色町鮎原という地域は、早春でも朝方に霜が降りるほどの寒暖差があり、いちご栽培に適している。
・食べ物で四季を感じる幸せにサラリーマン時代のストレスが解消された。
・自然豊かで子育てには適地。子どもは夕方まで外で遊んでいる。
・地域で子どもに対しての見守り体制が自然に存在している。
・移住に関しては家族の同意が不可欠なので良く話し合うことが大事。
・特に農業で独立するには初期投資が必要なので相当な覚悟が必要である。

では、鮎原地域の名産とも言える゛いちご゛の食べ放題はじめーー!!

s-バスツアー6.jpg


s-バスツアー16.jpg

農業希望の参加者さんが、美味しいいちごを食べながら熱心に生産者に質問していたのが印象的でした。


完熟の柔らかくてとっても甘い実をお腹いっぱい食べた後は、住まいの見学です!
まずは、「上堺定住促進住宅」の内覧。

s-バスツアー5.jpg

こちらは移住希望の子育て世代向け定住促進住宅で、小学生以下のお子さんがいらっしゃる洲本市以外在住のご家庭が対象です。
新築2LDKで家賃が11,000円ということで、第一次募集での入居者が既に暮らしています。
現時点で1室だけ空いておりますが、2次募集時期は未定だそうです。

次は「若葉台分譲地」を散策し、田舎暮らしを体感してみました。

s-バスツアー4.jpg

綺麗な町並みで、周辺には田園風景が広がる豊かな自然環境の中にあります。
大勢でゾロゾロ歩いたため、住んでいらっしゃる方が何事かと思い、庭先に出てこられました。
厚かましくも暮らしぶりをお聞きすると・・・
「満足していますよ〜ここはとっても良い所です!」

最後は、洲本市空き家バンクに掲載されている中古一軒家(売買物件)。

s-バスツアー1.jpg


海水浴場が近くにあり、部屋やお庭から海が見える物件。
夕陽を眺めながらのバーベキューなんて素敵でしょうね〜

お天気に恵まれ、一足早い洲本市五色町の春を満喫したバスツアー。
それぞれの思いや質問にお答えする時間もたっぷりとった今回の企画。
淡路島(洲本市)へのご縁がつながることを願いつつお別れとなりました。

最後に先輩移住者からのメッセージを掲載しますね!

「瀬戸内海で住むのが夢だったので、西海岸は大好き!
 とにかく景色が素晴らしい〜〜」

「人が温かい、中心市街地に行けば何でも揃う。
 ぜひ洲本市で暮らしてみませんか?!」

・・・・・・・・・・・・・・・
島のおばちゃんライターYoko

短大・就職を経て淡路島へUターンし結婚。
子どもたちも独立し、夫と愛猫との穏やかな日々。
都会へのアクセスの良さが嬉しい
・・・・・・・・・・・・・・・

自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら

posted by awajigurashi at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

子育て支援センターお別れ会&移住者仲間と味噌味見会

こんにちはKeiです
朝晩はまだ冷えますが日中は過ごしやすくなってきましたね
私の住んでいる(洲本市五色町)周辺は桜が咲き始めています

今月はたくさんの行事や集まりがあり充実した日々を過ごしています✨
皆さんにお伝えいしたい事がたくさんありますが、今回は「親子ふれあい行事のお別れ会」
「移住者の仲間達との味噌つくりの味見会」2つの催しをレポート致します

1つ目の催しは先日、五色ふれあい子育てセンターの「親子ふれあい行事のお別れ会」に参加してきましたこちらは今年の取り組みの締めくくりとして行われました。

五色町役場3階ホールでの会場のセッティングがとても可愛くて素晴らしかったです。

17431639_1262566547173718_1056574626_o.jpg
17407944_1262566343840405_1605448015_o.jpg

藤井先生、岩熊先生、子育て学習サポーターの方々、役員の方々で準備して下さいました

お別れ会の内容も盛り沢山でしたよ✨
おはなし隊の方による人形劇「うさぎとカメと金太郎」「ぐりとぐらの遠足」等があったり、アンパンマンのきぐるみも登場しました

17431693_1262566123840427_1747950425_o.jpg

これには特にドレミくらぶ・カンガルーの会(2歳児・3歳児)の子ども達が大興奮でした
まだ1歳児の娘にはアンパンマンを分かっていないようでしたが、音楽のリズムに合わせてとっても楽しそうに踊っていました
そしてアンパンマンと写真を撮ってもらいました

17431603_1262566400507066_1220518250_o.jpg

その後は思い出の映像が放映され、これを見て私は一人号泣してしまいました
子育てセンターに参加した子ども達、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの1年間の成長、思い出が詰まった写真を映像にまとめて作成して下さいました。1年間の成長を振り返り、ここ、子育て支援センターの場があって本当に良かったと思います
娘にも友達が増え、私にもママ友がたくさん出来ました
次に終了証書プレゼントです
先生方、サポーターママの方々のお手製で素敵な終了証書を作って下さいました
約120名が登録している子ども達の分を一つ一つ丁寧に仕上げてくれました。
これは娘や私たち夫婦にとっても宝物になりますね

最後に藤井先生、岩熊先生と一緒に写真を撮って頂きました。

17431724_1262566553840384_1345789855_o.jpg

いつも笑顔で迎えて下さり、娘だけでなく、私の心の癒やしの場にもなりました。
近くにママ友が少ない私にとっては子育て支援センターが心強かったです
有難うございました

来年度からは少し参加する機会が少なくなりますが、また遊びに行きたいと思います


2つ目の催しのレポートは、「移住者の仲間達と味噌つくりの味見会」です
昨年、仲間同士で作った味噌の味見をしました。
しかし、昨年私は出産の為、里帰りをしていたので味噌作りは出来ていませんが、嬉しい事にお声をかけてもらって、参加してきました
17431680_1262566560507050_931488890_o.jpg

このお味噌の塩は、自凝雫塩(おのころしずくしお)という五色浜の海水を汲んで釜で炊き上げられたものです。地元のものを使った味噌つくりっていいですよね
実際に試食してみると、ほとんど同じ材料・分量で作ったはずなのに、ひとつひとつの味噌の味が違っていて、でもどのお味噌も美味しかったです面白いですね
17431731_1262566233840416_182318800_o.jpg

れぞれの味が違う理由として考えられる事は、保存容器、温度、環境で全く変わってくるそうです
または最後の表面に塩の代わりに酒粕にしたり、蓋(もしくはラップ)をするしない等、みんなそれぞれ作り方が違っていて、そんなみんなのこだわりのお話を聞ける私はとても貴重な時間でした💕

17431026_1262566523840387_982006591_o.jpg

味見の仕方はそれぞれが持ち寄った味噌をお湯へ溶かして飲んだり、野菜やクラッカーにのせて頂きました
今年も作る機会が出来なかったので、来年は私も初味噌つくりにチャレンジしたいと思います

以上、最後まで読んで頂き有難うございました

・・・・・・・・・・・・・・・
子育てママブログライターKei

移住して4年目を迎えます。
家族3人、淡路島で子育てしながら
日々楽しく過ごしています
・・・・・・・・・・・・・・・

自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら


posted by awajigurashi at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

I・Uターン者のお店『和風カフェ 菓のん』オープン!!

南あわじ市の豊かな田園風景の中にある『和風カフェ 菓のん』

場所は南あわじ市神代地頭方955-1にあります。

2017-03-03 16.40.35.jpg

平成27年11月28日にオープン。

以来地元の方のみならず、遠くからも訪れている方が多い菓のん。

風に揺れるのれんをくぐってお店の中に入ると親子でお店を

営んでいます。

2017-03-03 15.22.14.jpg

お母様は地元出身。ご家族で大阪に住んでいましたが、このたび

お子さんが主になってお店をするということで、地元淡路島にいる

ご両親の近くでお店をすることにしたそうです。

和菓子はお子さんが、そしてパン関係はお母様が担当されています。

そうお母様はUターン、お子さんはIターン。そして起業されています。

かなり淡路島にとってはうれしいお店です。

2017-03-03 15.21.39.jpg

とっても温かいお二人の作るお菓子などが、所狭しと並んでいます。

どれを買おうか、入ってすぐから悩んでしまうくらいです。

2017-03-03 16.09.03.jpg


「お店の自慢のお菓子は?」と伺ったところ

「菓のん焼き」とのこと。店の名前がついてますね。

こだわりは「淡路島産の米粉、もち米を使用して、安心、安全、健康

をテーマに、あっさりとした味わいに仕上げている」とのこと。

しかも一つ一つ手作り。

本当に体にやさしいものを考えられていますね。

2017-03-03 15.23.04.jpg


店内の窓から外が見れるカウンター形式のテーブル席。

2017-03-03 15.29.59.jpg

少し入ったところにテラス席。

冬でもあったかく感じるくらいの良いお天気でした。

さあて、何をいただこうかな?

2017-03-03 15.40.59.jpg


甘いのがあんまり得意じゃないという方は、「みたらし団子」

とコーヒー。

2017-03-03 15.44.50.jpg

甘い物好きな方は、お餅のワッフル「モッフル」を。

抹茶とあんこが最高!!

2017-03-03 15.47.59.jpg

私は「いちごクロッフル」をいただきました。

アイスとクリーム、甘党にとっては至福のひと時でした。

どれもよく考えられていて、ついつい無口になって食べてしまいました。

2017-03-03 15.22.51.jpg


さあて、帰りのお土産はどれがいいかしら?

季節感いっぱいの和菓子がいっぱい。

とっても温かい感じのお店「菓のん」

ぜひちょっと立ち寄ってみてください。

リピーターになること間違いなしですよ。

また、お食事もできますよ。

ここにもこだわりがあって、そうめんは「御陵糸」を使っているそうです。
ぜひ、淡路島のそうめんもいただいてみてください。

淡路島のこだわり食材をこのお店で食べてみてください。

もっと淡路島が好きになるかもしれませんよ!!

                       淡路ちゃんでした。

===================================
和風カフェ  菓のん
〒656-0458 南あわじ市神代地頭方955-1
пEfax 0799-20-5048


自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら


posted by awajigurashi at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

「蜜玉」生産絶好調!

ども!あわじ暮らし総合相談窓口相談員の小松です。
移住相談にお見えになる方々の少なからぬ割合に、「農業をしたい」という人がおられます。
でも、その夢をかなえられる人の割合は、想像以上に少ないのが現実なのです。
農地法などの法的な縛りをご理解いただいていない方、水利権など地域独特の縛りがあること、そしてなにより代々続いてきた農家の跡取りでも、兼業農家でしか農地を維持できていない厳しい現実、これらをしっかり直視して移住・就農のビジョンを描いていただきたいなと思います。

そんな淡路島に、まったく農業経験もないのに淡路島に移住し、新規就農を果たし、そればかりか農業生産法人(有限会社)を立ち上げ、新規就農者を雇用している「と!(とんでも)」会社・2525ファーム。
社長の迫田君が新規就農された時から、私たちは心配しながら彼の営農を見守ってきました。

でも私たちの心配は取り越し苦労だったと正直思っています。しっかりと営農計画を立てながら、収支計画、労働配分にも配慮しながら、経営的に軌道に乗せつつあります。
そんな2525ファームさんと、29年度の事業について打ち合わせをさせていただくため、お伺いさせていただきました。

IMGP4944a.jpg

「地域の農地面積、農業経営の現状、そして5年、10年先の後継者の確保状況などがわからなければ、地域の農業を担う覚悟があっても、採用計画・経営計画が立てられない」「農地は借用できても、農機や資材、そして調製に必要な倉庫が確保できなければ、営農はできない」等々、現場の切実なお話を聞かせていただきました。

「事業として」農業を展開していく、淡路島の農業を維持するため、新規就農者=後継者を確保していく、玉ねぎ・レタスなどの確立された産地を維持するための手立てを講じていく、そんな思いをお聞きしながら、やはり淡路島の農業を維持・発展させていくためには、新たな経営感覚を持った農業者の存在が必須条件なんだなと痛感しました。

29年度、迫田君たちと同様の思いを持った新規就農・農業法人立ち上げ・そして地域外からの新規就農者の正規雇用を成し遂げているグループとともに、淡路島の明日の農業のあり様を考える仕掛けを試みたいなと意見が一致しました。

そう遠くない時期に、プロジェクトの内容についてお知らせできるかと思います。ぜひ、ご協力をお願いします。

2525ファームの皆さんが精魂込めて作っておられる玉ねぎ=蜜玉=今は超極早生のセンチュリーの収穫が行われています。
超極早生とは思えないほどの大きく育った玉ねぎばかりです。
今日頂いたセンチュリー、むっちゃ甘くって美味しかったですよ!

IMGP4949a.jpg

収穫した超極早生玉ねぎも、1~2日乾燥させて水分量を調整して、よりおいしく、そして少しでも日持ちがするように手をかけてくれています。

IMGP4934a.jpg

そして、昨秋玉ねぎオーナー制で定植をしていただいた玉ねぎ。しっかりと育っていました。

IMGP4946a.jpg

『雨が少なくって育ちが遅いんですよ』と仰っていますが、今の時期でここまで育っておれば、しっかりした「淡路玉ねぎ」として収穫していただけると思いますよ!

・・・・・・・・・・・・・・
あわじ暮らし総合相談窓口
相談員 小松 茂

「移住すること」が目的ではなく、
「移住してどんな暮らしをするか」こそが
大切だと思っています。
そんな視点で、あなたの移住相談に
日々真剣に対応させていただいています。
・・・・・・・・・・・・・・


自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら
posted by awajigurashi at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路に移り住んだ人たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月04日

淡路島七福神霊場の総本山:八浄寺と大黒天

少し前の話になりますが、八浄寺というお寺に行ってきました。

皆さまは淡路島七福神めぐりって聞いたことありますか?
以前このブログでも書かせて頂きましたが、はるか遠い昔、日本神話に登場する2人の神様(イザナギノミコト、イザナミノミコト)によって最初に生み出された島、それが淡路島だと言われています。
島の形が船に似ていることから淡路島を七福神が乗る宝船に見立て、七福神を祀る島内のお寺を参拝して巡り、様々な福を授かろうという訳です。

今回訪れた八浄寺は、そんな淡路島七福神霊場の総本山であると共に、身・心の裕福を授ける大黒天が祀られています。
では、参門をくぐって中に入ってみましょう。

IMG_6203.JPG

早速七福神が出迎えてくださいました(笑)。

IMG_6201.JPG

七福神って神様でありながらどこかカジュアルで、難しそうなところがなくて、すごく日本的な神様なのではないでしょうか。

私が訪れたのは実は特別な日でして(後程紹介します)、お雑煮のふるまいがありました。
すぐ目の前でたくさんのお餅が焼かれていて、

IMG_6200.JPG

焼き立てのお餅をアツアツのお出汁と共に頂きます。
なんて贅沢なんでしょう!!

IMG_6273.JPG

エビや鰹節も入っていて、とても優しい味がするお雑煮を頂きながら、「淡路島って豊かな島だなあ」と改めて感じる私なのでした。

さて、境内に目を向けるとひときわ目を引くのが、この鮮やかな朱塗りの塔です。

IMG_6199.JPG

日本で唯一の瑜祗七福宝塔(ゆぎしちふくほうとう:真言密教最高の宝塔なのだそうです)で、中にはスリランカから来たお釈迦様の足形など、多くの宝が安置されています。普段は扉が閉まっているようですが、ちょうど私が訪れた時、中でお坊さんがお祈りされていました。

IMG_6198.JPG

又、本堂へ行く前に立ち寄りたいのが、この手水舎。

IMG_6251.JPG

七福神が横に並び、両手を広げて待ってくれています。
現代の技術も使われているらしく、近づくと自動的に水が流れ出てくるので(笑)、身を清めましょう。
さて、いよいよ本堂です。

IMG_6244.JPG

中に入ると正面には、本尊の阿弥陀如来(仏様)が祀られていました。
そして、その向かって左側に七福神の一つに数えられる大黒天(神様)がおられます。

仏様も神様も同じようにお祀りしようじゃないか、という日本人のおおらかさが私は大好きです。
しかも、大黒天は元々はインドの神様。それが仏教として日本に伝わり、出雲大社に祀られている日本古来の神様オオクニヌシ(大国主)と同化し、日本に根付いていったとか。
確かに「大国」は「ダイコク」とも読めますが…、きっと敬虔なキリスト教徒やイスラム教徒が聞いたら「そんないい加減でいいの?」って驚くと思います(笑)。

こちらが、その大黒天。

IMG_6210.JPG

まさに七福神といった笑顔の神様で、住職の方が楽しい話をいくつも聞かせて下さいました。
片手に持っている「ふくろ」は「福労」とも呼ばれ、中には神の教えが入っているのだそうです。それは、

・月給ふくろ(自身の役割/仕事に励みなさい)
・知恵ぶくろ(知識を生かす知恵を身に付けなさい)
・堪忍ぶくろ(忍耐力を持ちなさい)
・胃ぶくろ(食べ物に気を付けなさい)
・おふくろ(産んでくれた母親を大事にしなさい)

の5つ。そうすれば、身・心ともに裕福な人生があふれ出てくるということですね。
この住職さん、とても話し上手な方で、最後にもろもろお寺の営業トークをしているうちに「テレビショッピングみたいになってきちゃった」と笑っておられました。

実はこの大黒天、この寺に来ればいつでも見られる訳ではありません。
普段は秘仏として扱われており、1/26(初大黒天祈願大祭)、5/26(春季祈願大祭)、11/26(秋季祈願大祭)の年に3回だけ、特別にご開扉されます。
又、八浄寺はあわじ花へんろ第47番札所にもなっていて、4月から5月にかけて境内にデイゴの花やメグスリノキの白い花が咲き誇るそうで、春の訪問もオススメです。

今回の八浄寺訪問で、私自身、淡路島七福神めぐりに興味が湧いて参りました。暖かくなってきたら、皆様も出かけてみてはいかがでしょうか?

(T)


自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら

posted by awajigurashi at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の歴史、文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

リタイヤ直前ご夫妻と淡路島での゛第二の人生゛設計を考える!!

寒さもやっと緩み春が近づいてきました。
卒業&就職シーズンの到来です。
シニア世代にはリタイヤの時期でもありますね。

さて、好評の1泊2日特別面談「リサーチ!あわじ暮らし」も今年度最終組です。
今回は、長野県在住で今春退職を迎えるご夫妻を密着アテンドしました。

ご主人は大阪市出身、奥様は明石市出身。
お仕事の関係で長野県で暮らすも、リタイヤ後は出身地に近い温暖な地域で・・・ということで淡路島が候補地に!
現在2匹のワンちゃんを室内で飼っており、広い庭で思いっきり走らせてあげたい〜というのがご希望。

特別面談当日は朝4時に長野の自宅を出て、1歳の愛犬と長距離ドライブ。
まず、先輩移住者でもある津名動物病院さんを訪れ愛犬と一緒に体験談をお聞きしました。

s-ツアー3.jpg

s-ツアー2.jpg

この病院は700坪もの敷地面積があります。
元は養豚場だったとのことで、地主さんからの紹介でここに決ったそうです。

*オーナー孕石(はらみいし)さんの場合*
最初は海の見える場所でと思っていたが、西海岸は風が強くて寒いと聞き東海岸を探すもなかなか見つからず・・・。
不動産屋にも動物をあつかうという事で難色を示された。
3ヶ所目で山間のこの場所に決定した。
多少の近所付き合いはしたかったので、別荘地や移住者ばかりの分譲地よりも地域の中にある場所を選んだ。

オーナー夫人はブリーダーということもあり専門的な犬談義で大いに盛り上がり、長旅の緊張が一気に吹き飛び嬉しそうなお二人と一匹。
孕石さんは田舎で犬と暮らす上での留意点を細かく優しくお話してくださり、大いに参考になったご様子。
すっかり仲良くなり、安心して愛犬を預けて次のミッションへ。

ご自身たちで事前にインターネットで検索し、業者さんに予約をしていた物件の内覧です。

s-ツアー11.jpg

東海岸(大阪湾側)にある中古住宅物件。
十分過ぎる庭の広さです。
2階の窓からは海が見えます!

s-ツアー10.jpg

お家の中もじっくりと見て、担当者にも熱心に質問をするが、かなり(高額)リフォームが必要だとか・・・。
周辺の様子も見てみたいと寒空の下、散策もされました。

その後、別な不動産屋さんで物件探しのコツを生々しく伺う(笑)

夕食は、物件探しやリフォーム、ご近所付き合いに詳しい先輩移住者との交流会です。

s-IMGP1191a.jpg

約1年間精力的に物件を下見して歩き3年前に移住した井上さん&木村さんのペアです。

s-IMGP1190a.jpg

寄せ鍋を囲んで、和気藹々な中にも真剣にアドバイスをお聞きしました。
特に先ほど見た物件がリフォームが必要だったため、その辺が重点になり、
「では、明日お時間があるのなら、私の家へ来ませんか?」
と井上さんから嬉しいお誘いが出たのです。
先輩移住者が同じ悩みを持つ移住希望者へ、まるで友達のように手を差し伸べてくださるのは、まさしく゛おもてなし゛の心そのもので本当に有難いことです。


翌日も事前予約していた物件下見に朝から同伴しました。
今度は、西海岸(瀬戸内海側)にある土地物件。

s-ツアー9.jpg

いわゆる開発された別荘地の一角です。
家を建てても庭用に十分の広さが残りますね。
気になるのはご近所付き合いや自治会のことのようです・・・。
ちょうど近くに親しくしている移住者さんが住んでいることを思い出し、アポなしでチャイムを鳴らしてみました。

幸運にも在宅で、突然な訪問にもかかわらず笑顔で対応してくださいました!

s-ツアー8.jpg

偶然にも息子さんが同じ大学の同じ学部だとか・・・一気に親近感が〜〜
移住して9年目になる余川さんのお話は誰よりも説得力あり、西海岸に住むことや近所付き合いの不安も薄らいだようです。
「毎朝散歩し夫婦ともに元気で医者要らずなの、これからも楽しく暮らしていけそうよ」
わずかな時間で意気投合し、思わぬ物件情報まで飛び出しました!!
〜ご近所さんで室内で犬を飼うように設計したお家が、新築同然で売りに出ているみたいよ〜

早速見に行きました!

s-ツアー7.jpg

この物件、既にネットで検索していたもののピンと来るものがなく下見から外していたらしいのです。
それが生の情報で急浮上・・・地元の人と話をするのが大事ってこのことなんですね!!

昨日から色々な人にアドバイスを受け少し落ち込んでいたご夫妻も、実際に住んでいる素敵な先輩移住者さんと出会うことで何だか吹っ切れたように見えました。
やっぱりキーワードは゛ひと゛なのです!!

その後、少し内陸部になる古民家物件を内覧。
これまた広すぎる庭が付いています。

s-ツアー6.jpg

そしてまたこの物件もかなりのリフォームが必要なようですね。
業者さんと詳しく話をお聞きしている時間で、私たちとのプログラムは終了。
今後も連絡を取り合うこととし一先ずお別れしました。

現在1歳の愛犬が亡くなるまでは、目いっぱい犬と楽しむ暮らしを優先したいというご夫妻。
庭の手入れをどうするのか・・・なんて私は要らぬ心配をしてしまいますが。。
始まったばかりの第二の人生設計図。
あわじ暮らしの実現に向けて、先輩移住者さんたちの力もお借りしながら精一杯フォローしていきますよ。
             (yoko)

【リサーチ!あわじ暮らし】
1泊2日で一組だけに対応するオーダーメイドの相談会。
事前にヒアリングをして内容を決めます。
会いたい先輩移住者、行きたい場所など可能な限り調整させて頂きます。
気になる方、詳しく聞きたい方はお電話ください。
専用ダイヤル:090−1247−1589
これまでの対応履歴は下記を参考にご覧ください。(2組とも既に移住成立済み)
子育て世代タイプは こちら
就農希望タイプは こちら


自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら






posted by awajigurashi at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

淡路島子育て支援制度について(淡路市)

こんにちはKeiです。
毎日寒い日が続きますね
体調崩さないようにお気をつけ下さい

さて、今回も淡路島3市の子育て支援制度・移住促進についてご紹介させて頂きます
今月は前々回の洲本市前回の南あわじ市に引き続き淡路市をご紹介させて頂きます。
ご紹介の内容は下記の通りです

@子育て支援の基本的な方針や取り組みについて
A子育て支援についての情報発信
B子育ての交流の場について
C移住制度で力を入れている点、又はお得な情報

@子育て支援の基本的な方針や取り組みについて

「淡路市子ども・子育て支援事業計画」にて関係事業の方策や実施予定年度が記載されています📖
わかりやすいものとしては、淡路市ライフプランガイドブック「おむすび」の最終ページに一覧があるので参考になりますよ💡(年度で事業内容が変わる場合があります。)

また、淡路市役所が中心となり、保育施設、学習センターを更に多くの方が活用出来るよう、施設整備の働きかけもされているそうです。
淡路市のキャッチフレーズは「いつかきっと帰りたくなる街づくり」
島を出て行った人が帰って来たり、島を訪れる人が住みたくなるような街づくり、婚活や、子育て支援やその他様々な施策が繋がって、今後はより子育てしやすい町を実現させたいと考えているそうです


A子育て支援ついての情報発信

(冊子)
IMG_8249.JPG

淡路市ライフプランガイドブックおむすびです
主に淡路の結婚・子育て・今とこれからについて。
淡路市長 門 康彦さんと育児情報『miku』編集長 高祖 常子さんが淡路市の子育て、今、未来について対談されています🎤
IMG_8251.JPG

その他には移住者のインタビュー、淡路市にある産院『聖隷淡路病院(せいれいあわじびょういん)』の紹介があり、個室部屋は海が見れるので人気のようです

IMG_8254.JPG

保育施設の紹介ではウェスティンホテル内にあるキッズクラブがあるそうですよ
「保育(月極・一日保育・一時保育)」と、「のびのびキッズ」というレッスンプログラムもあるそうです。
ファミリーサポート(母親が体調崩した時、疲れた時に自宅で子どもを1対1で保育してくれるサービス)
の事業も取り組まれています。働くパパやママにとって、とても心強いサポートですね

IMG_8255.JPG

淡路島暮らしでの遊びと学びも充実されていて、冊子内にあるMAPでも分かりやすく紹介されています🎨
また淡路ならではの食材で作る食育レシピも紹介されています
写真付きカラーなのでとっても、見やすく、分かりやすい内容で、特に遊び場で紹介されている「冒険の森」は私の娘も連れて行きたいです
詳しいお問い合わせは→淡路市御結びサポート事務局(0799-70-1472)

淡路市はWEBサイトやSNS等による子育ての情報発信をもっと充実させる必要があると課題を認識されているようで、今後の取り組みを期待したいですね。

B子育ての交流の場について

淡路市子育て学習センターが淡路市内に5ヶ所設置されています🏢
子育て中の親と子ども、子育てを支援する人たちが集まり、一緒に安心して楽しく過ごすことが出来る施設です。子育て中の仲間と遊んだり、お喋りしたり、気軽に子育て相談が出来ます。
私も洲本市在住の為、洲本市の子育て支援センターに登録し参加させて頂いています。
身近にこのような施設があると嬉しいですね
※センターに参加の希望の方は事前に登録が必要です。
淡路市在住・祖父母が淡路市在住の方のみ限定)登録ご希望の方が申し込み用紙にて申請。
開設時間は全箇所共通です。9:00~14:30(開設日は各センター異なります)
・津名子育て学習センター(水・木・金)
・岩屋子育て学習センター(火・木・金)
・北淡子育て学習センター(火・木・金)
・一宮子育て学習センター(月・火・木)
・東浦子育て学習センター(火・木・金)
※平成29年度は更に利用できる日を増やす予定です。
詳しいお問い合わせは→淡路市健康福祉部子育て応援課
16593764_1220534584710248_812577924_o.jpg

C移住制度で力を入れている点、又はお得な情報

赤ちゃん未来の宝物事業補助
現在、第2子以降の出産費用の軽減のため、自己負担分を補助しています。
また、29年度4月からは、この事業に代わり、更に支援を拡大する第2子以降の出産お祝い金とすることを検討中とのことです。
詳しいお問い合わせは→淡路市健康福祉部子育て応援課

保育料無料化事業
第2子以降の子どものうち3歳以上の保育料を無料。(給食費相当分は徴収)

認定こども園運営事業
保護者の就業の有無など保育の必要性に関わらず、子どもを預けることができます。
認定こども園は、保育・教育を一体的に行うことが特徴です。
地域の子育て支援として、一時預かりや時間外保育、子育ての不安等の解消や親子が集う場所の提供を行います。
淡路市は認定こども園の整備を進めており、平成29年4月には更に増えて、市立2箇所・私立2カ所、計4か所の認定こども園が運営される予定です。

詳しいお問い合わせは→淡路市健康福祉部子育て応援課

16586743_1220534624710244_133159298_o.jpg

この度、淡路市健康福祉部子育て応援課の職員の方に心良く取材に応じて頂き、貴重なお話を聞かせて頂きました。有難うございました。



これまで淡路島3市の子育て支援制度・移住促進についての取材を行い、今回私自身とっても勉強になりました
各市それぞれに特徴があり、淡路島全体が子育て支援制度についてますます充実してもらえたらいいなと思います
今後移住される方にとって、各市の施策が皆さん自身の子育てにマッチするかを判断するのにお役に立てたら幸いです


自然豊かな淡路島で暮らそう
田舎暮らしに少しでも興味のある方、気軽にご相談ください
「あわじ暮らし総合相談窓口」HPは こちら




posted by awajigurashi at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 淡路の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする